新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寒くなった。ペレも殆ど動かない。土の寝床に入れ、来年の四月までサヨナラだ。

2012-11-30 10:25:28 | 日記
    

    ○山茶花の散る日々来たり十二月

    ●座布団のごとき柿剥き難しや

    ○柿捥げば近所の人の集まりぬ

    ●冬来る一茶の墨書子ら集う

    ○木枯やサイレンの音来て止まる

    ●連翹の葉も連れて来し帰り花

    ○ふくら雀止まる間隔計りたり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は桜の紅葉が素晴らしい。川の堤が明るく感じるほど葉が赤い。こんな中一時間ほど散歩した。

2012-11-23 09:56:11 | 日記
 

○畑にも山谷ありて根深立つ

  ●石蕗の花碧空に入り咲にけり  

  ○茶の花のお土産持ちて蜂去りぬ

  ●日展の裸婦像乱舞見に行きぬ

  ○銀杏散るモーツアルトの五重奏

  ●枯菊を焚けば幽かに秋の香来

  ○葉を抜け出花咲き満る柊かな 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日展に行った。分かりやすい日本画に癒された。また裸婦の彫刻の展示の数に圧倒された。

2012-11-16 10:19:46 | 日記
     

   ○暮早し犬連れる人忙しや

   ●冬うらら猛暑に耐えし菊薫る

   ○蜜分けよ小菊に止まる蜂たちよ

   ●肉まんを割れば湯気立ち香り出づ

   ○枇杷の花咲くを知らせに香の降りぬ

   ●水静か枯蓮影を引き連れぬ

   ○帰り来し連翹眩し昼の酒
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先日「第二回潤の会」(鎌倉佐弓先生代表)が有った。全95句の句会。4時間はあっという間に過ぎた!

2012-11-09 09:56:25 | 日記
  
☆鎌倉先生入選句

     ●暮早し蝶よ日のあるうち帰れ

     ●冬障子琴弾く妻は小さやか

    ☆添削句

     ●都市ガス来ストーブそろり点けにけり

     ●朴落葉枯葉の上に落ちにけり

    ★一日一句

     ○遮断機や渡る木枯し止められず

     ●肉まんの紙を剥がせば湯気出づる

     ○鶺鴒の見る風景は揺れるはず

     ●破れ尽き襤褸無残や枯芭蕉

     ○亀の目のごとく澄みをる龍の玉

     ●花柊日の当たるやう枝選び
    
     ○秋日差し亀の甲羅を走り過ぐ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この夏の猛暑で雪柳が枯れた。毎年楽しませてくれたのに残念!

2012-11-02 09:44:50 | 日記


●林檎の柄実を育て上げ店に立つ

  ○コンバイン来れば騒立つ稲雀

  ●菊の花重らなぬやう蕾けり

  ○秋の宵気合い飛び出す剣道場

  ●しやつきりの音も美味しく冬林檎

  ○見るかげもなく垂れ下がる枯芭蕉

  ●捲れたり反り返りをる朴落葉

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加