新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

今年はNHK「俳句王国」、朝日俳壇、埼玉文化に入選した。少し出来すぎだったような気がする。

2011-12-31 10:39:55 | 日記

   
    ●山茶花やふわり塵取り飛び出しぬ

    ○冬の雲流されながら消えにけり

    ●ごきぶりの飛び出して来し大掃除

    ○証明の写真撮つてるブーツかな

    ●ファーブルのごと冬の蜂見詰めをり

    ○結露拭き隣家の女と目の会ゐぬ

    ●黒猫のマークも走る師走かな
コメント

冬至も過ぎた。これからは目に見えて日が明るくなる。寒さは続くが光の春がやってくる。

2011-12-23 10:37:31 | 日記


   ●健やかに生きむ三年日記買う

   ○あるなしの尾ふり仔犬は枯葉ける

   ●連翹の帰り花見む昼の酒
  
   ○水槽の外を見てゐるめだかの目

   ●大根の葉は大根を育てをり

   ○冬立つ日亀眠れよと土作る

   ●冬月食裏側の月如何ならむ
コメント

12月15日は結婚40周年。お互いに病気もせず遠くに来たもんだ。無病息災こそ宝と思う。

2011-12-16 10:13:29 | 日記


   ●ひんがしに白き月置く枯野かな

   ○みぎひだり揺れて落ちくる枯葉かな

   ●枯野くる犬の自由はリードまで

   ○枯葎風のつまびく枝の音

   ●冬のジム男の血圧覗きけり

   ○結婚日気づかぬように気づかいぬ

   ●冬温し子の寄り添うや母の腿
コメント (1)

12月15日は結婚40周年。お互いに病気もせず遠くに来たもんだ。無病息災こそ宝と思う。

2011-12-16 10:13:29 | 日記


   ●東に白き月置く枯野かな

   ○右左揺れて落ちたり枯葉かな

   ●欠礼の便りの覘くポストかな

   ○枯葎風の爪弾く枝の音

   ●湯豆腐や葱の溶けこむ白さかな

   ○今年また帰り花の咲きにけり

   ●コンビニのおでんの文字の揺れにけり
コメント

これまでの拙句を見直してみた。みな直截で、平面的だ。ここにきて深みのある句になってきた。

2011-12-09 13:59:46 | 日記


    ●髭剃りて冬の来たるを知りにけり

    ○冬の蝿昆虫の身を晒したり

    ●寒すずめ日を取り籠めて膨らみぬ

    ○冬うらら帽子飛び出す園のバス

    ●遠ち近ちに蒲団叩きの音の立つ

    ○冬温し女も獣うぶげ剃る

    ●湯豆腐や宴終わりて窓晴れる



    ☆反省して一句 着重ねて腹のふくらみ隠しけり
コメント