新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

四月最後の更新になる。今月は真冬日があったり、夏日があったりと体調管理が大変だった。

2010-04-24 09:42:53 | 日記

    ●間道にたんぽぽ咲くや避けて踏む

    ○車前草や踏めば足裏押し返す

    ●初燕一羽来たりて空広し

    ○天道虫乾坤一擲飛び立ちぬ

    ●ビールかなぐいとプル引く春の宵

    ○犬ふぐり血の流れなばA型や

    ●木の芽時女性ドクター薬なり
コメント

四月の後半に雪が降る。昨日灯油を買っておいてよかった。季語はもう直ぐ夏だというのに! 

2010-04-17 09:34:20 | 日記

      ●すみれすみれ料るなんてできません

      ○風光る行つてきまあす子等の声

      ●茎立ちや犬のおしつこ受け止める

      ○てふてふや唇激しく蜜吸いぬ

      ●根の国の赤根は甘しほうれん草

      ○芝桜一輪づつに模様有り

      ●四月一日目覚めし亀鳴いてをり      
コメント

花冷えが続く。冬眠から覚めた亀がうろたえている。十五度を越えないと動けないのだ。早まったなあ。

2010-04-10 09:45:47 | 日記
     
    ●すずめすずめ囀りすぎぞ顎外る

    ○これがあの赤き実のつく花青木

    ●花冷えや亀早すぎたと鳴きてをり

    ○椿落つ石の畳に割れてをり

    ●蕾から三輪の桜開きたる

    ○春昼やインストラクター腿眩し

    ●確と枝摑み蜜吸うめじろかな
コメント

桜が満開だ。強風が吹いて花は痛めつけられたが花弁は踏ん張った。桜並木の堤が明るい。

2010-04-03 09:59:34 | 日記
  
  ●走り根や春土かすかに皹はしる

  ○連翹やエルドラドの地ここに有り

  ●春疾風すずめ大樹に飛び込みぬ

  ○間道はたんぽぽ満開行き止まり

  ●一樹なる椿の花のせめぎあい

  ○首ねじり車窓過ぎ行く桜見る

  ●四月馬鹿展覧会の抽象画
コメント