新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

今年も半分が終わる。やたら月日が早く過ぎる。遣り残しのない人生を歩みたいものだ。

2012-06-29 10:24:27 | 日記
 

   ●夜の蜘蛛殺め一人になりにけり

   ○棟上げの柱の香り梅雨晴れ間

   ●一斉に睨む目高の目玉かな

   ○繚乱も静かなりけり姫女苑

   ●銭亀や己も知らぬ腹の紋

   ○松摘みし枝より脂の染み出づる

   ●柔肌の茄子隠し持つ蔕の棘
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激しい雨音で目が覚めた。最近の天気は極端すぎる。これも温暖化の影響か?

2012-06-22 10:15:46 | 日記


      ●花南天雨の重さはただならず

      ○父の日に娘来たりて長湯かな

      ●花咲かす竹林看取る梅雨入り前

      ○入歯でも我が肉体や韮を噛む

      ●梅雨寒や句友に先に逝かれたり

      ○腹紋様人には見せぬ夏の亀

      ●ばりばりと葉食べる気配夜盗虫

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金柑の柚子坊を鳥に食べられぬよう、五匹保護した。後一週間ぐらいで蝶になる。

2012-06-15 10:15:43 | 日記



   ●十薬の臭い塀越へ来たりけり

   ○梅雨寒や亀の鼻から泡出づ

   ●生きてきて楽しき頃のビヤガーデン

   ○植田へと水嬉嬉として流れ込む

   ●永らえて花咲く竹を看取りたる

   ○妻の日に野蒜で作る酢味噌和え

   ●大地震来たよう揺れる芥子の花
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨年の山鳩がまた巣を作りに来た。枝を降ろしたのでお気に召さない様子。もっと安全なところに行きな。

2012-06-08 09:51:42 | 日記
   

     ○梅雨の闇猫の眼光射するなり

     ●痛み来し茄子に棘のあるを知る

     ○てんとむし乾坤一擲飛び立ちぬ

     ●未央柳金糸の包む雌蕊かな

     ○証明写真足元に見ゆ日傘かな

     ●卯の花の支離滅裂に散りにけり

     ○山桜桃フォンテヌブロの姉妹かな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞埼玉文化(5月30日)に“特売の日の玉葱の積まれよう”が入選した。(落合水尾・選)

2012-06-01 10:06:51 | 日記


   ●薔薇花の破顔溢れるカーニバル

   ○亀の子の一生の亀甲模様かな

   ●さくらんぼ食べるに優し茎の丈

   ○事件なり揚羽パセリに止まりけり

   ●翡翠の殺生人は美しと

   ○朱鷺巣立つ一羽二羽また三羽かな

   ●囀りの中に拙き者もをり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加