新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

雀が生まれたらしい。親が餌を持って来ると子雀がうるさいほどに鳴きだす。この炎暑の中大変だなあ。

2012-07-27 09:58:50 | 日記
   


   ●フェルメール真珠少女の涼しき目

   ○銀やんま背すべて見せて止まりをり

   ●見つめれば緑模様の西瓜かな

   ○小鳥来よ食べてみなよと柘榴割れ

   ●生きるため蜻蜒は空を飛びにけり

   ○凌霄の高見が欲しく棕櫚登る

   ●法師蝉翅の隠せぬ裸体かな
コメント

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」を見た。30分も並んだが、それだけの価値のある絵だった。

2012-07-20 10:12:12 | 日記
  

     ●風鈴や止まらぬやうに鳴りてをり

     ○メール来よ急ぐ恋なり日日草

     ●朝顔や孫と約束咲にけり

     ○夕刊の出水写真の動きをり

     ●半咲きも純白眩し玉簾

     ○光る葉に蟻滑りをる日日草

     ●フェルメール真珠少女の目の涼し
コメント

68歳になった。俳句、ジム、酒と勝手気儘。でも、俳句作りはやってきて良かったと心底思う。

2012-07-13 09:44:44 | 日記
   

     ●炎昼や人は踏切り開くを待つ

     ○おなもみを連れて帰りし子犬かな

     ●さりげなく衣被添う誕生日

     ○梅雨明けて亀の親子は甲羅干し

     ●並びたる西瓜の縞の踊りかな

     ○銀やんま止まる姿のしどけなさ

     ●撫子は翁の顔の花になる
コメント

柚子坊が羽化した。何と烏揚羽だった。真黒い羽根に虹色に光る模様。命の誕生は神秘だ!

2012-07-06 10:17:14 | 日記
  

   ●紋光り烏揚羽の誕生す

   ○紫陽花やスイチバックの車窓かな

   ●蟻の列見つめ幼子動かざる

   ○並びたるメロン見詰めば眩暈来る

   ●芋の露零れぬやうに踏ん張りぬ

   ○アクアビクス老いし男女の水跳ねる

   ●夏の亀ゴムボートのごと泳ぎけり

   
コメント