新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

“小春日や象の頭の産毛揺れ”の句が新聞に掲載された。今年も楽しい句を詠みたい。

2016-01-29 21:45:33 | 日記


  ●雪掻きの妻の長靴赤勝負

  ○雪女忍び込みたり睡魔来る

  ●雪晴の一夜の町は眩しかる

  ○日脚伸ぶ一本多く泳ぎたり

  ●予報士の白きセーター寒波来る

  ○電柱の無き初空や小江戸かな

  ●シクラメン父にとってはデイサービス
コメント

寒い。寝てても寒い。ジムのプールを出れば寒い。でも、心は温い。

2016-01-22 22:01:01 | 日記


  ●きっちりと年改める電波時計

  ○フリッカーする部屋灯(あかり)冬至の日

  ●大寒やデータ失い打ち直す

  ○羽ばたいて飛立つとき来シクラメン

  ●パンジーは雨の降りても笑顔する

  ○シクラメン咲くは嬉しと歌いけり

  ●香る日を陽と話し合う沈丁花
コメント

ここ三日、冷下の朝だ。急に寒くなって体にこたえる。元気は元気だが。

2016-01-15 17:08:34 | 日記


  ●枯れ欅散らし忘れの鴉の巣

  ○着膨れの服の中心我が痩身

  ●菜園に妻の脛似の大根引く

  ○転生の叶いし亀は冬眠中

  ●日を受けて香り醸造沈丁花

  ○人参を引きて選ぶは悲しかり

  ●大きなる大根引きぞ家族来よ
コメント

桜草が花を咲かせている。「桜草蜜吸う予約受付中」(今日の朝日新聞埼玉俳壇)

2016-01-08 22:19:56 | 日記


   ●冬草の光を追いて爪立ちぬ

   ○飼亀の冬眠中に水槽買う

   ●寒犬の身動きもせずコンビニ口

   ○トリミングされて服着て冬の犬

   ●テーブルで妻と向き合い賀状書く

   ○ベランダの妻の満面初日差す

   ●元日やペットシヨップは休めども

コメント

六回目の年男。体をケアしながら、前向きに生きていきたいものだ。

2016-01-01 10:34:10 | 日記
  

   ●冬うららなれど疲れぬ春画展


   ○園庭を走り回るや林檎の柄


   ●鯛焼きの同じ向き向き売られたり


   ○金の生る木に控えめの花咲きぬ


   ●冬の蜂飛ばねば単に標本ぞ


   ○熱燗を一人ごつ言い酌みにけり


   ●きっちりと年改める電波時計

コメント