畑・畑・畑

         ・2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボカシ肥を仕込みました

2012年04月13日 | <ボカシ肥づくり>

<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥を仕込みました。 ボカシ肥は,大量にあったのですが植えつけ準備を次々にして少なくなってきました。
の咲く頃が作るのにいいと言われており,よく発酵してくれるでしょう。
作り方は,これまでと同じなので記しませんが,資材は米糠3,鶏糞1,油粕1,籾殻燻炭1,ボカシ肥を少々です。
温度計が必要なのですが,割れてしまったので,よく観察して切り返しをするつもりです。
参考にされる場合は,カテゴリーの「ボカシ肥づくり」をクリックして,これまでの記事をご覧ください。

材料をよく空練りしてから水を加えて混ぜる、堆肥場に置いておく
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (3)

EMボカシが完成しました

2011年09月03日 | <ボカシ肥づくり>

<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

EMボカシが完成したので使い始めています。 嫌気性のボカシ肥で、4月20日に仕込んだものです
紹介が遅れましたが、9月1日に蓋を開けたもので、大根の植えつけ準備に早速使いました
仕込んでから5ヶ月弱ですが、よく発酵しており、容器に少しずつ移してキャベツ、茎ブロッコリーなどの準備に使うつもりです。

堆肥場に置いていた、少しずつ容器に移して使う、早速大根の準備に使う
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント

追肥のボカシ肥を作り始めました

2011年07月04日 | <ボカシ肥づくり>

(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ボカシ肥を久しぶりに仕込みました。 ナスや里いもなどに追肥するためのもので、2、3回は続けて作るつもりです。
作っている所は、堆肥場で、堆肥が入っていない方でやっています。 奥の大きい缶は、4月20日にEMボカシを仕込んだものです。
作り方は、これまでと同じく、米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1をよく混ぜてから、水を加えてかき混ぜたものです。
詳しくは、カテゴリーの「ボカシ肥づくり」をクリックして、これまでの記事を参考にしてください。

材料をよく空練りしてから水を加えて混ぜる、ハエが来るので網かけを
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (4)

EMボカシ肥を仕込みました

2011年04月20日 | <ボカシ肥づくり>

<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

EMボカシ肥を仕込みました。 4月5日にEMボカシ肥を取り出したことを紹介しましたが、缶が空いたので、次を新たに仕込んだものです。
昨日は、曇りで雨も少し降るなど安定しない一日だったので、堆肥場の空いている所で作業をおこないました。
仕込みは、年2回おこなって、春の植えつけ準備と秋の植えつけ準備に使うようにしています。
今回仕込んだものは、9月末に取り出して使うことになり、追肥などで不足する分は、4月8日に紹介したような好気性のボカシ肥を作っています。
資材は、これまでと同じで、米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1、ボカシ肥を少々、それに5日前に作って活性化させておいたEM菌・糖蜜の液で、この量を5回繰り返して詰め込みました。

堆肥場の空いている所で作業を、資材を入れて空練りする
    
EM菌の活性液を入れて混ぜる、缶に詰めるを5回繰り返す
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント

ボカシ肥が完成しました。

2011年04月08日 | <ボカシ肥づくり>

<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥が完成しました。 3月23日に仕込んだもので3月30日にも発酵したことを紹介したものです。
好気性のボカシ肥は、桜の咲く頃に作るのがいいと言われており、さらさらした小粒のいい出来上がりになりました。
乾燥もよくしているので、保存する容器に入れて、次の仕込みをすぐにしておきました。
4月5日には、EMボカシも完成しており、植えつけ準備に、追肥にと、安心して使えます。

小粒のさらさらしたボカシ肥ができる、保存する容器に、次をすぐ仕込む
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (7)

EMボカシが完成しました

2011年04月05日 | <ボカシ肥づくり>

EMボカシを出し始めました。 10月14日に仕込んだ嫌気性のボカシ肥です。
仕込んでから6ヶ月弱も経過したので、なかなかの出来のようで、これからの植えつけ準備に使うつもりです。
に入れて保存して、次の仕込みをなるべく早くしたいと考えています。 

紙袋に入れ始める、出来上がりはなかなか良いようです
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント

ボカシ肥が発酵しました

2011年03月30日 | <ボカシ肥づくり>

<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥が発酵したので切り返しをしました。 3月23日に仕込んだもので、50℃まで発熱していました。
は寒かったのですが、日中は暖かくなり発酵が進んでいるようです。2、3日くらいしたらまた切り返しをします。
ボカシ肥をつくり始めた頃は、発酵熱が不思議でおもしろくて感心したものですが、最近は当然のようになってしまいました。

切り返しをしながら細かく崩していく、鶏糞にハエが来るので網を掛ける
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (7)

今年最初のボカシ肥づくり

2011年03月23日 | <ボカシ肥づくり>


ボカシ肥
を仕込みました。 3月末から4月にかけて、植えつけ準備などに使うもので、今年最初になります。
昨日は、午前中は雨で、午後からもすっきりしない天気でしたが、ボカシ肥づくりは桜の咲く頃の気候が良いと昔からいわれており、作るのに良い時期になってきました。
無農薬・有機栽培にこだわっているので、ボカシ肥づくりは、堆肥づくりと共に大切な作業で、何度もおこなっています。
今回のボカシ肥づくりは好気性の作り方で、昨年10月4日に仕込んだように、嫌気性のボカシ肥も作っています。
作り方の記事は、これまで何度も投稿してきたので、詳しく記しませんが、参考にされたいときは、2010年2月11日に詳しく記述してありますので、ご覧ください。

空練りした後、水を加えてよく練る、空いている堆肥場に置く、米糠もたくさん
    
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (4)

EMボカシ肥を仕込む

2010年10月04日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

EMボカシ肥を仕込みました。 春と秋の年2回仕込むことにしています。
9月6日に完成して取り出したことを紹介しましたが、缶が空いたので新たに仕込みをおこなったものです。
来年3月からの植えつけ準備に使うもので、100㍑缶いっぱいに仕込み、約6ヶ月密閉したままにしておきました。
ボカシ肥は、密閉して作る嫌気性のボカシ肥、密閉しないで作る好気性のボカシ肥を作っていますが、今回のものは嫌気性のボカシ肥です。
材料は、米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1、前に作ったボカシを少々、それにEM菌・糖蜜の活性液で、写真の量を5回繰り返して入れました。
活性液は、4日前に作り、暖かいところで活性化させておきました。

材料を混ぜた後EM液を、にぎると固まりつつくと崩れるくらいに
 

5回繰り返して作り、100㍑缶に一杯になるまで詰める
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)
コメント (7)

EMボカシ肥が完成

2010年09月06日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥が完成し取り出しました。 嫌気性のEMボカシ肥で、4月12日に仕込んでいたものです。
5ヶ月の経過ですが、よく発酵しておりいい出来のようで、紙袋(大豆の袋)に入れて保存しておきます。
白菜、エンドウ、イチゴなどの植えつけ準備に使う予定にしており、容器が空くので次のEMボカシを早めに仕込みたいと考えています。

このままの状態で5ヶ月経過する、あけてみるとよく発酵していた
 

簡単に崩れるので、紙袋に入れて保存、植えつけ準備に使う
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント

ボカシ肥を作り続ける

2010年07月28日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥を作り続けています。
真夏に作るのは暑くて大変ですが、ナス、ピーマンなどの追肥として使わなくてはならず、空いている堆肥場の中に置いて作っています。
化学肥料を使わず、有機栽培にこだわっているので、堆肥と共に、私の畑にはなくてはならない肥料です。
作り方などは、右側のカテゴリーにある「ボカシ肥づくり」をクリックして過去の記事をご覧ください。
ナスの追肥の紹介も間もなくしたいと考えています。 

米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1、ボカシ肥少々をよく混ぜる
 

汲み置きの水を加え、水分が均等になるように混ぜる、 網をかけて日陰に置く
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント

EMボカシを仕込む

2010年04月12日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

EMボカシを仕込みました。少し遅くなりましたが資材がそろったので、やっと終えることができました。
4月1日に完成したボカシ肥を取りだし、缶が空いたので新たに仕込みをおこなったものです。
仕込んだEMボカシは、6ヶ月後の10月くらいに取り出して、秋の準備に使うつもりです。
ボカシ肥には、密閉して作る嫌気性のボカシ肥、密閉しないで作る好気性のボカシ肥を作っていますが、今回のものは嫌気性のボカシ肥です。
今回の資材は、米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1、くず米1、前に作ったEMボカシを少々、それにEM菌の活性液で、写真の量を5回繰り返して入れました。
EM菌・糖蜜の混合液は7日前に作り、黒ビニール袋に入れて暖かいところで活性化させておいていたものです。

資材をコンクリート用の船に入れる、近くには資材の袋を並べて作業
 

よく混ぜ合わせてからEM菌の活性液を、5回繰り返して缶を一杯に
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (6)

ボカシ肥が完成

2010年04月05日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥が完成しました。 少し時間がかかってしまいましたが、よく乾燥したので容器に入れて保存しました。
3月21日に仕込んで、 3月27日に発酵の様子を紹介したもので、もっと手をかけると早めにできたのですが、何かと忙しくて遅くなりました。
よく乾燥しており容器に入れて保存しましたが、EMボカシも完成して肥料がたくさんになり、春の植えつけ準備に心配せずに使えます。

完成したボカシ肥を保存用の容器に入れる
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (3)

EMボカシ肥が完成

2010年04月01日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

EMボカシ肥を取り出しました。トウモロコシ、スイカ等の準備に使うためです。
12月16日に仕込んだもので、3ヶ月半と少し短いですが、よく発酵しており、なかなかいい出来のようです。
紙袋(大豆の袋)に入れて保存して順次使っていきますが、容器が空いたので次のEMボカシを早めに仕込みたいと考えています。

缶のふたを開けると、よく発酵したEMボカシが
 

5つの紙袋に全てを入れて保存する、春作に使っていく
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント (4)

ボカシ肥が発酵

2010年03月27日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥が発酵しています。写真のように発酵熱で50度以上になり、切り返しをおこなっています。
が降り続き切り返しが遅くなりましたが、発酵は順調なので、2、3日したら次の発酵の様子を紹介します。
ボカシ肥を作り始めた頃は、発酵熱が不思議で微生物の活動に感心させられたものです。

固まりになっているので、切り返しながら細かくなるように
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

コメント