畑・畑・畑

しばらく休んでいましたが、新たに畑を借りて、
4月からブログを再開しました。

ボカシ肥づくり

2010年02月11日 | <ボカシ肥づくり>
<写真の拡大は、ここをクリックしてください>

ボカシ肥をつくり始めました。コメントで質問があり、そろそろと考えていたので始めたものです。
何回(2006年8月から)となく投稿してきた記事の内容とほぼ同じなのですが、分量が分かる写真もUPしましたし、作り方の手順が分かる記事にしました。
好気性ボカシ肥の作り方です。(密閉しない作り方) 密閉して作る嫌気性のボカシ肥は12月16日の「EMボカシの仕込み」をご覧ください。
材料は、決まったものはなく、安く恒常的に手に入れられるものがよく、私は米糠3、油かす1、鶏糞1、籾殻燻炭1、としています。この他に骨粉、おから、魚粉、くず米、くず大豆なども使うそうです。
材料は混ぜなくてはならないが、コンクリートを混ぜる船などを使うと混ぜやすくていいものです。
水を加えますが、水道水でもいいが一昼夜以上汲み置いてから、少しずつ加えながら混ぜて、にぎると固まり、それをつつくと崩れるくらいの湿りに調整する。
混ぜ合わせたら、軽く押して平らにして温度計をさし、ハエよけの網を掛ける。むしろなどを掛けると更によい。置き場所は堆肥場です。
コメントで質問された「発酵剤は何を使うか」ですが、ボカシ肥があると少しだけ(二握りくらい)入れるといいのですが、無ければ何も入れなくても発酵します。心配なら堆肥があれば細かくして入れてもいい。
寒い季節では、なかなか発酵が進まないので、桜の咲く頃がいいといわれており、急がないのなら、もう少し暖かくなってからがいいとおもいます。
発酵の過程の紹介と混ぜ方などは、順次投稿して説明します。私は、化学肥料は使わず有機栽培に取り組んでおり、元肥にも追肥にも使っています。
色々なブログを見て、私のブログかと見間違うようなそっくりの写真があってビックリ、材料も割合も同じとなっていますが、自分で材料や混合の割合を工夫することが大切だと思っています。

分量はバケツで計っている、 水を加える前にしっかり混ぜる
 

汲み置きの水を加えて混ぜる、鶏糞にハエが来るので網を掛ける
 
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ジャンル:
家庭菜園
コメント (5) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 大根のタネまき | トップ | ナスのタネまき »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発酵温度と施肥量 (mori)
2010-02-11 17:17:05
参考にさせて頂きボカシ肥を何回か作ってみましたが、発酵温度が気になって温度計を買って調べたら60℃を超えて‘焼けボカシ’になってしまったかと思います。今度作るときは堆肥を入れようかと思っていますが、ボカシ肥の施肥量はどれくらいが適量でしょうか?この前のNHK野菜の時間で藤田先生は、普通の肥料の約10倍くらいと言っていましたが、よろしくお願いいたします。
60℃は大丈夫 (moriさんへ)
2010-02-12 05:53:29
同じ神奈川なんですね。ボカシ肥は50℃前後で切り返しをしますが、他のブログの中には、50℃以上あげるなと記したものもありますね。45℃〜60℃くらいで切り返しをすればいいので、あまり神経質にならなくてもいいとおもいます。
冬季は発酵に時間がかかるので、湯たんぽなどの熱源を置く方もいるそうです。やっぱり桜の咲く頃がいいようです。
ボカシ肥の使い方をブログで発信している方は少ないとおもいます。ばらまくよりは固めて施肥した方がよく、元肥としての基本は、溝肥です。量は堆肥の上にうっすらとなるくらいばらまいています。
普通の肥料(?)が何か分からず、化成肥料としても、私は使っていないので比較できません。藤田先生は有機栽培でなく、化学肥料や農薬を使われているので、参考にしていませんので、あしからず。
私は、堆肥とボカシ肥だけで野菜づくりを続けていますが、ブログで紹介しているようによく出来ています。
うまく説明できませんでした。貴方のブログを見せてもらいましたが、整然としており、私と似ているので好感が持てました。お互いに頑張りましょう。
頑張ります (mori)
2010-02-12 17:38:45
色々とコメントありがとうございます。作ったボカシ肥で美味しい野菜がたくさん出来そうで良かったです。ところで師匠というか参考にしている本とかあるのでしょうか?お薦めがありましらた教えてください。私は、同じ畑の仲間には畑・畑・畑さんのブログを見てくださいと言っています。質問の連続でごめんなさい。
特にありません (moriさんへ)
2010-02-13 06:52:34
ボカシ肥を仕込みましたが、急に寒くなってしまい、今回は失敗かなと考えているところです。
参考にしている本ですが、まとめて書いた古い本を3年くらい前に読みましたが、内容が古く役に立ちませんでした。
学習したのは、色々な野菜づくり本の、ちょっとしたコメント的なもの、雑誌のちょっとした記事、ネットに載っているもの、などを時々見かけたり、読んだりしたことを参考に試行錯誤して自分なりに実践しながら考えたことです。
そんなわけで、おすすめはありません。ネットの本屋さんにありますので、ご覧になったらいいとおもいます。
ありがとうございます (mori)
2010-02-13 07:31:16
様々な情報を参考にして自分に合った栽培をしていきたいと思います。これからも情報の発信をお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む