畑・畑・畑

         ・2006年5月より、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニンニクが無事に萌芽しました。

2017年10月25日 | <その他の根菜類>


芽が出て安堵(クリックを)

ニンニクが萌芽しました。 台風や雨で確認していなかったのですが、全て芽が出ていました。 
台風の片づけの様子を記事にするのもおもしろくないので、ニンニクの紹介記事にしました。畑は湿りすぎで扱いにくいです。
10月3日に植えつけたもので、バックアップ用として畝の横に植えたものも萌芽していました。
28個の種球は無事に萌芽したので、次は全てが10㎝くらいに伸びたら1回目の追肥をするつもりです。
昨年の出来はよくなかったので、今年は世話をしっかりして立派なニンニクを収穫したいと考えています。


やっと芽を出したものも、10㎝くらいに生長したものもある。
 


畝の横に植えていたバックアップ用も芽を出す。

コメント

ニンニク28個を植えつけました。

2017年10月03日 | <その他の根菜類>


マルチ栽培を(クリックを)

ニンニクを植えつけました。 少しずつ準備していた畝でマルチ栽培をします。
種球は、昨年収穫し保存していたものの中で使える鱗片を28個を選んで使いました。
畝の準備は10日くらい前から進めており、堆肥と化成肥料さらにリン酸とカリを多めに施肥して耕耘しマルチを張りました。
マルチの穴は千鳥に28個を開け、鱗片の上下を間違わないように植えつけておきました。
バックアップ用に5個の鱗片をマルチの端に植えておいたので、腐ったりした場合は補植するつもりです。

 10日くらい前から少しずつ準備、堆肥も大量に入れ、リン酸肥とカリ肥も追加。


鱗片は保存していたものの中から使えるものを選びだして植える。


植え穴は千鳥に28個あける、植えつけ後に水やりをして終了。

コメント

ラッキョウが順調に生長、追肥しました。

2017年09月26日 | <その他の根菜類>


マルチの穴に追肥する(クリックを)

ラッキョウが生長しています。 8月14日に植えつけたもので、今年からマルチ栽培をしています。
106穴に1球ずつ種球を植えましたが、全てが芽を出して伸び始めており一安心です。
1回目の追肥は穴からパラパラとおこないました。 2回目(来春)はマルチの左右をめくっての追肥にする予定です。
雑草をすべて取ってサッパリとしておきましたが、昨年の雑草の苦労に比べるとマルチ栽培にしたので草取りも簡単にできてよかったと思っています。
バックアップ用に植えていたものも生長していますが、必要ないようです。

 20㎝~30㎝くらい伸び、とても順調に生長しています。(早朝作業で写真が暗くなる)


バックアップ用に畝の外に植えておきましたが、枯れる株もなく必要ないようだ。

コメント

ラッキョウをマルチ畝に植えつけました。

2017年08月14日 | <その他の根菜類>


マルチ畝の106穴に1球ずつ入れる

ラッキョウを植えつけました。 マルチをして植えつけたのは、昨年あまりにも雑草取りが大変だったからです
スイカが、まだあるので一部をどかして準備を少しずつ進めて、やっと植えつけることが出来ました。
種球は5月29日に収穫したラッキョウを保存していたものです。
マルチに15㎝間隔に穴あけして、1穴に1球ずつ深めに植えつけておきました。
朝食になくてはならないラッキョウで、血液をサラサラにする効果などを期待できるそうなので、豊作になるようにしっかり管理するつもりです。

1週間前にスイカの防草シートをはがして苦土石灰と堆肥をまいて耕耘する。


保存していた種球、ばらばらにして1球ずつ植え穴に入れていく


植え終わった状態、3列の106穴に1球ずつ少し深めに植える。

コメント

ラッキョウを大量に収穫しました。

2017年05月29日 | <その他の根菜類>


簡単に引き抜いて収穫する

ラッキョウを収穫しました。 昨年8月27日に植え付けたもので、今年も大豊作でした。
追肥を年に2回(10月と3月)と草取りをおこない、紹介することはあまりなかったのですが立派に成長しました。
新畑(耕作放棄地を開墾)で栽培したので草がよく生えて困ったので、次の栽培ではマルチをするつもりでいます。
健康のために毎日食べていますが、購入しようとすると中国産が多く日本産は高いので、自分で栽培することにしているもので早7年になります。


2列で栽培、スイカが伸びてくるので急いで収穫する。隣は落花生。
 


引き抜いて並べる、乾かしてから持ち帰るつもり。

コメント (2)

ラッキョウ2回目の追肥をしました。

2017年03月13日 | <その他の根菜類>


大きく生長、追肥し軽く土とまぜる

ラッキョウ2回目の追肥をしました。 昨年8月末に植えつけたもので、1回目の追肥は10月でした。
冬の間に風に飛ばされた枯れ葉などが株に引っかかり雑草も生えていたので、まず草取りゴミ取りをして株まわりをすっきりさせてから追肥をしました。
追肥は、株の間と株の左右の少し離れた所まで化成肥料をパラパラと施し軽く土とまぜるようにしておきましたが、 畑は砂漠みたいで追肥の効果が出るように雨が降るのを待ち望んでいます。
収穫は、6月上旬くら いになりますが、この場所はスイカを這わせることになっているので、少し早い収穫になるかもしれません。
毎朝、自分で栽培したラッキョウを食べていますが、畑冥利に尽きるものです。 (昨年の収穫

 
風に飛ばされた枯れ葉などが株元に溜まった状態に。


枯れ葉や草取りをして株元をすっきりさせ、株の間と周りに化成肥料をまく。

コメント

短根太ゴボウ1回目の種まきをしました

2017年02月17日 | <その他の根菜類>

 
畑は乾燥し、よく晴れて見にくくなる

ゴボウの種まきをしました。 ニンジンに続いての種まきになります
畝は、ニンジンと一緒に準備、前作はヤマノイモで深く掘ってあるのでゴボウの生長もスムーズでは考えています。
品種は、昨年までと同じ「サラダ娘」、根長40㎝くらいの短根太ゴボウで100日ほどで収穫できる超極早生です。
1回目は、12ヶ所に3粒ずつ種まきし、覆土後に籾殻燻炭を被せて不織布で被い網トンネル掛けにしておきました。
畝の残りには、1ヶ月後くらいに2回目の種まきを予定しています。


1回目は12ヶ所に3粒ずつ播種する。

 

不織布を被せてから水やりをする。
 

 

 網のトンネル掛けにする。隣はニンジン、奥は春菊。

コメント

耕耘機を使っての準備を始めました。

2017年02月07日 | <その他の根菜類>


久しぶりに耕耘機を使う

今年初の耕耘機の使用となり、春の準備が本格的に始まって、やる気も充実しています。
ナスの穴埋めが終わったので、隣で栽培するゴボウ、ニンジン、ヤマノイモなどの準備を始めました。
ヤマノイモは地中に深く伸びるので1m近く掘り下げ、木を切って開墾した畑なので根などを取り去っておきました。
ゴボウとニンジンの畝になる所も一緒に、苦土石灰をまいて何度も耕耘しておきました。

ヤマノイモの穴を掘り始める。雨が降らず砂漠のようです。
 

 

1m近くの穴を掘ってから埋め戻す。

 

耕耘機を使いゴボウ、ニンジン、ヤマノイモの所をていねいに耕す。

コメント

ショウガの収穫は豊作で喜んでいます。

2016年11月21日 | <その他の根菜類>


収穫した生姜、2列に植えていた

ショウガを収穫しました。 5月6日に知り合いにもらった種ショウガを植えつけたものです
なかなか萌芽しないので心配していましたが、夏になり何とか萌芽し始めて紹介記事も7月30日の1回だけでした
4年ぶりの栽培ですが、よく生長して引き抜くと大きなショウガをたくさん掘り出すことができ嬉しくなりました。
しばらく置いておくと、茎のつけ根のピンク色は自然になくなり、繊維もしっかりと形成され生姜の色も濃くなるのだそうです。
ショウガの保存温度は13~15℃で、乾燥にも弱く長く保存することは難しいので、いろいろと加工したりして食すつもりです。

よく萌芽して葉は茂り、黄化してしてきたので収穫に。
 

 

一株が大きく生長したものもあり感激する。
 

 

 葉を切り取って持ち帰るが、重たいもので喜んでいます。

コメント

ラッキョウが出芽、雑草に困っています。

2016年09月18日 | <その他の根菜類>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ラッキヨウが出芽しました。 8月27日に植えつけたもので、20日あまりで写真の様に生長しています。
マルチをしていないので、雑草が畝を被うように生えてラッキョウがどれなのか分からないくらいです。
耕作放棄地だった所を開墾した畑なので、他の野菜はマルチをして防いでいますが、ラッキョウもマルチ栽培を考えなくてはならないくらいです。
雨が続いていたので草取りができませんでしたが、昨日はやっと晴れたので草取り作業ができ畝がきれいになりました。
種球が5ヶ所くらい腐っていたので、バックアップ用に植えていたものを補植しておきました。
除草鎌を購入したので簡単に草取りできましたが、1ヶ月くらいもするとまた生えるとおもうので10月の追肥時に次の草取りをする予定です。

ラッキョウが分からないくらいに生えた雑草
 

 

 出芽しないところは補植しておく

コメント

ニンニク48球を植えつけました。

2016年09月16日 | <その他の根菜類>


巨大18個、普通が30個

ニンニクを植え付けました。 少しずつ準備していた畝でマルチ栽培をします。
種球は、5月に収穫したもので、巨大ニンニクは18個、普通のニンニクが30個の計48個です。
芽出し時期をそろえるために、水に1日くらい浸けてから植えつける方法を研修で教わったので試してみることにしました。
植えつけは深さがポイントとのこと、浅植えでは寒害に、深すぎると萌芽が遅れて初期生育が順調に進まないそうなので、鱗片の下部から10㎝くらいになるようにしました。
巨大ニンニクとは、普通のニンニクに比べると、香りと辛みがマイルドで、厳密にいうと西洋ネギの仲間、普通のニンニクと同様に薬味や香り付け等に使えるものです。

一昼夜水に浸けておき、その後植えつける。

 

巨大ニンニクは間隔を広く、18個を植えつける。
 

 

 普通のニンニクは15㎝くらいの間隔で30個を植えつける。

 

 植えつけ後、事前に準備していたふるった土で穴をふさぐ。

コメント

ラッキョウは保存しておいた種球を植えつけました。

2016年08月27日 | <その他の根菜類>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ラッキョウをやっと植えつけました。 8月始めに準備した畝に植えつけたものですが、大雨のたびに畝がつぶれてしまい遅くなってしまいました。
種球は、6月3日の収穫時に150球くらいを保存していたものです
2条に株間は10㎝くらいに植えつけましたが、深く植えると大粒のものが、浅く植えると小粒のものがたくさん収穫できるそうなので、中間くらいの種球がほぼ見えないくらいに植えておきました。
マルチなしなので草が生えて大変ではと心配していますが、新しい除草鍬も買ったので、頑張って草取りなどに励みたいと考えています。
朝食になくてはならないラッキョウで、血液をサラサラにする効果などを期待できるそうなので、豊作になるようにしっかり管理するつもりです。

約35㎝間隔にヒモを張り、種球を内側に置く。

 

浅い溝を掘って約10㎝間隔に植えつけていく。
 

 

 両側とも植えつける、ヒモを外して浅く埋め戻して終了。

コメント (2)

ショウガがやっと大きくなってきました。

2016年07月30日 | <その他の根菜類>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ショウガが萌芽し生長しています。 5月6日に植え付けたもので、やっと紹介できるくらいになりました。
1ヶ月くらいで萌芽するとおもっていましたが、約3ヶ月たった今でも萌芽している株もありビックリしています。
植え付け時に種ショウガを小さく割りすぎたかな等と考えていますが、今後もマルチを持ち上げたら破って芽を出してやることを続けたいとおもっています。
生姜の効能がたくさん紹介されているので、収穫して健康に役立てていきたいと考えています。

昨日もマルチを破って芽を出してやる。 

 

早い萌芽のものは、大きく生長した株になっている。

コメント

ラッキョウを大量に収穫しました

2016年06月03日 | <その他の根菜類>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ラッキョウを収穫しました。 昨年8月21日に約120個を植え付けたもので、大豊作でした。
追肥を10月と3月の2回、草取りを数回行っただけですが、よく生長してたくさん収穫できて喜んでいます。
健康のために毎日食べていますが、購入しようとすると中国産が多く、日本産は高いので、自分で栽培することにしたもので、6年になります。
ラッキョウ漬けにしますが、多すぎて準備が大変そうなので、来年は少し減らそうと考えています。

 

収穫前の株の様子、収穫期を迎え少し枯れ始めたものも、右は株ネギ
 

 

持ち帰るのに葉だけを大まかに切り取る、収穫量は昨年の倍くらいの大豊作

 

来年の種として150個くらいを確保、吊して保存しておきます。

 

コメント

巨大なニンニクを収穫しました

2016年05月25日 | <その他の根菜類>


(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

ニンニクの収穫をしました。 少し遅くなったのですが、大きいものが獲れて喜んでいます。
2月19日に2回目の追肥まで紹介していましたが、出かけていて帰ってくると、普通のニンニクは枯れ、大きいニンニクは蕾がふくらんでいました。
普通のニンニクは簡単に引き抜けたのですが、巨大ニンニクは大きくて根張りもよくて引き抜けないので、シャベルを使って掘り出しました。
巨大なニンニクは、もらったもので名前は分からず、ネットで調べると「普通のニンニクに比べると、香りと辛みがマイルドで、厳密にいうと西洋ネギの仲間、普通のニンニクと同様に薬味や香り付けに使える」とありました。

 普通のニンニクは抜けたが、巨大ニンニクは引き抜けず

 

シャベルを使って掘り出す、西洋ネギの仲間とのこと

 

コメント