波乗り占いブログ(中国式四柱推命)          

ハワイのサーファーみたく乗れりゃいいけど、、
とりあえずは、嵐の日は海に出ないあたりのことから、、。

現在と来年の運勢 メール鑑定 4.000円

ラッキーな時期なら、少しくらい弾けてみても大丈夫だし、ついてないなら、一休みすればいいだけです。 今後の心づもりが出来ます。 あなた独自の命式と大運、すべての人に共通して巡ってくる年運を重ねて、運勢を読んで行きます。 生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市区)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 ◎既婚未婚、仕事の有無を教えて頂けると、より詳しく鑑定できます。   

命式詳細・大運10年よみ方メール鑑定 10.000円

「お試し鑑定」や「現在と来年の運勢」では、命式や運気を、専門的にどんな判断で良いとか、悪いとかを出しているのかは、お伝えしていません。詳しい読み方を知りたい人もおられるようなので、やってみることにしました。格式の説明もします。私のブログで、有名人を観るようにやってる感じです。結構、自分の命式の悪さが、ダイレクトにわかってしまうかも、知れないので、気の弱い人にはお勧めしません。10年分の年運と大運を重ねて、結婚や仕事など、気になるテーマがあれば、1テーマについても観ていきます。生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 黄鴨

安定か、楽しみか

2014年10月25日 | 占い考察

 安定した生活つうのが、庶民の憧れになって久しいですが、本当に安定した生活をしている人を見ると、なんか息苦しい感じのする人もいます。(私の生活に安定という言葉はないので、とってもとっても憧れますが。。。)

 公務員生活数十年、愛妻、愛息、愛犬ありで、なんの不満があろうかと思うのですが、楽しくなさげなのです。

 なぜ?なぜ?と思うのですが、継続した安定にはただならぬ心労もあるようです。なぜなら、世界は変わり続けるのが常態なので、自分ひとりで、地球の回転に逆らっているようなものだからです。

 幸運といえば、幸運なので、安定した生活をし続けていけている、でも、なんかいまひとつ。

 見かけの裕福さだけでは、本当の幸せ度は測れないようです。

 安定と楽しみはどうも、相容れないみたいです。不安定な人の方が、楽しみのチャンスが巡ってきたとき、ここぞとばかりに、幸せと楽しみを味わうことができます。

 ちなみに、命式で、日干と月干か時干が良い干合状態になっている人は、変化少なめの人生です。

コメント

星も好き、、

2014年10月23日 | 占い考察

 私の中で、一番当たると思っているのが、子平推命なわけですが、西洋占星術にもおおいに関心はあります。(何度か書いてるますが、、)

 私のホロスコープでは、現在、蠍座の12ハウスに、土星がめぐってきてます。明るくハッピーな気分にはなりにくく、ハッピーどころか本によると、うつ病っぽくなるでしょうと、書かれているものもあります。

 子平推命でも今年の私の運勢は最悪なので、さもありなんといったところです。(夏生まれのちっこい木が、猛烈な太陽で弱められているのが、私の今年の命式です。木が立ってる土地も太陽にやられてカラッカラなわけですが、小川がそばにあるので、とりあえず、生存だけは可能です、みたいな状態です。)

 西洋占星術は、情報量が多すぎて難解なのですが、土星が巡ってくる場所は意外と当たるかもしれんなと、思ったりします。けれども、土星の効き具合も個人差があるんだろうなとも考えています。

コメント

庚について

2014年10月21日 | 占い考察

 日干が庚の人は、ラッキーな人に、なりにくいと言われることがあります。(貴命になりにくいとも言います。)

 庚(金属)にとって力を貸すはずの、土(土は、一応金属を生みます)はあまりあてにならず、湿った土の己にまみれると、汚れるし、多すぎると埋金、埋もれて力が発揮できないと言われてしまいます。

 金属はきれいに洗って良しと言うことになるのですが、癸(雨)では、錆びるし、多すぎる壬(川の水)には、ドボンと沈んで、日の目を見ないと言われます。適度な水の量が必要なのです。

 同属の庚や辛が一緒になっても、金属をごちゃっと袋に入れて、振り回して傷だらけになります。

 唯一良しというのは、丁(火)でもって、鍛冶屋さんが金属を火でたたいて、鍛えて吉ということなのですが、あまりやさしげなイメージはないわけで、要するにアスリート体質ですね。自分を鍛えて苦しめて、やっと輝くということです。

 日干が庚の人は、ここまで読んでがっくり肩を落としてしまうかもしれませんが、大丈夫です。庚には、10干中最大の利点があります。どの干が、一番いいとか悪いとかは、本当にありません。

 庚の最大の利点は、折れないことです。(最悪でもばっさりとは、なかなか折れません。)例えば、甲(木)だと、庚(金属の斧)には、ばっさりと切られるし、猛火に焼かれると、灰になってしますます。命式で考えるならば、日干が甲で、不運効果のある最強金属の斧で倒されたり、猛火で焼かれる年が巡ってきたら(忌神の大運、行運が重なったりするとき)、健康をひどく害することがあると読めます。ぶっちゃけ言うと、命が危険とも読めます。

 庚は、雨で錆びようが、水中に沈んでも、泥だらけでも、金属同士で傷つけあっても、さらには猛火でどろどろにとけても、冷えればまた金属に戻るのです。なくなってしまうとういことがありません。

 昔からの書物では、庚は「寿」を意味し、強引と健康を意味します。

 棚ぼた連続の人生には、なりにくタイプかもしれませんが、人間健康が第一だし、折れない、忍耐力があると言うのは、現実を生きていく上で、最大の利点になります。挫折しても倒れこまないということは、運気が底をつかないということでもあり、とても大切なことです。

 ちなみに、来年は乙の年ですから、庚とは干合という、特殊効果のある年になります。命式に庚のある人は、変化の大きな年になる人が多いと思います。

 

コメント

思い切って、今年はあきらめてみる。

2014年10月03日 | 占い考察

 日夜、開運について考えています。一番効率的な開運方法についてです。

 努力や苦痛が苦手なので、どうしても手っ取り早い方法にこだわってしまうのです。手っ取り早く、かつ確実なものでなければいけません。(何度も書いているかもしれませんが、壷やパワーストーンでは無理です。)

 運気が悪いときに、社会や人との良縁を得ようとしても、難しく、何事も個人の努力でとがんばってみても、実らぬ方向に全力疾走していることもあります。

 こんなときには、1年くらいはもう、じっとしている、お家でプラプラしているというのもありです。それに、傷ついたり、苦労のしすぎは、体によくありません。苦痛が続くと、悪い運気を長引かせてしまいます。運気が上がってきたときに、すぐに動けるようにしておきたいものです。

 これは、社会運がすごく悪いときの対処方なので、お家が苦痛という人には、また違った考え方ができると思います。

コメント