波乗り占いブログ(中国式四柱推命)          

ハワイのサーファーみたく乗れりゃいいけど、、
とりあえずは、嵐の日は海に出ないあたりのことから、、。

現在と来年の運勢 メール鑑定 4.000円

ラッキーな時期なら、少しくらい弾けてみても大丈夫だし、ついてないなら、一休みすればいいだけです。 今後の心づもりが出来ます。 あなた独自の命式と大運、すべての人に共通して巡ってくる年運を重ねて、運勢を読んで行きます。 生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市区)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 ◎既婚未婚、仕事の有無を教えて頂けると、より詳しく鑑定できます。   

命式詳細・大運10年よみ方メール鑑定 10.000円

「お試し鑑定」や「現在と来年の運勢」では、命式や運気を、専門的にどんな判断で良いとか、悪いとかを出しているのかは、お伝えしていません。詳しい読み方を知りたい人もおられるようなので、やってみることにしました。格式の説明もします。私のブログで、有名人を観るようにやってる感じです。結構、自分の命式の悪さが、ダイレクトにわかってしまうかも、知れないので、気の弱い人にはお勧めしません。10年分の年運と大運を重ねて、結婚や仕事など、気になるテーマがあれば、1テーマについても観ていきます。生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 黄鴨

十干占い・癸

2013年07月23日 | 十干占い
 日干が癸の人は、内気です。癸は雨を、あらわしています。雨がしとしと降るさまは、落ち着くけれども、どこか寂しげな風情になります。
 癸の人はめそめそとした部分を持っています。日干以外の他の干に、癸をもっている人も、心のどこかに、めそめそ君が潜んでいます。

 小心ものですが、逆境に折れることはないようです。いじけながらでも、倒れることなく、歩き続けるタイプです。10干中、最弱なのですが、最強の丙(太陽)を弱らせたり、強気な壬(大河)をさらに煽って、あふれさせるのも癸なので、意外と後ろで糸を引く黒幕ということもありえます。表立つより、影で力を発揮できるでしょう。

 個人としては、弱弱しいイメージでも、人に対する影響力は大きいです。人に尽くすのが好きですが、尽くしすぎて相手をダメにしないように、しなければいけません。

 
コメント

十干占い・壬

2013年07月19日 | 十干占い
 日干が、壬の人は、良くも悪くも大胆な人です。壬は河川や海を、あらわします。清濁を併せのみ、懐も深いですが、小さな勝ち負けにはこだわる人です。見かけは、クールですから、ポーカーフェイスの得意なギャンブラーです。
 根性のすわったギャンブラーには、西部劇の舞台が似合いそうです。水は流れ続けないと、濁り腐ってしまいます。壬の人は、ひとつの場所に、ずっといるより、移動の多い日々のほうが得意です。ますます、「放浪のギャンブラー 西部劇編」 のようなイメージになります。
 壬の人がみんな、実際に放浪のギャンブラーになるわけではありません。心の中に小なり大なりの、西部劇の人が住んでいるだけです。

 話はアメリカ西部から京都に飛びますが、京都の貴船神社には、水ステッカーというものが売られています。水についての6か条、「水は尊し、美し、清し、強し、恐し、深し」が書かれています。恐しには、「人を呑み、船を覆し、山野を没して地表をも変貌す」と説明があります。壬の人は、日頃は温和であっても、怒らせると、一番恐いかもしれません。一旦切れると、誰も止められないし、周りの人間は巻き込まれるでしょう。

 ギャンブラーは、西部のガンマンにはならないようにしないといけません。生命力があり、楽しむのが上手な人でもありますから、陽気なギャンブラーでいましょう。大きくはめをはずしても、わりと復活できる強さがあります。わりとですけどね。

 
 

 

 
コメント

十干占い・辛

2013年07月18日 | 十干占い
 日干が辛の人は、気位が高く、繊細です。辛は宝石をあらわすので、きらきらと光る才能を秘めています。宝石にも、ピンきりがあるように、磨かれなければいけないし、また発掘されなけば、ただの石になってしまいます。

 磨くと言っても、庚の人が、火に打たれて強く、美しくなるわけではなく(そんなことをしたら、辛(宝石)は壊れてしまいます。朝ドラ「あまちゃん」の中で、琥珀にとりつかれた、べんさんという登場人物が、四六時中、琥珀を磨いているのですが、辛(宝石)の扱いは、大事に目をかけて、磨かれた方が、大きく輝くことが出来るのです。

 しかし、現実的には、大事に、ちやほやしながら自分を育ててくれる環境は、あんまりないというか、ないに等しいので、身にならない苦労が多くなってしまうかもしれません。

 その代わり、自分にあった環境を手に入れられたときは、どの干の人よりも、世界で活躍できるような、一流の才能を手に入れることができます。
コメント

かわいい。。

2013年07月18日 | 日記


 自分で作ってみました、フエルトで。いわゆる、おかんアートでしょうか?
いいや、うちの子は、そこまで不細工でないはず、きっと。
 わが子はかわいいので、冷静な判断ができません。
そして、これがきっとおかんアートへの一歩なのでしょう、、。

コメント

十干占い・庚

2013年07月17日 | 占い
 日干が庚の人は、苦労が身につく人です。努力が無駄にならないのです。庚は鉄を表しているので、鉄は熱いうちに打ての言葉通り、鍛えられて強く、美しくなっていくのです。体も、がっしりしていて、丈夫です。しかし、無理がたたると、大病になるタイプなので気をつけないといけません。

 頑固な面あるので、意見が対立する人とは、全面対決になってしまいがちです。正義感があり、自分に自信があるからです。

 仮面ライダーなら悪と全面対決でもかまわないのですが、現実社会では問題が伴うでしょう。

 背が高くて、美しいひとが多いように思います。
コメント

十干占い・己

2013年07月15日 | 占い
 日干が己の人は、面倒見のいい人です。人に対する許容範囲は広いです。情に厚いですが、反面、嫉妬や執着心も多い方です。
 自分の許容範囲を超えた人には、こいつはダメだと自分で見限り逃げ出しますが、流されて、逃げ切れないこともあります。へたをすると、どろどろな関係に陥りやすいです。

 要するに、優柔不断なのですが、やさしさゆえでしょう。色気もあります。良い人のときと、悪い人のときがわかりやすいひとです。頭の上に、天使の自分と悪魔の自分が飛んでいるのが、見えるようなひとなのです。悪いことばかりのようですが、はっきり言って魅力的なので、もてます。
コメント

結婚運について その2

2013年07月14日 | 占い
 ネットの質問サイトに、「私、30代後半なのに、彼氏もいなくて、結婚出来なくて、めそめそ、くよくよ。。どうしたらいいでしょうか?」というものがありました。

 その質問に、なんと400人近くの人たちが、あなたのくよくよした態度が悪いとか、あなた自身は悪くないとか、もっと努力せいとか、様々なことをおっしゃっておりました。相談したら、なお一層落ち込んだパターンであるなと思います。

 たびたび言うようですが、結婚運がない人はないです。どんなに努力しても、願ったとしても、誰もが億万長者になれるわけではないですよね。高校生すべてが、京大とか東大に入学出来るわけでもない。結婚がそんなに、高度な願いでなかったのは、一昔前のことです。今は、個人的な運勢が左右するので、もともとの運がない人には、難しいのです。チャンスの少ない人では、10年に1度です。それが、幸せになれる結婚なのかどうかは別の問題です。

 努力して出来ることもあるし、無理なこともある。努力して出来る人もあるし、出来ない人もある。とりあえず、屋根のあるところに住めて、飢えることなければ、あとはすべてプラス要因ということにして、あるものだけで、自分を機嫌よくさせる。それが、てっとりばやく、簡単に、幸せになる方法です。



 
コメント

結婚運について

2013年07月12日 | 占い
 子平推命では、いつ結婚出来るのかは、はっきりと時期を、お答えすることができます。特に結婚が、社会通念ではなく、個人の裁量にまかされる時代ですので、世間というリミッターがすでにはずされています。個人的な運勢が、ダイレクトに反映されてしまう事柄なわけです、結婚は。

 多くの人に、きっかけはありますが、とても少なくて弱い、あるいは多いの差はあります。20代前半で、結婚にもって行きやすいモテ期の大波が来た場合、もう少し遊びたいとか、私って十二分にいけてる~と勘違いして、絶好の機会を逃す場合があります。後になって、あ~あの時結婚しておけばと思っても、もう一番良い機会はやってこない。それを、占いで、いまさら知らされても辛いかもしれません。でも、嘘はつけません。
 
 あとは、大波ではなく、小波で狙って行くしかありません。仕事運がいいなら、結婚をすっかりあきらめてもいいのです。

  
コメント

十干占い・戊

2013年07月11日 | 十干占い
 日干が戊の人は、人に頼られるとついがんばってしまいます。だからと言って、人に利用されることは少なく、自分に無理だと分かれば逃げ足もはやいです。現実主義者なので、的確にものごとを見極めることができます。

 戊は、山や岩に例えられるだけでなく、組み合わせによって、かまど、花瓶、堤防など様々なものに変化します。丁(火)、乙(花)、壬(川)が中に入る入れ物になるのです。

 個人プレーよりも、団体をまとめる力があるでしょう。器の大きな愛情で人をまとめる力があるのです。

 己の人には、色気があるというのですが、同じ土の仲間、戊の人にも色気があるように思います。鬼平犯科帳の長谷川平蔵の誕生日は、わからないのですが、私は戊っぽい気がしています。
 
コメント

鬼平犯科帳は男の夢

2013年07月10日 | 読書
 鬼平犯科帳に、たびたび出てくる状況がある。それは、昔の少女漫画で例えるならば、普通の女子学生が、ちょっと不良っぽくて謎めいている、かっこいい男の子と、廊下でぶつかってしまうというようなもので、ありえないけど、おっさんの夢と言えるものだ。

 ふとしたきっかけで、色白もっちり美人と知り合う。普通の勤め人で、妻子あり、実にまじめな人柄である。それが、いつしか、色白美人と深い中になる。布団の上で、妻がしてくれないようなあんなことや、こんなことをしてくれる。最終的には、女がきっかけとなって事件に巻き込まれ、殺されてしまう。

 元同僚で、実在の愛妻家の男性から、「かわいい女の子と、いい仲になってみたい。あんなことや、こんなことをされてみたい。」と遠い目をして、夢を語られたことがある。私は、一応女子なので、繊細なおっさん心や、おっさんの夢には疎いのだが、あまりにも同じ状況が書かれてあるので、びっくりした。

 鬼平犯科帳は、若い女の子より、おっさんの読者の方が、だんぜん多いと思う。最後に事件に巻き込まれ殺されてしまうのも、ああやっぱり自分は、浮気をしなくてよかったと、おっさん読者に納得させる。そして、でも、着やせするけど、脱いだらもっちり美人って、いいよね~。と妄想だけが残るのだ。
コメント