波乗り占いブログ(中国式四柱推命)          

ハワイのサーファーみたく乗れりゃいいけど、、
とりあえずは、嵐の日は海に出ないあたりのことから、、。

現在と来年の運勢 メール鑑定 4.000円

ラッキーな時期なら、少しくらい弾けてみても大丈夫だし、ついてないなら、一休みすればいいだけです。 今後の心づもりが出来ます。 あなた独自の命式と大運、すべての人に共通して巡ってくる年運を重ねて、運勢を読んで行きます。 生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市区)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 ◎既婚未婚、仕事の有無を教えて頂けると、より詳しく鑑定できます。   

命式詳細・大運10年よみ方メール鑑定 10.000円

「お試し鑑定」や「現在と来年の運勢」では、命式や運気を、専門的にどんな判断で良いとか、悪いとかを出しているのかは、お伝えしていません。詳しい読み方を知りたい人もおられるようなので、やってみることにしました。格式の説明もします。私のブログで、有名人を観るようにやってる感じです。結構、自分の命式の悪さが、ダイレクトにわかってしまうかも、知れないので、気の弱い人にはお勧めしません。10年分の年運と大運を重ねて、結婚や仕事など、気になるテーマがあれば、1テーマについても観ていきます。生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 黄鴨

復習 やっぱり金運は大事

2017年02月24日 | 占い考察

 男性にとっては、金運はダイレクトに女性運を連れてくるし、女性にとっても、金運が安定

すると、男性運を連れてきます。(何回も、実際に目撃しました)


比劫→食傷→財星→官星→印星 と運気は進んで行くので、女性にとっての男性運は

官星ですが、ひとつ前の財星が強まることによって、官星を強める作用が出てくるのです。

男性にとっての女性は、財星そのままなので、お金もちだけど、全くルックスはいけてないよね

という人たちが、驚くような美人妻を連れていることは、本当によくあります。

トランプさんもそうですね。

 

ちなみにあげまんやら、内助の項というには、奥さんが縁の下の力持ちなって、

財星の次、官星が表す立身出世に結びつけていくということです。

まあ、これは良き財星が良い官星に、繋げていく場合で、いろんなバージョンはあります。

 

財星が弱い命式の場合、なかなかスムーズに、異性との付き合いも始まらないと思います。

財星を強化させる必要があります。そのヒントは、財星のひとつ前、食傷にあるのです。

食傷は表現する星ですから、自分の能力や自分の良さを、アピールします。

陽気で、楽観的で、楽しみごとの好きな星です。


男性で、すんなりと他人に、気軽に話しかけたり、やさしい物腰で人の相手をすることが

できれば、そのまま女性運にもつながるとは思いますが、

別に女性相手でなくても、自分の趣味を楽しむということは、食傷の星を強めることに

なると思います。

完全にひとりっきりの状態では、他人とつながりようがないので、面倒でも自分の趣味を

人に知らせたり、いろんな人に簡単な挨拶をすることで、食傷の星は強まるのじゃないかと

思います。(ネットがあるから、そんなに難しくはないはず)


誰にでも、行運で食傷の星は回ってくるので、いつになく、人に挨拶するのが簡単に思えたり

楽しみが増える年は、ちょっとした幸福感を味わいやすいです。

そういった年に、十分に幸福感に浸っておくと、財星の年への移行が多少でも、スムーズで

勢いのあるものに、なるかも知れません。


財運がなくて嘆くばかりではなく、楽しい気分をキープした方が、運気的には良い方向に

向かうはずに違いないということです。


コメント

木村拓哉さんを占う その2

2017年02月22日 | 占い

 SMAPが木村拓哉さんにとって、どんな存在だったかも、命式から読み取れます。

自分が所属する身近な団体は、月干で見ます。

普通の人なら、会社の同僚とか、同じ部署の仲間、友人なども月干で見ます。

もし、ここにお母さんを表す印星が入っていたら、お母さんが身近な友人の場合もあります。

 

木村さんの月干は、辛でこれは、年干の美しい水(壬)で、洗われた美しい辛(金)には

違いないのですが、木村さん自身を表す、戊(大地)にとって、良い作用ばかりではありません。

木村さんの命式は、日干の戊を弱めて吉なので、戊を弱める辛は、けっして悪いわけでは

ないのですが、絵としては、大地に鋭く刺さる鍬のような図になり、痛みが伴います。

ここで、SMAPは木村拓哉さんにとって、良いのか、悪いのか、どっちやねんという話の

なるのですが、運気的にはとってもいけど、チョットだけ我慢もしないといけない仲間

ということになります。

 

普通に考えて、考え方の違う他人が、同じメンバーで何十年も活動を続けて行くのは大変な

ことです。バンドも、解散やメンバー交代はふつうのことです。

団体行動では、自分だけ好き勝手なことは、もともと出来ないのです。


少し、しんどい仲間だったかも知れませんが、自分の生まれた家族よりも身近な存在で

特別な存在だったはずです。それが、どうして心ならずも、裏切り者のような立場に

なってしまったのか、運気の変化を見てみます。


39歳からの大運は乙で、44歳からの大運は卯です。大運は5年間続きます。

木村さんにとって、大きな影響をもたらすものではないですが、

乙は官星、卯は官星の根になるので、ストレスを感じやすい日常になります。


去年の年運は丙申でした。丙は辛と干合で、月令が水の為、辛が癸に変化します。

辛は月干の場所にあったので、身近なグループが変化するということになります。

癸は戊にとっては、居心地の良い関係です。

癸は財星なので、夫婦仲が良好な年だったでしょうし、

かわいい女の子たちと、上手くやれる年です。

 

49歳からは、大運が丙になるので、さらに周りの人間関係が大きく変わります。

運気の変わり目は、環境と人間関係の変化でもあるのです。


つづく




コメント

木村拓哉さんを占う その1

2017年02月21日 | 占い

 四柱推命系の占いの醍醐味は、何と言っても、四柱で占えばこそ得られる情報量と

確かさだと思っているわけですが、

日本では4本の柱のうち、生まれた年、月、日の3本まではわかっても、

残りの1本、生まれた時間は、なかなか分かりにくいです。

ここ最近ちょっと可哀想な感じに思える、木村拓哉さんを占ってみたいのですが、

当然、確かな出生時間など分かりません。

あんたそんなに、SMAPのファンじゃなかったよねという友人が、

いまだに、キムタクが悪い~みたいに言ってたので、占ってみたくなったのです。

 

子平推命の本に出ていた、推定の出生時間が正しい気がするので、

それでやってみたいと思います。


1972年11月13日 推定出生時間 13時から15時の間


壬子

辛亥(月令 水)

戊申

己未

 

従財格です。仕事にも女性にも、恵まれると言われます。

まあ、女がいないとやっていけないタイプとも言えます。

キムタクも、奥さんの前には、カオリンが長く側にいたので、絶対に女性が必要な人です。

偏財がとても強いので、女性にファンやスタッフには、受けが良くて、

その人たちは、お金を連れてきます。

壬と辛は、和用神で喜神で、キラキラ輝く幸運の人生の前半です。


年干支と月干支は、人生の前半を表し、日干支と時干支は、人生の後半を表します。

キムタクは今年45歳になります。(そりゃ、自分自身も年をとるはずです。。)

人生の前半はそろそろ終了で、人生は後半戦になります。

 

従財格の喜神は食傷、財星、官星、忌神は比劫、印星になります。

自分を抑えめの方が運は向きます。


さて、キムタクの人生後半は、戊己と並んでいますが、これは比肩と比劫なので

忌神です。自分を押し出したい時期だけど、上手く回って行きません。

あと、戊己の並びはあまり良いものではありません。

山(戊)に、土(己)が足されても、あんまり意味がないからです。

忌神の戊は、強めるとよくないので、可もなく不可もなくの己に凶意はないですが、

助けにはならないのです。

 

人生の前半が、キラキラとした華やかな運気なので、

後半はどうしても地味な印象になってしまいます。

宝石を清らかな水で洗っている図から、土くればっかりの図になるのです。

 

 つづく。。

 






コメント

清水富美加さんの命式 その3

2017年02月20日 | 占い

昨日のブログで、食神から傷官の変化は、女優から、ちょっとした知識を披露する

文化人になればいいんじゃないか、と書いたのですが、お風呂の中で、やっぱり違うなと思いました。

甲の食神と乙の傷官の違いを、さらに考えてみたいと思います。

 

食神も傷官も、表現したい星、楽しさを大事にしたい星です。

甲は自分自身で立ち、自分で責任を引き受け、独立心が旺盛です。

乙は人と絡んで上昇したり、人の中で良くも悪くも影響を受けます。

 

教団の広報、広告塔っていうのは、すごくあってそうです。

寄らば大樹というか、ツタが巻き付く大樹がでかいほど、乙は目立ちます。

大物の側で、美しく楽しく自己表現というのが、

甲の隣に乙、傷官、喜神の表すところかも知れません。

 

ここで気を付けないといけないのは、誰しもその教団に入って幸せになれるわけではなく、

清水さんには合っているということです。

人から、すごく上手な美容室と聞いて行ってみても、ぜんぜん自分には、合わなかったり、

めっちゃ面白いからと、勧められた映画やゲームが、全く面白くなかったりは良くあることです。

そのレベル的に、なんでも合う合わないはあります。

 

清水さん的には、喜ばしい変化なのに、事務所を辞めるさいにトラブルになったのは、

大運の変化と、年運の丁酉で、喜神の甲と乙を、焼いて弱めてしまったのが原因だと

思います。

 

良い年干と月干を持っているので、これを生かすには、疲れすぎないように

甲と乙の栄養を常に補給しつつ、コントロールして自分の力を、出す必要がありました。

とは言え、自分の力を出し惜しみばかりしてたら、ビックな女優さんには、

なっていなかったかも知れないので、難しいところでもあります。

 

 ★お試し1000円 やらメール鑑定やってます。

 命式からは、どんな環境に置かれやすいかが良くわかります。

 

 

 

コメント

清水富美加さんの命式 その2

2017年02月19日 | 占い

 まだまだ報道が下火になりませんね。仕事にしんどくなって、次行った先が、

宗教団体だっただけで、現状に不満が出れば、留学したり、行方不明になってみたりと、

割とよくあることだと思います。

私なら、留学を選びたいところですが、人の好みはそれぞれです。


 さて、清水さんの命式をもう少し詳しくみてみたいと思います。

年 甲戌

月 乙亥

日 壬戌


 ざっくりとした見方で、年は20歳くらいまで、月は40歳くらい、日は60歳くらいまでの

雰囲気を表しています。

年干と月干が同じならば、同じような雰囲気の生活が、40年くらい続くということになります。

甲と乙は、清水さんにとって、甲は食神、乙は傷官です。

甲と乙は、おなじ仲間で、甲は樹木、乙は草なわけですが、別物です。

喜神の食神は、朗らかで明るく、周囲を丸く収めることができます。

喜神の傷官は、明るさはありますが、発言に的を得すぎというか、直接的な物言いが混じります。

 

食神はふんわりとした雰囲気、傷官は正しさを押し出し気味になります。

なので、アイドルとして花咲いた20年、自分の考えを表に出したい、

これからの20年なのかも知れません。

別に宗教家にならなくても、女優から文化人枠に移行しましたというやり方も

ありますが、身近に幼いころから、宗教があったので、そちらに自然に移ったのだと思います。

乙の根の亥は、木と水の根を持つので、しっかりと乙を支えます。

教団の広告塔になって、思った以上に、活躍されるかも知れません。

 

でも、40歳ごろになると、また大きく方向が変わります。

40歳くらいになって、今まではしんどいこともあったけど

結構ついてたんだな、と思ってしまうかも知れません。

壬は忌神です。喜神から忌神の変化は、ガクッとした落下感があります。

もし時干支に壬を支えるものがなかれば、それほどひどい運気になならない

と思いますが変化はあります。

 

誰でもずーっと同じ運気の人はないので、ファンの人は、生温かい心で応援すると

いいですね。同じ教団に、入りたいファンの方もいるでしょうが、

そこはじっくりと考えてからの方が、いいと思います。

どんな新興宗教も、結構お金がかかるみたいですよ。

 

コメント

清水富美加さんの命式

2017年02月15日 | 占い

 可愛いくて人気のある女優さんが、いきなり出家ということで、話題になってますね。

清水富美加さんの命式をみてみます。出生時間不明なので、3干でみます。

1994年12月2日 東京都

甲戌

乙亥

壬戌

 

日干が水で、この水を吸ってしまう甲と乙が、年干と月干に連なってあるので、

こういうタイプの人は、自分の力が、周囲に吸われていってしまうように感じます。

甲乙は喜神だと考えると、食傷の星なので、表現者として女優さんで活躍というのも

当てはまります。

去年まで、年運で甲乙丙と壬を弱める年が続いたので、社会運は良いけど、自分自身が、

しんどい年が続いたのだと思います。

壬は忌神ですから、弱めて吉ですが、弱めすぎて本人の心身が支障をきたすほどは

必要ありません。

現在は大運の変わり目で、癸から酉に変わり、年運も丙申から丁酉に変わり、酉(金)が

強まっての、今回の出家になったのでしょう。

命式の時干は辛なのかも知れません。

変化の要素が二つ重なったとき、物事は、はっきり動きます。

大運が変わったのに、年運が変わったのに、何も変わらない、変化が起こらないという人も

時期を長い目で見る必要があります。

 

何かを表現し続ける人は、出力する行為だけでは、自分の力が枯れてしまいます。

酉の前の大運は癸で、壬(湖)に注ぐ、癸(雨)は、大きな助けになっていたわけですが、

その大運は終わってしまったので、自分から表現する力はなくなったという

ことだと思います。

 

ブレイクする人と、それを長く続けていく人は違うようで、自分がどちらのタイプか

知っておくと、悩みすぎなくていいかも知れません。

教団の映画には出るかも知れないけど、本格的な女優さんには戻らないと思います。


 


コメント

寒いですね、月食ですね

2017年02月11日 | 日記

 今回の月食は、影響が大きなものだと言われています。

 個人への影響は、人それぞれかも知れませんが、

 細かく拾っていけば、運気の変わり目に使える節目は、いろいろありそうです。

 ジェジュンが戻ってきて、ジュンスが兵役に行ってしまったというだけでも、

 移り変わりの季節だな、と私は思ってしまいます。

 

コメント