波乗り占いブログ(中国式四柱推命)          

ハワイのサーファーみたく乗れりゃいいけど、、
とりあえずは、嵐の日は海に出ないあたりのことから、、。

現在と来年の運勢 メール鑑定 4.000円

ラッキーな時期なら、少しくらい弾けてみても大丈夫だし、ついてないなら、一休みすればいいだけです。 今後の心づもりが出来ます。 あなた独自の命式と大運、すべての人に共通して巡ってくる年運を重ねて、運勢を読んで行きます。 生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市区)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 ◎既婚未婚、仕事の有無を教えて頂けると、より詳しく鑑定できます。   

命式詳細・大運10年よみ方メール鑑定 10.000円

「お試し鑑定」や「現在と来年の運勢」では、命式や運気を、専門的にどんな判断で良いとか、悪いとかを出しているのかは、お伝えしていません。詳しい読み方を知りたい人もおられるようなので、やってみることにしました。格式の説明もします。私のブログで、有名人を観るようにやってる感じです。結構、自分の命式の悪さが、ダイレクトにわかってしまうかも、知れないので、気の弱い人にはお勧めしません。10年分の年運と大運を重ねて、結婚や仕事など、気になるテーマがあれば、1テーマについても観ていきます。生年月日 生まれた時間 場所(一番近い市)、性別、アドレスをお知らせください。右端っこのメッセージからか、yellowduck557@gmail.comにお願いします。 黄鴨

元野球選手 清原和博さんの命式 追記

2015年05月29日 | 占い

 前回、清原選手の命式を観たのですが、何がそれほどついてないのかを追記します。

 清原選手は身強の内格だと思われます。身強は自分を強めては駄目、かといって弱めすぎても駄目なので、弱め方の按配が難しいとも言えます。

 たまに、身強より身弱のほうが、良い命式だという意見もあるのですが、強い弱いのバランスは誰にとっても難しいものでもあるので、個々の命式を観ないとわからなくて、一口でもまた言えません。

 清原選手は日干が甲ですから、丁や庚が一番良い行運なのですが、丁は若いときに終わってしまいましたし、庚は73歳からです。

 大運で、33歳から甲、甲を強めて×、37~42歳は辰で木の根が増えて×、43~47歳は癸、甲を育てるので×、48~52歳は卯で甲の根になるから×、53~62歳は壬で、甲を甘やかすので×という風に、結構運気的には悪いといわれるものが続きます。

 しかし、癸や壬は、甲にとってだらしなく、享楽的にさせる、行運かもしれませんが、本人にとってはそこまでの苦痛はないと思います。遊びすぎて破産しなければ、まあまあの運気と観ることもできるのではないかと、最近は考えています。

 東洋系の占いは、基本的に家系の繁栄が根っこにあるからでしょうか、意外と厳しい見方の部分もあるのです。どんなに仲の良い夫婦でも、散財していくような間柄ではダメという見方です。多少、居心地の悪い相手でも、無駄使いを戒めてくれる人を、良しとするのです。

 清原選手は、自分にとって甘い人たちと、少しだけ距離を置くのが良いということになります。

コメント

元野球選手 清原和博さんの命式をみる

2015年05月25日 | 占い

 昔は、ちゃんとした野球選手だったけど、刺青したり、グレたりして、今はお遍路の旅に出ている清原さんを占ってみました。

 命式は本当に人それぞれ、様々ですが、ちょっと辛くなる命式です。

1967年8月18日 大阪生まれ 清原和博さん

丁未

戊申(月令 金)

甲寅

出生時間がわからないので、3干でみました。

 年干の丁と月干の戊は和用神という作用で、とてもラッキーな状態になります。少年の頃や高校時代の清原さんが大活躍だったのは、幸運の星に守られていたからですね。

 人生前半の大運も良いものだったのですが(丙や丁、午がめぐります。)20代後半からツキがなくなります。(特に20代後半の大運は巳ですが、巳は命式の申と支合し、寅が復活して、かなり悪くなります。)

 その後も、大運がず~っと悪いです。そんなに清原さんのことを、私は好きではなかったのですが、超幸運体質の福山雅治さんに、運のよさを分けてあげて下さいと頼みたくなるくらい悪いです。

 今年か来年、お遍路にあきたら、強気な自分が戻って、暴れだすかもしれません。遠くからみる分には、無駄にパワフルで、面白いっちゃ面白いですが、本人や身近な人は大変だろうと思います。

 ここまではっちゃけてると、出来るだけ人に迷惑をかけない感じで、好きなだけ悔いなく暴走して下さい、と言いたいです。

 

 

 

コメント

運気の変わり目 大運

2015年05月22日 | 占い考察

 運気は必ず変わるものです。人によって波が荒い、穏やかはありますが、必ず変化はあります。

 さて、今年で大運が変わるはずなのに、なんか全く変化がないという場合、大運の出し方が少し違っているかも知れません。

 大運の変わり目は何歳から何歳と書かれることが多いのですが、厳密に言うならば、何歳と何ヶ月という表示になります。命式を出すソフトによってそれぞれですが、ものによっては何歳何ヶ月何日まで出ます。

 大運交代が2歳4ヶ月の場合、0歳から2歳4ヶ月までが最初の大運でそこから、5年刻みで大運を見ていきます。けれども大体の表示の仕方は、2歳から7歳までか、3歳から8歳まで、という感じの書き方になります。

 大運の変わり目で、まだ何もかわらんと思う場合、それは2歳表示で見ているからかもしれません。本当はあと4ヶ月待たなければなりません。

 あまり変化の大きくない大運の場合、気にはならないでしょうが、大きな影響を持つ大運の場合は大変気になるところです。そしてその大運の変わり目から、少しずつ次の大運の影響が出始めます。

コメント

右往左往

2015年05月20日 | 占い考察

 西洋占星術で自分のホロスコープを、ぐるぐる回していたのですが、ホロスコープは情報量が多すぎて、要点がかえって、つかみにくい事を、あらためてひしひしと感じました。情報量の多さが面白いっちゃ面白いのだけど、物事がおこってから、あれがこれだったのか、みたいな感じになります。

 私のような素人が、ホロスコープを見るとアスペクトばかりに注目しがちですが、他にも重要視する要素もあるしで、なかなか難しいなと思いました。

 やっぱり、地道に四柱推命と向き合います。

 

コメント

くじけない。。

2015年05月12日 | 開運

 吉方位へ出かけても出かけても、本当に度々、凶方位へ引っ張っていかれるのですが、あきらめません。

 けれども、調べてみると、ベストな方角で、小旅行が出来そうな日が8月までないことが判明。まあ、ついてない時なんてそんなものですね。

 風水も大事なわけですが、我が家の風水ははっきりいって良くない。かといってそんなに簡単に、引越しや改築はできないわけですから、どうしても吉方位頼みになってしまうわけです。

 あがいても、にっちもさっちも行かないとき、もう待つしかありません。いつまでか、運気が徐々に上向くまでです。吉方位へ行かなくても、勝手に上るときは上ります。

 そして、運気が上るときは、吉方位とも縁ができやすくなります。

コメント

開運は可能か?

2015年05月09日 | 開運

 お散歩程度の、吉方位とりでは、効果はあまり期待できないようです。やはり遠方で、ある程度の滞在時間は必要ですね。

 そんなに簡単に、運勢が思い通りになるのなら、占いなんてとっくに不要になっていることでしょうしね。

 さて、では大きく運勢が下がってしまった場合の救いはないのか?というと、一応はあります。あまりにも、過酷な状況が何年も続いた場合、人は後から振り返ると、そのときの記憶が、消えていたり、おぼろげであることがあります。

 その数年はワープしたみたいになって(脳が、その年月をなかったことにしようしているのかもしれません)、結構見た目が若くなります。不幸の真っ最中の時には、一時的に老けるかもしれませんが、峠を越えると若返ります。本当ですよ。幸せすぎる人は、はっきりいって、老けます。それは、日々が今流行のリアル充実していて、ちゃくちゃくと時間の流れの中を歩いているからです。

 コラーゲンよりも、記憶がなくなるほどの不幸の方が、見た目の若さは手に入ります。なぜか、年の割には異様に若い人が、あなたの隣に必ずいるはずです。

 

コメント

吉方位どりとは

2015年05月04日 | 開運

 吉方位どりというのは、自分の運気を上げてくれる方角に出かけて行き、その土地の気を取り入れてくるというものです。

 やり方は人によって本当に様々ですが、私は奇門遁甲も気学も両方信じています。でも、全部まるごと信用しているわけではないし、なんでもかんでも、そっちの方角に行けばいいかというとそんなことはないです。

 出かける場所自体の質もあるし、要するにいくら方角がよくったって呪われた土地みたいなのは、いまひとつです。専門家に見てもらった奇門遁甲の方角にしても、弱いものと強いものがある。

 何が自分にとってベストかは、自分で実験してみるしかないわけです。

 そして、なんとラッキー?なことに、吉方位どりに興味があるということは、運が大体落ちているときで、運が落ちるとヒマな時間がおおいに出来ます。

 試行錯誤せずに、吉方位どりができて、運が上ればこんなにいいことはありません。

 少しずつでも、わかったことがあればお伝えしたいと思います。

 

 

コメント

う~ん

2015年05月03日 | 開運

 吉方位へ行けども、行けども、後から最凶方位へ引っ張っていかれる私(泣)、、

 ちょっとした旅行だってお金はかかるわけで、くじけそうにもなるのですが、何も無くてもとりあえず足はあるので、ためしに歩いてみることにしました。

 そんなに遠くに行けないけど、ちょこっとだけでも全くなんの 効果も無いってことは、ないのではということです。

 気候も良いことだし、フラフラ歩くには良い季節です。 

 

 

コメント