無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

蓋は開かない「オルファ」のポキ

2018-06-16 07:11:12 | モノ

世の中に様々なアイデア商品があるもので。

先日、XYLがアマゾンで買ったという、オルファの「ポキ」、

カッターの刃をポキポキ折って、そのまま捨てられるというグッズです。

昔は、カッターについている頼りない部品で刃を折って、

「刃物危険」とか書いて、ガムテープなんかで巻いて、

燃えないゴミに捨てるって感じだったので、

カッターの刃を折る=めんどくさいって感じでしたが、

これがあれば、もう、ポッキポッキ折りまくりです。

えーと、この頃、コンディション悪すぎで、

DXing心も折れまくりでありますが・・・・

 

オルファ(OLFA) 安全刃折処理器ポキ 133K

クリエーター情報なし
オルファ(OLFA)
コメント

イモトのWiFi 世界周遊プラン

2018-04-22 07:16:26 | モノ

ゴールデンウィークの旅行に向けて、イモトのWiFi「世界周遊プラン」を申し込みました。

行き先は、南アフリカの4カ国、10日間、破損・紛失補償、空港受け取り、宅配返却の内容で、18,000円也です。

以前トルコに行ったときは、海外のパケット料金の仕組みを知らず、6万円くらいのパケット料金請求に

「あわぴゅ~」

ってなりました。

これに学びその後はWiFiレンタルをしていますが、昨年、一昨年は北米旅行だったので、ソフトバンクの「アメリカ放題」を実質無料で利用。国内と全く同じ感覚で電話もネットも使えたので超楽でした。

さてさて、札幌から羽田、香港、ヨハネスブルグ、そしてザンビアのリビングストンまで、飛行時間合計21時間+途中待ち時間合計約8時間、エコノミークラスの苦行に耐えられるか?それが問題であります。

コメント

3599円で記録する「ライフログ」

2018-04-05 07:23:09 | モノ

世の中にはまだまだ知らない「面白便利なモノ」があるもので、スマホと連携して、身体活動量、心拍数、睡眠時間等等を記録する「スマート・ウォッチ」というものを購入しました。遊びレベルですが、なかなかどうして優れものであります。昨夜は久々に爆睡した・・・つもりでいましたが、深い眠りは「57分」だけと記録されています。こんなもんなのでしょうか?一番便利なのは、腕でブルブルするので、電話の着信を逃さないこと。しばらく遊んでみます。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 2 | Xiaomi (小米 シャオミ) スマートウォッチ 活動量計 歩数計 心拍数計 睡眠モニター 消費カロリー計 LINE/Twitter/Facebook/Instagram/SMS/着信など通知 Gmail通知 スマホ通知機能と連動 健康管理 IP67防水防塵 日本語専用アプリ iOS&Android対応 バッテリー長持ち(最長20日間)
クリエーター情報なし
Xiaomi
コメント

OLYMPUS TG-5 顕微鏡モードを試してみました

2018-03-23 08:14:00 | モノ

先日購入したコンデジ「オリンパス・TG-5」の顕微鏡モードを試してみました。このコンデジの特徴は「ハウジングなしで15mまでの水中撮影に対応」「マクロレンズ以上に寄れる接写機能」の2つです。思うに、スマホのカメラがここまで綺麗になってきた昨今では、コンデジに今までとは違う差別化が求められているのかもしれません。

顕微鏡モードをより楽しむためには、オプションの「ディフューザー」を使います。下記の写真の白い輪状のものをレンズ部に取り付けて、フラッシュの光量のコントロールをします。取付取り外しはワンタッチで簡単にできます。

動植物、水中生物などの撮影に一役買ってくれる感じです。

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 RED
クリエーター情報なし
オリンパス
コメント

防水デジカメ オリンパス TG-5

2018-03-17 09:58:53 | モノ

来月予定しているアフリカ旅行に備えて「防水デジカメ」なるものを購入しました。

今回の旅行も XYL の撮影助手参加。南アフリカ4カ国を巡ります。

その中で、世界三大瀑布の一つである「ビクトリアフォールズ」をジンバブエ側、ザンビア側、そしてヘリコプターから観光する予定です。以前行った方のお話では、風向きなどにより大雨が降っているような状態になり、一眼レフカメラが故障した人もいるとのこと。このカメラは雨の中、水中でもハウジングなしでそのまま使えるということで、アウトドア・カメラともいわれているようです。

さらに、サファリパーク等で、虫や植物をとるのに、このカメラの「顕微鏡モード」が役に立ちそうです。

今回の旅行に持参する予定の撮影機材

  • NIKON D850
  • NIKON D500
  • レンズ(14-24mm, 24-120mm、55-300, 35mm)
  • SONY HDR-CX680
  • OLYMPUS TG-5

主な観光先は、ビクトリアフォールズ(3日間にわたり)、ボツワナのチョベ国立公園(サファリ体験)、ケープタウン市内観光、喜望峰といった感じです。

【旅程です】

 

今年も、何を目指しているかさらに混迷中の XYL の暴走が続きます。

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 RED
クリエーター情報なし
オリンパス
コメント

SDRソフトウェア SDRUno ver1.2 から 1.21 へ

2017-11-14 08:36:27 | モノ

RSP1, RSP2 対応のSDRソフトウェア SDRUno の ver 1.21 がリリースされました。マイナーアップなので、せいぜいバグフィクスかと思いきや、かなり変更が加わっているようです。スペクトラムスコープやウォーターフォールのゲイン等もかわっていたようなので再調整を行いました。いい感じです。

変更点についての機械翻訳を掲載します。

SDRunoリリース1.21がリリースされました。今回のSDRunoのリリースには、以下の修正とバグ修正が含まれています。

1. SP1ディスプレイにVFOをセンタリングするためのVFOボタンを復元
2. USBおよびLSBのデフォルトのステップサイズを500 Hzに変更
3.ハムバンドフレーミングボタンのオン/オフを切り替えることができます
4.メモリパネルからステーションを呼び出すと自動的にロックが解除されます
5. SP1表示の再描画に関連するバグの修正
6. RSP2の較正値の格納に影響を与えるバグ修正7. SP2表示FFTが2 ^ nサイズでない場合のCW ZapおよびCW AFCに影響するバグ修正
8. SP1の滝表示のデフォルト設定の変更
a。ウォーターフォールアベレージング(WF Ave)がデフォルトで「オフ」に設定されました。デフォルトのウォーターフォールゲインとコントラストの設定の微調整
9.メインウィンドウのインスタンス値
10.修正されたWindows XPのサポート
11.自動較正システムは、選択されていなければDABサブモードを選択するようになりました。
12. メモリパネルがCtrl + Wに応答するようになりました。

コメント

CD78JrH の CH4, CH5 が自然復旧しちゃった件

2017-11-10 07:30:46 | モノ

先日来 SWR が無限大となっていた CD78JrH の CH4, CH5 ですが、昨日確認したところ、なーんでかわかりませんが「自然復旧」しておりました。ノイズも盛大に S5 つほど入ってきました。まーとにかく 75m バンドはノイズっぽいです。

SWR も正常値に。何が引き金になったのか不明ですが、ここのところの強い風と雨が刺激になったのか、もしかしたらカラスに願いが通じたのかしれません。再発リスクは十分あるので、どっちゃにしろ来春点検です。

コメント (2)

CD78JrH の CH4, CH5 がこけちゃった件

2017-11-08 08:29:26 | モノ

3.5/3.8 のロータリーダイポール、クリエート社の CD78JrH の CH4(3.75MHz)・CH5(3.80MHz)がこけちゃったようです。

先週あたりからワッチしていてずいぶん 75m のノイズがおさまっているなあと思っていたのですが、なんのことはない、チューニングしようとしたら SWR 無限大。2、3日ほうっておけば復活するかと思っていましたが、今朝チェックしてもだめです。

同調点はどちらもちょうど 100KHz ほど下がってしまっています。

【マッチングユニットの回路図】 K1 ないしはダイオードが怪しい。

CH1-CH3 は正常ですので、CW と FT8 への QRV は問題なし。回路図を取り出してみるに、リレーかダイオードがこけている可能性が大です。3Y0はCWでやることにして(おいおいホントにできるんかい?)、来春までほうっておきます。北海道の冬のタワーは危険がいっぱい(っていうか極寒)ですので。

来年、下ろして修理するか、今後に備えて予備を1個持っていてもいいかななんて考えています。マッチングボックスだけだと 25K円くらいで入手できるみたいです。

なんかの拍子に偶然復活しないかしらん。

こういうときこそがんばれカラス!(なんのこっちゃ)

コメント (2)

RSP2対応 SDRUno 1.2 にバージョンアップ

2017-10-28 20:49:22 | モノ

SDRUno が 1.2 にバージョンアップされました。まずはインストール。ドライバーも更新されているので、インストール時には RSP の USB ケーブルを抜いておくのをお忘れなく。

かなり新機能が追加されているようです。とりあえず、リリースノートの機械翻訳をはります。

---

SDRuno 1.2リリースノート(2017年10月27日)

要約:このリリースでは、いくつかの新機能を実装するだけでなく、いくつかのユーザビリティの問題とバグの修正について説明しています。

SP1表示の主な変更点は、分解能帯域幅(RBW)制御をズーム機能から分離することでした。これにより、CPU負荷とスペクトル表示の品質をトレードオフすることができます。メインスペクトル表示の品質を向上させるために、いくつかのデフォルト値も変更されています。

その他の重要な変更点の1つは、周波数入力をMHz単位で行い、デフォルトのkHz単位で入力できることです。

Control + Wでは、ワークスペースを指定されたスロットに保存することができます。

キーパッドボタンは、指定されたバンドに移動するだけでなく、サンプルレートとデシメーションを変更して "バンドフレーミング"を有効にします。ディスプレイ内のすべてのバンドを見ることができます。

もう1つの新機能は、表示されたVFOで定義されている特定の信号の入力RF電力レベルと信号対雑音比(SNR)をCSVファイルに保存する機能です。このファイルは、SP1の設定パネルで選択したレートで更新されるので、電力レベルとSNRが時間とともにどのように変化するかを確認できます。これは約1dBまで正確であり、RSPの入力に対して較正された測定値であることに注意してください。

追加:
•IQ Wavファイルカスタムエンコーディング
•LO LOCKトグルホットキー - 'K'
•Mキーを使用した
MHz周波数入力のサポート•新しい周波数を使用したMHz周波数入力のサポート。(DOT)とMHzキーパッドボタン
•IF出力周波数とイネーブル状態の保存
•IF出力モードのときのオートスワップI / Q
•パワーとSNR測定値をCSVファイルに保存
する機能•モードを変更するとデフォルトのステップサイズが変更されるようになりました
。•MCTR / TCTR / RSYNボタンの状態が保存されている

変更:
•キーパッドハムバンドボタン機能
•LOをバンドの中央に設定してロックする•
適切なサンプルレートとデシメーション係数を使用して選択されたバンド全体を表示するようにSP1表示を設定する
•押されたキーパッドボタンによって示されるハムバンド選択
•デフォルトの復調モードが自動的に選択される主要なハムとブロードキャストバンド用
•ズームは自動的にVFOにズームインする
•ワークスペースはCTRL + Wを使用して保存される
•デフォルトのワークスペースでウィンドウを開き、
MAボタンのデフォルト状態を有効にする
•RBFスライダーを使用してSP1 FFTサイズと表示画質の向上
•ズーム機能の
改善•SP1およびSP2のデフォルト設定の改善
•デシメーションフィルタの改善されたスプリアスエイリアシング
•パフォーマンスとユーザビリティに最適化されたデシメーション値
•主要なハムおよびブロードキャストバンドに適したデフォルトの復調フィルタ帯域幅

固定:
•LSB / USBフィルタ帯域幅の中心周波数から100Hzオフセットが同じです
。•MAボタンで最小化/復元がサポート
されました
。• エラー報告の修正•CATコントロールでIDがサポートされるようになりました。コマンド
•ADCオーバーロードメッセージング機能が改善されました。色の盲人にもっと適したメッセージカラー。

ソフトウェアとドキュメントへのリンクについては、ダウンロードページ(http://www.sdrplay.com/downloads)を参照してください。

宜しくお願いします、

SDRplayソフトウェア開発チーム

 

コメント

WSJT-X v1.8.0-rc3 バージョンアップ

2017-10-17 23:26:51 | モノ

なんだかんだと DXing の重要アイテムになってきた FT8 モードですが、そのソフトウェア WSJT-X が rc3 にバージョンアップされました。

新たに Hold Tx Freq というチェックが可能になり、より「パイルアップ」を意識したつくりとなったようです。

今回は、設定その他のパラメーターもすべて引き継がれました。ただ、後々のためにもバージョンアップ前に各設定のパラメーターを記録するかバックアップをとるかをしておいたほうがいいかと思います。

もう、各バンド、派手派手に FT8 の電波が飛び交っています。これも時代なのかな・・・?わが青春の RTTY は何処へって感じです。

コメント (4)