無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

VP8PJ 3日目 @札幌 【ログ稼働】

2020-02-26 07:32:15 | アマチュア無線

VP8PJ - LOG が稼働開始しました。

昨日までのところ、当地では、7MHz, 10MHz, 14MHz の信号を確認。

バンドニューの、3.5, 18, 21 はサッパリ(聞こえない)の状況です。

ショートパスはめったにないと踏んで、

とりあえず真北にビームを向け、

気配が出たら左右に振ってみて聞いています。

だいたいは 330度から360度(ヨーロッパ方向)からの入感のようです。

ただ、当地札幌では、本州と入感状況がかなりずれているみたいで、

ベストタイムが 30分~1時間早く、かつ短い感じです。

今は、

18095 いれっぱで、Wのパイルをみています。

コメント

VP8PJ 2日目 @札幌

2020-02-25 08:19:24 | アマチュア無線

(PHOTO BY HIGASHIYAMA ZOO)

 

VP8PJ 各バンド各モードにQRVしていますが、

とにかく、

聞こえません!

 

昨日、もしかしたらワンチャンスかもと思い、

30C を呼んでQSOしました。

レポートで見た限り、たっくさん電波が出ています。

80m CW/FT8、40m CW/FT8、30m CW、20m CW/SSB/FT8、17m CW/FT8、15m CW

他にも出ていそうです。

しかし、信号を確認できたのは、今のところ、30C のみです。

 

予定では3月6日まで。

予想されてはいたとはいえ、大苦戦です。

コメント

VP8PJ 1日目 @札幌

2020-02-24 07:41:58 | アマチュア無線

昨日、0014Z(日本時間9時過ぎ)に始まった VP8PJ 1日目の状況です。

久々の「南極圏」なので、勘もく狂っちゃてる感じなんですが、

ここまでのところ

  • QRVは 7,14 の CW のみのよう
  • 衛星リンクが確立できず、ログアップロードはまだ

と、地味なスタートですが、今朝7時前後の 14023 を聴いてみたところ

  • ロングパス 350度 319-QSB で入感
  • NA方向 入感せず、Wのパイルはそこそこ凄い
  • ショートパス 170度 入感せず

こんな感じでした。

ちなみに SN=0, A=9, K=1, SR=0620, SS=1715

ですです。

 

コメント

VP8PJ 7MHz QRV 開始!

2020-02-23 09:42:00 | アマチュア無線
先程、2月23日 0014Z に、カリブ海のトバゴから、
7005 にレポートが上がり、いよいよ、サウスオークニーのペディが始まったようです。

出先でクラスターワッチをしています。

夜、札幌に戻ったら本物ワッチ開始です。

釧路にて
コメント

近着QSL(紙)VP6R 30F,160C

2020-02-21 08:21:25 | アマチュア無線

既に LoTW にてコンファーム済。160m がバンドニューです。

2019年10月のペディでした。各局にも届いているようです。

 

件の VP8PJ は、どうやら上陸待ちのようで、既に現地が暗くなっていることを考えると、

QRVは明日の夕刻以降になりそうな感じもします。

 

ニュース待ちでごんす。

コメント

VP8PJ - は、はじまりそう、です

2020-02-21 06:56:13 | アマチュア無線

ガーミンのトラッキングによると、ブレーブハート号は、サウスオークニー諸島の「シグニー島(発音?)」の入り江に入っています。上陸作業、設営作業の真っ只中なのかと想像します。

日本時間の7時45分が日没とのデータですので、そろそろマジで出てきそうな予感です。

とりあえず当局は 14185 いれっぱで待機中です。

パイレートやらのレポートもちらほら上がり始めました。

間もなくです! あんぎゃああ。

 

【追記】DX World.net の Google翻訳を掲載します。どうやら上陸待ちのようです。

VP8PJ --- 2月20日@ 15:00 UTC –最初の調査の後、明日の風の変化を待っています。 氷の状況が大きく変わらない場合は、明日別の場所を試します。 現在、時々雪が降る寒いです。

コメント

VP8PJ - South Orkney 島目前

2020-02-20 07:32:36 | アマチュア無線

いよいよ島まで100Kmを切ってきました。

サウス・オークニーの日の出・日の入りは、

0749Z - 2245Z

なので、約15時間明るい時間帯が続くようです。

 

順調にいけば、日本時間、今夕には上陸、

いよいよ明日からQRVとなりそうです。

コメント (3)

VP8SGI - SOUTH GEORGIA ISLAND を振り返る

2020-02-19 09:05:45 | アマチュア無線

サウスオークニーに向かっているブレーブハート号は、島まであと約500Kmに近づいてきました。

明日には接近、上陸はボートだと思うのですが、おそらく設営に1日、

とすると、やはり日本時間の21日(金)からのQRVとなりそうです。

昨日の VP8STI に続き、VP8SGI の記事を振り返ってみます。

ちょっとしたロケの違いで、こうも入感状況が違うのか・・・ということを体験したペディでした。

 

【VP8SGI 関連記事へのリンク】

VP8SGI - South Gerogia を復習しておこう

各局GL!! VP8SGI がスタート!!

VP8SGI 1日目@札幌

ミッション多き日曜日でした

VP8SGI 2日目@札幌

VP8SGI 3日目・4日目@札幌

たぶんだが 遂にリーチと なりました

RTTY DXCC WANTED LIST = ノコリ10ナノダ

VP8SGI QRT (Feb-07-2016 1330UTC)

近着QSL(紙) VP8SGI

またまた痺れちゃたね~ VP8SGI Video

VP8SGIから始まった【デジタルオナーロールの記録です】

FT4JA~フアン・デ・ノヴァ島~QRV開始!

FT4JA RTTY デジタル・オナーロール達成

 

VP8SGI は、初日だけで、VP8STI のJAとの全交信数を超えたと記憶しています。

ちょっとした島の位置の違いとコンディションの違いは大きいです。

今回の、VP8PJ、あと2日余りで開幕です!!

各局 GL!!!

コメント

VP8STI - South Sandwich を振り返る

2020-02-18 07:41:03 | アマチュア無線

VP8PJ Team は順調に航海を続けているようです。

とはいえ、極圏へのペディでは何が起こるかわかりません。

記憶生々しい、2016年1月の VP8STI のペディを当ブログ記事で振り返ってみます。

サンスポットがそこそこあった時期でもこれですか!! って感じです。

【VP8STI 関連記事へのリンク】

VP8 team のロケーションに祈りを捧げる

VP8STI South Sandwich はどっちゃにしろ極跨ぎ

VP8STI 本日午後にもQRV開始か

VP8STI ドタバタ喜劇の様相

たぶんだが 千人以上が リグの前

VP8STI 1日目 入感状況@札幌

VP8STI 2日目 @札幌

VP8STI 3日目@札幌

VP8STI 4日目@札幌

昨日1番多かった 検索キーワードは vp8sti聞こえない でした

今日の VP8STI のクラスタ・レポートを分析してみました

VP8STI 5日目@札幌

VP8STI 6日目@札幌

VP8STI 7日目@札幌

VP8STI 撤収していなかった!!@8日目

無線界のタローとジロー

DXing 小休止、VP8STI、K5P お疲れ様でした。

BRAVEHEART号に拍手~! パチパチパチパチ!

近着QSL (LoTW ) VP8STI and VP8SGI

近着QSL(紙) VP8STI

しびれっちゃうね~!! VP8STI Video

去年の今日 VP8STI QRV 死闘の幕開け

このような厳しい状況でもJAから200局以上が VP8STI にログインされました。

今回のサウスオークニーは伝搬的に少し(ほんの少し)「まし」だと思われるのと、

2016年にはなかった FT8 がありますので、アジア、日本にもそれなりに入感してくるのはないかと思います。

いよいよ週末に向けて心と体の準備が必要です。

コメント

ブレーブハード、サウスオークニーまで1200Kmくらい

2020-02-17 07:38:36 | アマチュア無線

ブレーブハードがいよいよ外洋に出てきました。

定規をあてて測ってみるとかの島まであと1200Kmくらい、

時速20Kmだと60時間≒2.5日くらいで到着してしまいそうです。

この先、天候だとかなんだとかの影響は出てきそうです。

 

当局(札幌)からは、

ショートパス 170度方向・18000Km

ロングパス 350度方向・22000Km

伝搬的にはロングパスが圧倒的に有利ですが、

札幌自体が高緯度にあるので、

お殿様ご乱心~みたいな電波が入感しそうです。

 

【2011年のペディションの映像です】VP8ORK South Orkney Islands DXpedition 

コメント