りんたろうのきときと日記

美味しいものと好きな事、楽しい事、時々ネコ

メガマック♪

2007年01月31日 21時06分45秒 | 食べ歩き♪
☆いつか食べてみたい、食べてみたいと思っていたのにいつも完売・・・
今日稽古後マックの前を通ったら、もうみんな食べ飽きたのか完売の張り紙が張られておらず購入する事ができました(^-^)♪
もちろんマヨネーズソース&ピクルス抜き♪
このまま食べても味ないです(^-^;
家帰ってケチャップかけて食べました☆
ちなみにこれ1個で754キロカロリー、チャーハン1杯分、または野球のピッチャーが1試合に消費する量と同じだそうです。
すげ~(>_<)
さすがに食べ応えありますが、1回食べれば満足。
この値段ならモスの方が美味しいかな(^-^;
コメント (7)   トラックバック (1)

絶品!サクサクなクロワッサン♪

2007年01月31日 02時07分55秒 | 食べ歩き♪
☆Mini Oneの「ミニクロワッサン&ミニクロワッサンチョコ」
アメ横での買い物帰りMini Oneでクロワッサンを購入♪
ここは食べやすいミニサイズのクロワッサンをグラム売りしてくれます。
香ばしい香りとバターの効いた生地はサクサク(>_<)☆
持ち帰るのに時間がかかり冷めてしまったのに、めちゃくちゃ旨いです(>_<)!
今まで食べたクロワッサンの中では1番旨いかも(^-^)☆
「ミニクロワッサンチョコ」の方もサクサク(>_<)!
チョコの味濃いです♪
中にはビターな板チョコが☆
旨いです(>_<)☆


こちらはサクサクなクロワッサンの上にい甘酸っぱいいちごジャムが☆
美味しい~♪
季節ごとに上にのるものが違うそうです。


☆「窯からチーズケーキ」
小さくてカワイイ、5cmほどのチーズケーキ♪
やわらか濃厚旨いです(>_<)


☆「五穀っち」
名前がカワイイ(^-^;(笑)
生地はもちもち☆
5種類の豆が入っています☆
旨かった~(>_<)♪
コメント (7)

アメ横♪

2007年01月30日 23時44分17秒 | お出かけ♪
☆今日は1日オフだったので舞台で使う小道具(指輪)を探しにアメ横に行く。
さすがアメ横、平日なのに人いっぱい(>_<)
果たして指輪あるのだろうか・・・アメ横や御徒町のいろいろなお店を堪能しつつ、アクセサリーのお店発見。
ありました!!!!

探していたのはこんなシンプルなリング(>_<)♪
15号がぴったりだったのですが、微妙~に締めつけ感があったため、少し大き目17号を購入☆
値段も手ごろ1500円(>_<)☆
僕みたいな貧乏人は小道具にあまりお金かけられません・・・(T-T)
やった~☆

☆数年前からDOMOやホットペッパーなどの無料雑誌が増えてますね。
すごく重宝して助かるのですが(^-^)☆
最近はついにコミック雑誌まで(驚)

まぁ、正直連載作家や内容はいまいちなんですが、そこは無料雑誌、贅沢というものです(^-^;
でも僕の好きな「セブンブリッジ」「凱羅(がいら)」などの板橋しゅうほうが連載していたのにはビックリ(^-^;


コメント (8)

世界の山ちゃんの手羽先♪

2007年01月30日 01時25分58秒 | 食べ歩き♪
☆世界の山ちゃん「幻の手羽先」
稽古後、東村山倉庫での同じ俳協のプロジェクトH若芽会公演のタタキのお手伝いに(ほとんど役にたちませんでしたが・・・(^-^;))
タタキ終了後、若芽会の方たちとコ1時間ほど飲み、その足で僕の師匠である杉山佳寿子さん(カコさん)のワークショップのちょっと遅めの新年会に。
もともと遅れての参加予定だったのですが、西武新宿線人身事故のため電車大幅に遅れ到着したのは9時過ぎ(>_<)
久々に会うメンバーもいて懐かしい(>_<)☆

会場は歌舞伎町にある「世界の山ちゃん」へ。

ここは名古屋名物幻の手羽先が有名♪
コショウ効き過ぎ辛いです(>_<)
味が濃いのは僕の好みなんですが、ちょっと辛すぎるかな(^-^;
名古屋の手羽先ってこんな感じなんでしょうか?
イメージ的には甘辛って感じだったんですが。
これは好き嫌いわかれるでしょうね。
あぁ、白米欲しい(>_<)
コメント (6)   トラックバック (1)

鬼太郎茶屋行ってきました♪

2007年01月29日 01時18分54秒 | お出かけ♪
☆吉祥寺からバスで20分ほど。
僕の通っていた高校の近くを通りながら到着~☆
周りには都立神代植物公園などがあり、都会の喧騒を離れた静かな場所にあります。
深大寺に来るのは十数年ぶり(^-^)
お土産屋さんやお蕎麦屋さんが並ぶ深大寺の入り口すぐのところに鬼太郎茶屋が(^-^)☆

空いていると思ったら人、人、人で混んでました(^-^;
意外にも若い人が多いのにはびっくり。
カップル多かったなぁ(^-^;

屋根には巨大なリモコン下駄が!
妖怪好き(鬼太郎好き)の僕とマリー大興奮(笑)☆

反対側の屋根にも妖怪が(>_<)!

木の上には鬼太郎ハウス(笑)
カワイイ(>_<)☆

入り口では鬼太郎がお出迎え♪

ねずみ男も♪
1階はお土産コーナー&甘味などが食べられ、2階は小さなギャラリーとなっています。

妖怪ポスト(^0^)♪
2階のギャラリーにあがる時ここに100円入れます。
展示物は以前行った「大(Oh!)水木しげる展」の時に見たものでした。

壁にはたくさんの妖怪フィギュアが埋め込まれています☆
欲しい(>_<)♪

外には鬼太郎の仲間たちが(^-^)

ぬりかべ&座敷童(?)

ぬらりひょん☆

古代の石臼(左に回すと過去へ、右に回すと現在へ戻る時間旅行機)☆

一反もめんタオルも売ってました。
欲しい(>_<)☆
ここでは鬼太郎茶屋というだけあって、塗り壁みそおでん・一反もめんさしみこんにゃく・妖怪抹茶セット・じゃころっけ・などなど妖怪にちなんだメニューが食べられます。
今日はそれほど寒くなかったので、外にあるオープン茶屋(カフェ)にて。
僕らは「目玉おやじの栗ぜんざい」を注文♪

甘さ控えめな小豆の中には柔らかい紅白の白玉が♪
スプーンの上には目玉のおやじを模った求肥☆
箸休めの塩昆布。
温かいお茶と良く合います♪

鬼太郎茶屋を堪能した後は、お参り&他のお土産屋さんめぐり。

おみくじ引きました♪
吉!中途半端(>_<)
忘れていたのが深大寺といえばお蕎麦が有名ですね。
お蕎麦屋さんたくさんありました☆
でも昼食べ過ぎでお腹いっぱい(>_<)
食べられませんでした(>_<)

お土産☆
妖怪珈琲(コーヒーミルク入り)と猫娘汁(りんごはちみつ)
気のせいか他で買うより値段安いような・・・(^-^;

棒つき目玉おやじキャンディ☆
グロい・・・(笑)
深大寺、以前行った時よりも楽しめました(^-^)
次回はぜひお蕎麦食べたいです(>_<)☆
コメント (7)

食べ放題メキシコ料理ランチ(´Д`)

2007年01月28日 21時09分03秒 | 食べ歩き♪
☆メキシコ料理entrance mondoのランチバイキング
「鬼太郎茶屋」があるというので、同じ妖怪好きのマリーと一緒に深大寺へ行く。
深大寺に行くにはバスに乗らなければならないので途中吉祥寺で腹ごしらえ☆
メキシコ料理のランチバイキングを食べる事に♪

ランチバイキングは980円☆
チリコンカン、タコス、タコライス、チョリソソーセージ、白身魚フライ、ポテト、ハンバーグ、チキンソテー、ナチョスなどなど。
味は可もなく不可もなく・・・
イカは半生(T-T)
タコスはソフトタイプなんですが、柔らか過ぎて食べにくい(>_<)
メキシコ料理なのに1番美味しかったのがカレーだったというのはいかがなものか・・・(^-^;

デザートはババロア、レアチーズ、オレンジシャーベットの3種類。

ビュッフェがもろ入り口にあり通路がめちゃくちゃ狭い(>_<)
冷めないようにするヒーターが料理の真上にあるので隙間が30センチほどしかなく取りにくいうえに火傷します(>_<)子供が「熱い!熱い!」って言ってました。
厨房が丸見えなんですが、料理人うるさいうるさい。
従業員を注意する声が店内に響きまくり。
もう行かない(´Д`)

ランチ後バスに乗り深大寺へと向かう♪
コメント (7)

「どろろ」観てきました♪

2007年01月28日 00時51分19秒 | 映画
☆「どろろ」
監督:塩田明彦
主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一


手塚治虫原作の「どろろ」実写映画版。
以前も「どろろ」について書きましたが、僕は手塚作品の中で「どろろ」が一番好きです(^-^)♪
初めて読んだのは小学校1年の時。
主人公の体の部位がなく、しかも両腕に刀を仕込んでいるなんて!?(まぁ、コブラは左手にサイコガン仕込んでますが・・・)、魔物を退治するごとに自分の体が戻り、男の子だと思っていたどろろは女の子だったし、しかも未完だったし、幼かった僕にはすごく新鮮で衝撃的でした(>_<)
ですのですごく想い入れがあるので「どろろ」の映画化が決まりキャスティングを見た時は少々不安でした・・・
さて、実際観た感想はというと、妻夫木百鬼丸これはこれでアリかなと(^-^;
観ているうちにそんなに違和感を感じなくなりましたし。
殺陣も迫力ありましたし、カッイコいいし(^-^)
ただ難をいえば、少し優しい過ぎるというか、ワイルドさが少し欠けてるというか(^-^;
一番心配だった柴咲どろろ。
やっぱり柴咲コウは上手い女優さんですね(^-^)
すごく良い「眼」をしてますよね、「眼力」。
僕は柴咲コウの「眼」好きです♪
元気なわんぱく坊主で、心には悲しみを抱えているどろろを見事に演じていました☆
結構笑えるシーンなんかもあったり、ラストはちょっと涙(^-^)
ただ、やっぱり僕は原作のどろろのイメージが強くて、どうしても成人女性に見えてしまい少年(少女)と思えなかったり(^-^;
多分原作知らなかったらすんなり入り込めたんでしょうね。

原作の百鬼丸&どろろ☆
あっ、寿海役の原田芳雄はず~っと昔に放送されたアニメ版でも寿海の声あててたんですね、驚き!
僕の大好きな土屋アンナも出演していますが、今回はいまいち(>_<)
劇団ひとり、良かったなぁ(^-^)☆
前半のテンポの良さから一転し、後半はちょっとダレダレ(>_<)
VFXもCG丸わかりで違和感ありまくり。
特に魔物はちょっと・・・(>_<)
20億円の制作費はいったい何に使ったのでしょう(>_<)?
残念です(>_<)
後半[ばんもん](国を南北に分けていた板塀)が登場するのですが、あんまり重要視されてはいません。
ここで九尾の狐が出ることを期待したのですが(^-^;

少し評価が低くなってしまいましたが、コミックの実写映画化作品の中ではよくできた方だと思います。
「CASSHERN」や「デビルマン」「忍者ハットリくん」「赤影」なんかは作品に愛をまったく感じない酷い作品でしたし(>_<)
そういった点では「どろろ」は[愛]を感じたなぁ(^-^;
やっぱり人気コミックの映画化はファンの想い入れがハンパじゃないので、ちょっとやそっとのものじゃ納得しないだろうし、難しいですね(^-^;
そもそも「どろろ」は1967年マガジンで連載された水木しげるの「げげげの鬼太郎」に対抗してサンデーで連載が開始されたという話があるそうですね。
「鬼太郎」がなかったら「どろろ」は誕生しなかったかも(^-^;
原作ぜひ読んで見てください☆
以前発売されたPS2ソフト「どろろ」は原作のイメージ通りでめちゃくちゃカッコイイです(>_<)
土曜日だったせいか親子連れや子供の多さにはびっくり(^-^;
妖怪ものだからかな(^-^)?
子供が観ると怖いかも☆
でも後半は子供は飽きるかも(^-^;

主題歌Mr.Childrenの「フェイク」、なんか妙に合っていてよかったなぁ♪
最近手塚治虫作品「鉄の旋律」が週刊少年チャンピオンで米原秀幸による「ダイモンズ(Dämons)」(主人公の復習、鉄の義手など以外は基本的にオリジナルなんですが(^-^;))や、「鉄腕アトム」のエピソード「地上最大のロボット」を浦沢直樹による「PLUTO」などがリメイクされていますね。
米原秀幸も浦沢直樹も僕にとっては大好きな漫画家さんなのでうれしいかぎりなのですが(^-^)☆
コメント (15)   トラックバック (50)

和風創作スイーツ「モチクリーム」♪

2007年01月27日 20時02分37秒 | 食べ歩き♪
☆MOCHI GREAM(モチクリーム)のスイートプラム(右下)、バレンタインナッツ(右上)、クリームバナーヌ(左下)、キャラメルプリン(左上)
軟らかいお餅の中にはフルーツなどを練りこんだフレーバー餡と生クリームが包まれています☆
これが意外と合うんです(^-^)♪
スイートプラムは甘酸っぱいプラム餡に生クリームの甘さがよく合いさっぱり系。
バレンタインナッツはチョコレート餡の中に細かく砕かれたナッツの歯ごたえが
いい☆
クリームバナーヌはハズレの少ないバナナ系♪やっぱり買ってしまいました(^-^;
キャラメルプリンはどんな餡が入っているんだろう?っと思ったら餡ではなくプリンが入っていてちょっとびっくり(^-^;プリンとお餅、合うんですね(^-^)
他にも「クリーム宇治金時」「クリームショコラ」「ロイヤルミルクティ」「モンブラン」「クリームチーズ」「ずんだ豆」「黒ごま」「黒豆きなこ」「ブルーベリー」「クリームマンゴー」「パッションオレンジ」「カフェオレ」「桃」などなど、全部で24種類。
どれも食べてみたくて選ぶのに迷います(>_<)
冷え冷えで食べるのがオススメだそうです♪
甘さ控えめ、気づくと何個も食べてしまいそうで危険(^-^;
旨いです(^-^)☆
コメント (4)

DVD「トランスアメリカ」観ました♪

2007年01月27日 06時37分35秒 | 映画(DVD)
☆「トランスアメリカ」
監督:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン


性同一性障害(トランスセクシュアル)に悩む父親と愛を知らずに育った息子が、アメリカ大陸横断の旅に出るハートフル・ロードムービー。
主人公ブリーを演じるのはフェリシティ・ハフマンは、この役でアカデミー主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞主演女優賞を獲得。
性転換手術を控えた男性、性同一性障害に悩む男性を女優さんが演じる・・・こんな難しい役をすごくリアルに違和感なく演じています、見事です(>_<)☆
その容姿や心はどう見ても男性、すごい!
ブリーが男であるとトビーが気づくシーンは結構衝撃的(^-^;
その息子トビーを演じるのは「ドーン・オブ・ザ・デッド」のケヴィン・ゼガーズ。
幼い頃から継父から性的虐待を受けドラッグや売春に手を染める複雑な役どころを、こちらも見事に演じております(^-^)☆

他の出演者の演技もリアル、内容もリアル☆
リアリズム演技大好きです(^-^)☆
これといって大事件が起こるわけでもないのですが、それぞれが抱える葛藤や悩み、ぎこちない親子の関係、愛なんかがちゃんと伝わってくるんですよね(^-^)

ブリーの父親役には「ロッキー」シリーズ(ポーリー役)のバート・ヤングが。
ちょっとうれしい(^-^)

ラストは「えっ、もう終わり!?ここで終わるの!?」という感じ(^-^;
あの親子はその後どうなっていくのでしょう(^-^)?
コメント (4)

「墨攻」試写会観てきました♪

2007年01月26日 02時00分28秒 | 映画
☆「墨攻」
監督:ジェィコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン、ウー・マ

1992年から1996年にかけて「ビッグコミック」で連載された森秀樹の「墨攻」を日韓中合作で映画化。
「墨攻」「ムカデ戦旗」など森秀樹の作品好きです♪
主人公革離を演じるのは「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。
革離と対峙する趙軍の巷淹中を演じるのは韓国から「シルミド」のアン・ソンギ。
女剣士・逸悦役には中国の女優ファン・ビンビン、綺麗な方です♪

劇中に登場する「墨家」は中国で実在に存在した集団だそうです。
この集団は、春秋時代末の紀元前5世紀に思想家・墨子によって創始され、紀元前3世紀、始皇帝の中国統一によって戦国時代が終わると忽然として消える。
儒家と並ぶ勢力を誇りながら、歴史の闇に葬られた「墨家」。
戦乱の世に「非攻」を掲げ、平和を目指して戦い続けた彼らは決して自ら攻撃を仕掛けることはなく、しかし守るためには戦闘のプロとなる。
っと、まぁ、民明書房のうんちくみたいですが(笑)本当に実在したらしいです(^-^)

モンゴルの広大な大地で撮影された趙軍との戦闘シーンは迫力あります(^-^)☆
でもCGも使ってましたよね(^-^;?
そこのシーンだけちょっと違和感が・・・(使ってなかったらごめんなさい、最近はどこまでがCGなんだかわからなくて(^-^;)
やっぱりこれだけ迫力ある戦闘シーンは大画面で観たいですね。
でも上映時間132分は少し長いかも(^-^;
もう少しコンパクトにまとめられる気もしますが。
内容も可もなく不可もなくという感じで、何故か最後の決戦の1カットだけストップモーション???
してその意図は???
ラストはなんともいえず後味が悪かったです(>_<)
コメント (3)   トラックバック (17)

恐怖!白昼ポストに浮かぶ・・・

2007年01月25日 16時21分37秒 | お出かけ♪
☆近所にあるごく普通のポストに何か白いものが。
近づいてみると・・・

顔が!?しかも三つ子!?
落書きかよ(>_<)(笑)
コメント (5)

DVD「日本以外全部沈没」観ました(´Д`)

2007年01月25日 02時41分03秒 | 映画(DVD)
☆「日本以外全部沈没」
監督:河崎実
出演:小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、藤岡弘、村野武範、土肥美緒、松尾貴史、デーブ・スペクター、筒井康隆、黒田アーサー


筒井康隆原作、小松左京公認いわずと知れた「日本沈没」のパロディ(笑)
かなりブラックに満ちていて、決して万人受けする作品ではないかも(^-^;
観る人選びますね。
本家「日本沈没」に比べるとVFXも内容もかなりチープ(それが狙いなんでしょうけど(^-^;)
稲川素子事務所&コアなモノマネ芸人大集合の安っぽいVシネという感じですね(^-^;
内容はないです(笑)
まぁ、監督は「いかレスラー」や「コアラ課長」の河崎実ですし(^-^;
正直期待していたのですがハズレ(´Д`)

ラストの柏原収史が本家の草剛に激似だと思ったのは僕だけかな(^-^;(笑)
コメント (4)   トラックバック (2)

DVD「日本沈没」観ました(´Д`)

2007年01月24日 23時07分48秒 | 映画(DVD)
☆「日本沈没」
監督:樋口真嗣
出演:草剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二、六平直政、手塚とおる、大倉孝二、花原照子、和久井映見、長山藍子、遠藤憲一、村杉蝉之介、加藤武、北村和夫、矢島健一


小松左京原作、1973年に映画化された「日本沈没」のリメイク。
33年の歳月はCG技術の進歩によりVFXは確実に迫力を増しています☆
ただ内容の方はというと・・・
何故かストーリーに入り込めない(>_<)
幼い頃観たオリジナルはすごく怖かった記憶があるのですが。
緊迫感のあるシーンなのに柴咲コウ演じる玲子の家族たち「もんじゃ焼きのひょっとこ」の人々が出てくるたびに僕の心はどんどん離れていく。
演技がオーバーというか、わざとらしいというか(>_<)
この人たちが要所要所で登場するものだからブチブチ途切れてしまって。
135分がすごく長く感じてしまいました(>_<)

柴咲コウの演技はよかったなぁ(^-^)☆
ちょっとウルっときてしまいました(^-^;
今週末から「どろろ」が公開されますね。
楽しみです♪

やっぱりこういった作品を観ると阪神大震災を思い出します。
すごくショックな出来事でした。
東京では僕が小学校の頃から毎年毎年地震が起こるといわれてます。
まぁ、いつ起こっても不思議はないのですが(^-^;
できる事なら起こらない事に越したことはないのですが・・・
コメント (3)   トラックバック (1)

池袋えるびすの「純丸鳥塩味らーめん」(´Д`)

2007年01月24日 02時01分09秒 | 食べ歩き♪
☆えるびすの「純丸鳥塩味」
以前「ここのらーめんは美味しい」と聞き、買い物で池袋に行ったついでに食べてきました。
スープはよく言えば繊細で塩分控えめ健康志向のスープ。
僕の好みで言えばスープ薄くて味ないッス(´Д`)
まぁ、人の好みはさまざまです。
上にのっているお肉が美味しいかっただけに残念(>_<)
コメント (7)

アマンドの「クレームブリュレ」♪

2007年01月23日 00時23分59秒 | 食べ歩き♪
☆アマンドの「クレームブリュレ」
ほろ苦くパリパリのカラメルを割ると中からとろ~りクリームが(>_<)♪
美味しい~☆
「クレームブリュレ」を食べると大好きな映画「アメリ」を思い出す(^-^)♪


☆同じくアマンドの「六本木いもあらい坂すぃーとぽてと」

少し固めなスイートポテト☆
食べ応えあって旨いです(^-^)♪


☆同じくアマンドの「リングシュークリー&チョコレートシュークリーム」

う~ん、こちらは両方ともシュー生地はパサパサ、クリームも少し安っぽい・・・
なんか昔スーパーなんかで売っていたジュークリームみたいで1口でもういいかな(^-^;
シュークリームでシューが美味しくないのは致命的、ハズレ(>_<)


☆朝稽古前にマックでマックグリドルを買い、休憩時間に食べる・・・あ、甘い・・・(>_<)
メープルシロップたっぷりしみ込んだパンに何故ソーセージや目玉焼き、チーズを挟むのか(>_<)?
これは味覚おかしくなりそう・・・
コメント (5)