吉田智子(片平智子)半身麻痺でも日々を楽しんで前進しているブログ

脳血管障害の後遺症で左半身麻痺になって6年経ち本当に好きな事リライトカラーの講座を全国で開催しながら、日々を楽しむブログ

コンパスのパイオニアミーティング

2006-10-30 09:34:54 | 気づき・感謝・感動

昨日&今日、コンパスのパイオニア達(沖縄・東京)が集まって、東京の南青山店で会議を行いました。2006年の終わりに、そして2007年の準備のミーティングです。

進行役が私だという事もあって、会議の内容はいかに仕事を楽しみ、誇りを持つかが中心になっていきます。
今回は、今後の目標について会議しました
決めた目標に対して、自分が楽しめるか?が、大きなポイントになり、「脳」が「体」が「心」が楽しめるために、色んな種類の筋肉運動?をしたりしながら行っていく、奇妙な面白い会議です。

今回は、今までになく具体的な内容も順調?に決まって、全員来年が楽しみになる会議でした
コメント

フェイシャルリフレクソロジー&分子整合栄養学症例~CHISEIさん

2006-10-23 02:06:05 | 気づき・感謝・感動

久しぶりにCHISEIさん(71歳名護市在住)の登場です。
私のブログをご覧になった方が「あれからCHISEIさんはどんな状況ですか?」と聞いて下さるので、今日は今年の5月に初めて来店されたCHISEIさんの状況を久しぶりに報告します。(ここからこのブログをご覧になった方は、5月のブログを開いてみてください!)

写真を見てくださいCHISEIさん、こんなに腕が上がるようになったのですよ
CHISEIさんが、右の脳梗塞を起こしたのが今年の3月。左半身が麻痺し動かない状態でした。
いつも一緒にいて励ましてきた奥さんのお話だと、今年5月コンパスに初めて来店した頃は、ヒドイ毎日だったとしみじみおっしゃっていました。CHISEIさんの痛そうな顔を毎日見るたび家族全員が居たたまれない気分だったそうです。

痛いから眠れない~夜寝ても1時間2時間で目を覚ましたり、全然寝付けなかったり~気分を紛らわしてあげたいので夜中でもドライブに連れていって家族も同じように寝れない日々~だから常に昼間はイライラしていて~CHISEIさんから発する言葉は常にネガティヴな内容・・・・家中が暗く重たい空気に包まれていたようです。

5月からずっと、CHISEIさんは月に2回くらいフェイシャルリフレクソロジーのトリートメントを受けにきて下さっています。今ちょうど6ヶ月くらいなります。
トリートメントで少し状態が良くなられたことをキッカケに、デイリーケアは、分子整合栄養学を積極的に取り入れていただきました。
人間の体は本当に凄いですね脳は他の経路にバイパスを作って、マヒした体をもう一度動かす事ができるのです。それには単純に考えても栄養は必要で、体にバイパスを作る材料を備えなくてはなりません。CHISEIさんの回復にはリハビリの先生達も驚いていらっしゃるようです。いくらリハビリしても、作り変える材料が体になかったらうまくバイパスも作れないかもと思いませんか?特に高齢者の場合
でも何よりCHISEIさん自身が「元の体に戻る!」という固い信念を持って、さまざまな努力をしてきた事が、全ての結果を出しているのです

トリートメントにいらしたある日(多分7月くらいだったか?)、CHISEIさんの運転手になっていた次女のいーちーさんが、その日は時間の余裕があったのか?ご自分のトリートメントを受けられました。その頃いーちーさんは父親のために、長期仕事も休暇を取り、常にCHISEIさん中心の生活をされていたのです。そのいーちーさんがトリートメントを終えて出てくると、その顔を見たCHISEIさんが「いーちーキレイになったさぁ~」と、急に号泣されたのです。私はCHISEIの体は本当に回復されてきているんだな~とつくづく感じました。
体がとても病んでいる時の人の心は決して余裕がなく、自分優先、自分の事しか考えられないものです。いつも運転をしてくれる我が子にリラックスして欲しい、活き活きしていて欲しいと思う気持ちがそこに表現されていて、親(人)本来の子(相手)を想う温かい気持ちが、私の心に深く染みわたった出来事でした
健康でいようとまたまた強く決意した時でした。

昨日トリートメントにいらしていて、「昨日は1時間草刈をした」と自慢気に言っていたCHISEIさん無理は禁物なので心配なのですが、腕が上がるようになり痛みもなくなり、指も動かせ物をつかめるようになり、車の運転までできるようになった現在のCHISEIさんに、たくさんの事を学ばされます。
「病気になる前から決して笑顔を表現しなかった主人が、病気のお陰で、今は良く笑顔を見せてくれるようになったので、それが何より嬉しいです」とおっしゃっていた奥さんの言葉にとても重みを感じました
コメント

糖質の問題

2006-10-20 00:22:34 | 気づき・感謝・感動
今日は沖縄で、分子栄養学のカウンセリングを18人の方が受け、私は1日サポートにつかせてもらい、またまたたくさんの気付きと知識の収穫がありました

ほとんどの方がタンパク質、ビタミンB群、ミネラルの不足で、それらが体内に不足しているために起きている症状ばかりでした。
栄養素をいくら摂ったとしても、吸収されるか?どうかは別で、それがまず課題になります。
逆に糖質(ご飯、麺、パン、果物、お菓子など)はとても吸収しやすく、手っ取り早く糖質でエネルギーを作ろうとしている人がとにかく多く、そうすると体は、もっとたんぱく質やミネラルを吸収できなくなってしまうという悪循環が起こっているのです

自分がこのくらい大丈夫と思っている糖質でも、自分の筋肉量が少なかったり、胃の状態が良くなかったりで、インスリンが過剰に分泌して、すぐ糖を脂肪に変え貯えている状況の人もたくさんいました。
糖の摂取は、本当に気をつけなくてはならない事を痛感した1日でした
私もそうでしたが、糖というと砂糖というイメージで、炭水化物(ごはん・パン・麺)や果物は頭にない方も少なくありません
糖はすぐに脳のエネルギーになるものなので、脳が疲れたり、体に栄養が入らないとすぐに甘いものを食べたくなるようです。
しかし、その糖をエネルギー変えるには、その量に見合ったビタミンB群が必要になってきます。そのビタミンB群を糖のエネルギーサイクルに入れてエネルギーに変換していくのです
しかし、ビタミンB群は体の機能に使われることが多く、いつも足りない状態になっているビタミンの一つで、なかなか糖をエネルギーに変換するほどの量は確保できません。それが原因で(VBが足りないために)体に色々な不定愁訴が起こっています。

肩こり、倦怠感、眼精疲労、不眠、過敏症、皮膚トラブル、欝、便秘、ウエストサイズUP、イライラなどなど、その症状は数えきれません。

ビタミンBが体内で働くには、コンプレックス(複合体B1~B12)で摂取することが条件ですので、もちろん食事だけで十分に摂取することは難しいです。
以前はサプリメントに抵抗感があった(薬と変わらない、自然ではない感じがした)私も、現代は体をサプリメントで補っていかないと健康な体つくりに間に合わないこともよく理解しました。

私自身、甘いものは得意ではなく、少しで十分でしたが、その少しに対してのセーブを心がけなくてはと、今日は胸にしみました

甘いものは体に良くない!と思っている方は多いと思いますが、マジで見直さなくてはならないことのようです
コメント

幸せは自分の内にある~Wellness Within

2006-10-16 13:40:35 | 気づき・感謝・感動

私はコンパスのディレクションの役割です。
私がコンパスをディレクションしていく時の一番根底にあるものは「人の幸せ(健康&美しさ)は、その人自身の内にある」ということです。

今学んでいるキネシオロジーもその事がベースに作られています。
そして、コンパスで長年行っているマインドカラーセミナーも、まさしくそのものですし、分子栄養学もそれを引き出してくれる学問です。
全て、その根底につながったものでコンパスは作られています。
要するに「自分自身は素晴らしい存在」ということです

自然療法の考え方が、単に自然のものを使い、自然な方法であればいいということではなく、「自然=人間本来の力」という解釈のもとで、その力を引き出すことに役立っていないと自然の意味がありません。

しかし、頭でわかってもなかなか、わかったつもりでいたと気づく事が日常に多く、「相手の幸せは相手の内にしかない!」「私の幸せは私の中にしかない!」をちゃんと身につけた後、コンパスが望んでいるハイクオリティのセラピーが完成していくのだと思います。

「パウロコエーリヨ著/アルケミスト」も最後感動的な内容でしたが
全ての事を叶える魔法の呪文は、どの人も自分自身の中に既に持っていたのです
そな事をを11月のマインドカラーフォロー3(TOKYO)で、お伝えしたい事がたくさんあります。受講生の方はぜひ参加されてください。一緒にシェアーしましょう~
そして、来年から、コンパスで、この魔法の杖を自分で気づいていくワークを行っていきますね
今から楽しみでワクワクです
コメント

歌は呼吸法~マインドカラー

2006-10-10 10:53:34 | 気づき・感謝・感動

土曜日はマインドカラーフォローアップ2「呼吸」のセミナーを行いました。

無意識に呼吸を体感するには、歌が最適です。
通常のカラオケで好きな歌を楽しんで、上手に歌うという感覚ではなくて、呼吸をするという感覚で歌を使います。

私自身体調を崩した時、例えば頭痛、胃痛などの痛みがあった場合でも、さまざまな素晴らしいマッサージをするより、マインドカラーの歌を連続して歌うとウソみたいに痛みがなくなっています
それは、おまじない的なものではなくて、呼吸法によるエネルギー調整が行われたからだと理解しています
自己ケアとして、本当に素晴らしいアイテムです。
歌の苦手な人、得意な人に関わらず、呼吸をするという感覚で、歌を使ってみる事も大変面白いですよ~♪

下記の文章は、今回のフォローアップセミナーを受けられた方がくださったメールです。読んでいてこちらまで楽しくなってきたので載せさせていただきました。

「先日はカラオケで楽しいひと時を過ごすことができました(*^_^*)
 あのあと、どんな歌がDOWNにあてはまるのかな~といろいろ思い出してみまし た。
 ふるい歌しかしらないのですが、とりあえず、書いてみます。あってるか教えてください。
 青い三角定規の「君は、何を今みつめているの~」ので出しの歌
 チューリップ 心の旅
 原田知代  時をかける少女
 オフコース小田和正  さびが、「うれしくてうれしくて言葉にできない」その
 他、彼の歌はダウンぽいかな?
 薬師丸ひろこ 題が?
 大田浩美 木綿のハンカチーフ
 ラピュタのエンデイングの 君をのせて
 サイモンとガーファンクルのスカボロフェア
 イルカのなごり雪はBOTTOMかな~さびはDOWNぽい
 今のところこのくらいです。
 昔のフォークソングやアイドルにダウン多めかも。
 歌だと自然に呼吸できていいですね(^^♪
 それでは、フォロー3も楽しみにしています。」

私も久しぶりに思いっきり資質の歌を歌って、自分の呼吸をあらためて体感したいです~~~

コメント