先端技術とその周辺

ITなどの先端技術サーベイとそれを支える諸問題について思う事をつづっています。

国産各社のEV 車、大丈夫?

2022年12月02日 18時44分16秒 | 日記

中國でTesla、BYD のEV 車の売り上げが不況の予測の中でも好調だという。 さらに携帯大手のシャオミーまでもEVに参入するという。 電気自動車は、エンジン車に比べ、部品点数が大幅に少なく、異分野からの参入もしやすい。 そんな中で、日本の自動車メーカのEV着手が遅れている。 日産が10年以上前からLeafでEV車提供をしているが、軌道に乗っているとは言えない。 トヨタは、形だけの参入で、日本の自動車メーカーはEV取り組みに臆病になっているのではと思われる。 それで、BYD、Tesla ,日産のEV車比較をみてみた。 機能やデザインでは大差ないが、 やはり、まず価格面で競争力がない。 中型セダンクラスで比較すると、BYDやTesraは補助金を考慮すれば300万円後半で買えるのに、日産のは400万円後半。 日本の自動車メーカー、EV提供に真剣になってもらいたいものだ!

 

BYDのATT3の概要

全長4455mm、全幅1875mm、全高1615mm、モーター出力150Kw、航続距離 485Km、電池容量 58.56Kwh、最大トルク310Nm、重量1750Kg、推定価格約420万円~(シンガポールやオーストラリアの販売価格から推定)、国の補助金対象車(中國者としては初めての車種) 

 

TeslaのModel 3の概要

全長4694mm、全幅1849mm、全高1443mm、モーター出力208Kw、航続距離 689Km、電池容量 60Kwh、最大トルク353Nm、重量1760Kg、価格約430万円~、国の補助金対象車

日産の」Aria の概要

日産アリアB6は全長4595×全幅1850×全高1655mm、バッテリー容量66kWh、航続距離470kmで車両重量1920kg 価格 5,390,000円~、国の補助金対象車

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界的なリセッションは始まっている!

2022年11月18日 06時31分02秒 | 日記

世界的な不景気(リセッション)が始まるだろうという論議がされている。

欧州では、以下の2つの理由で、リセッションが懸念されている。①ロシアによる輸出政策で、エネルギー不足が起きている。②ロシアのウクライナ侵攻で欧州の食糧庫であるウクライナからの食料輸入が出来なくなっている。

中國でも、幾つかの理由で、経済活動の低下が言われ始めた。①不動産バブルの終焉、②高齢化の進展で安価で優れた労働力が懸念されている。③ゼロコロナ政策の影響で、経済への影響が出ている。④政策の重圧(一帯一路、国防費、対米対策の基礎科学秘術の推進)

米国では、①消費者物価の上昇が止まらず、②IT業界のリストラ、③半導体などの先端企業の生産調整などから、リッセッションが懸念されている。

しかしながら、いろいろな経済指標を解析しなくても、NY ダウ平均、Nasdaq推移をみれば、リセッションが始まっているのが明らか。両者のチャートで、2000年、2008年に大きく下落し、それぞれのリセッション、2千年初頭リセッション、リーマン・リセッション十なっている。2022年も6月頃に大きく下落しており、明らかにリセッションが始まっていることがわかる。

Nasdaq推移 下段は出来高 NYダウの推移(長期チャート) (kabutore.biz)

 

NY Dow 下段は出来高NYダウの推移(長期チャート) (kabutore.biz)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トヨタ車のデザイン、

2022年11月16日 08時16分23秒 | 日記

常日頃、トヨタ、日産、ホンダの自動車の機械的性能、動的性能には大差」内と思うが、デザインは、トヨタが一歩、進んでいる。日産、ホンダのデザインは、依然として日本車というイメージから抜けきらない。

たとえば、今はあまり人気がないセダン、トヨタはうまいデザインだと思う。例えば、クラウン、さすがとうならせる。然し、欧米の人気セダンのデザインと大差ない。というか、グローバルなデザインでそれ以上ではないと言えそう。

デザインで、トヨタの日産とホンダと違いはなにか都思っていたが、最近、それぞれのデザイン部門の構成を見る機会があった。それによると、トヨタのデザイン部門は、国際色豊かなデザイナーで構成され、責任者も外国人がいる。日産、ホンダは、日本人デザイナー主体、責任者も日本人である。これがその差の原因だと思う。デザイン部門に限らず、多くの部門で国際化を図れば、企業の経営も、変わるのかも。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ・ワクチン、5回も6回も必要か?

2022年11月15日 11時48分10秒 | 日記

コロナ・ウィルス、既にインフルエンザ化しているという、ファイザー社のCEOの発言もあるし、コロナ治療薬も完成している。一番の問題は、数か月毎にワクチンを打たないと有効性が消えてしまう事と、副作用、特に若い女性に激しい副作用が発生していて、動物実験では生殖機能に異常が出たという話も出回っている。君子、危うきに近いよらずで、コロナ・ワクチン接種は4回で打ちとめにしたらと思う。

ファイザーやモデルナなどの製薬会社は、コロナ・ワクチンや治療薬で大儲けをしているのは周知の事実で、これ以上、コロナ対応の製薬会社を儲けさせる事はない。

下記のファイザーの売上表はYahoo Finance USA掲載のもので、2021年から売り上げと利益が急増していて、50%はコロナ・ワクチンとコロナ治療薬という。単位は千ドル。

2022年度は、売り上げは日本円で、15兆円を超えるとの見通しだとか。このうち、新型ウイルスワクチンは約3兆6800億円、新型ウイルスの飲み薬「パクスロビド」は約2兆5300億円にのぼる見込みという。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米国大手IT企業、続々、リストラ

2022年11月15日 07時11分31秒 | 日記

テスラのイーロン・マスクCEOが、ツィッターの7500人の人員を半減するというのに驚かされたが、さらには、毎日の損失が$4Mに足しており、大胆な改組するのではと噂されている。

事は、それで済まなくなっている。数日前には、Facebook(メタプラットフォーム)が1万1千人のリストラ発表、Amazonも昨日、1万人のリストラを発表。更には、Salesforce.comが、既に営業部門、限定だが、数百人のリストラを行ったとBloomberg誌が記事を載せている。

1社だけのリストラなら、気にすることないが、かくも多くのアメリカの大手IT業がリストラを行うというのは、日本への影響も甚大なものになろうと思われる。

IT業界に冬の時代の到来だろうか?危惧される。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする