秋海棠粗雑な日々

飼育している爬虫類を中心に紹介していきたいと思います。

BLACK OUT! 御礼

2022-06-28 09:28:37 | イベント
梅雨の晴れ間に猛暑と思いきや翌日まさかの梅雨明け宣言。

いやはや驚きました。そのような中を多くのかたがD Reptiles(in秋海棠)ブースへ足を
運んでいただきありがとうございました。差し入れまでいただいてしまい本当に恐縮
してしまいました。好きな動植物のお話をしていると時間はあっという間に過ぎていき
ますね。
沢山のかたとお話をしたおかげで翌日はお約束通りのハスキーボイス(?)でした。
体だけではなくもう少し喉も鍛えなければいけませんね。(苦笑)来月も同じ会場で開催
される予定のアクアリウムバスに再びD Reptilesさんと共同出店する予定です。
次回もソメワケを何頭持って行けるように再びコツコツと地味な餌やりを再開です。

秋海棠流ソメワケちびっ子育成術?

2022-05-20 07:34:41 | ソメワケササクレヤモリ
過ごしやすい季節になりましたね。この時期は多くのかたの元で新しい命が
誕生している事と思います。

そこで我流ではありますが私の幼体飼育方法を綴っていこうと思います。
以前綴った事と重複する部分が多々あるとは思いますがそこはご容赦いただくと
いう前提でお願いしたいと思います。
孵化直後の幼体は何とも頼りない大きさです。神経質でもあります。ですから
シェルターは必ず用意しましょう。小さな分、体力もありませんから過保護な
扱いで良いと私は考えています。孵化して間もなく最初の脱皮をします。この
時までは孵化容器の中で過ごしてもらっています。この後小さなケージに移し
ます。浅い水容器を設置し乾燥しないようにシェルターの上部に室温程度に温めた
水を定期的に垂らします。霧吹きは嫌がるので私は使用しません。
早ければ数時間後に餌を採る個体もいますが翌日以降にするのが安全です。理由は
孵化直後に多くの個体が自身の脱皮殻を食べるので胃の中はまだ消化不十分な状態
にあるためです。さあそして緊張の初給餌ですが私はワックスモス(商品名ハニー
ワーム)を使用します。シェルターの中に生体が居ることが前提です。小さなサイズ
のワックスモスをそっとシェルターの前に置きます。モゾモゾした動きは彼らの
食欲を刺激するようで高確率で食べてくれることでしょう。何度か繰り返すうちに
ワックスもスの味を覚えピンセットを差し出しただけで反応するようになります。
こうなれば小さなコオロギへ容易に移行することが出来ます。ここまで一週間から
10日程度といったところです。ポイントは最初から餌の味は当然知りませんから
餌の動き→餌の味覚→条件反射的給餌といった順番で作業を行うことです。
くれぐれも目の前にいきなり大きめの餌を差し出すような乱暴な事はやってはいけま
せん。幼体は本当にデリケートです。一度萎えさせてしまうと予想外に手こずる結果と
なってしまいます。ちびっ子はとにかく丁寧に過保護に飼いましょう。
ワックスモスは常食させるべき餌ではありませんがこの一時だけ与え続けたところで
後々問題が起きることはありません。まずはしっかりと餌付いてもらうことが大事
だと私は考えています。

アクアリウムバス楽しんで参りました。

2022-05-03 11:46:25 | イベント
以前参加させていただいたのが二年前の3月でした。

そして約40日前には約2年半振りとなる自身の運営するイベントを何とか終わらせて
この日まであっという間でした。まずは無事に終了することが出来て安心しております。
足下が悪い中、私たちのブースに足を運んでいただいた来場者様、本当にありがとう
ございました。そしてこの場を提供していただいた運営者様、スタッフ様には心より
感謝しております。過去最高の来場者数だったとか。いかにこの日を楽しみにしていた
かたが沢山いたのか私が説明する必要はありませんね。
今回はお気楽出店者でしたのでほかのブースを見学したり本当に久しぶりにお会いできた
かたがいたりGecko Marketに来ていただいたかたにも多数お会いできました。少しばかり
でしたがゆっくりと好きなヤモリ関連の話が出来てとても充実した時間でした。

イベントが終了し撤収後積み込みの場で相方を待っていました。この日は他にも人気のある
イベントが他の階で開催されていたようで混雑し運搬用の台車も不足気味でした。そこを
スタッフの学生さん2名が台車待ちの出店者を整列させテキパキと台車を渡していました。
このおかた達がいなければ混雑し大変なことになっていた事でしょう。私も見習わなければ
いけないと強く思いました。

最後に極々僅かなことですが不快だったことがありました。Gecko Marketで私に悪態をついた
出店者がいたことは以前このブログで綴りました。今回そのおかたも出店しておりました。
私は当然ながら相手にする気などありませんので気に掛けてはいませんでした。相手とて同じ
だろうと常識のあるかたは思うでしょう。
しかし事もあろうに私をあれほど侮辱しておきながら飄々と私のブースに彼は来ました。
彼に言わせれば自身の9歳の御子息殿より頑固で稚拙な還暦に片足を突っ込んだ私のような
人間に対し何の用があるのかは知りませんが彼は私に対しその前にやるべき事がある筈です。
私の所有する個体に対し一方的な質問をしてきましたが私はこのおかたの御相手が出来るほど
見た目通り人間が大きくありませんので最初こそ答えてはいましたが途中から無視しました。
仮に私が欲しい個体を彼が所有していたとしても彼から購入することは絶対にありません。
それがどんなに素晴らしい種や品種でも問題のあるかたからはただでもいただきません。
当然ながら私は彼に個体提供をする気は全くありません。敢えて屋号までは公表しませんが
知っている人たちは多数いることでしょう。今後、このおかたは私のブースを出入禁止と
させていただきます。


葦簀越しの恵み

2022-04-22 15:42:03 | その他のヤモリ
この種は興味こそあったものの飼育するきっかけがありませんでした。初めて観たのは
30年近く前と記憶しています。今は無き埼玉県某所にあった煙草臭い(失礼)お店でした。

カータートゲオヤモリ(Pristurus carteri)は昼行性のトカゲのような天邪鬼ヤモリです。
何時ぞやか本をパラパラとめくっていると自身が好きなチビヤモリグループに近縁と
知り何やら親近感が湧く事がありました。それならばと思い探してみると知り合いの
ショップさんが継続して殖やされており声を掛けたところ快く出してくれました。
気持ちよさそうにバスキングをする姿を見ると私も眠くなります。今日は快晴です。
彼らも葦簀越しに陽の恵みをいただくことにしました。

桜の季節

2022-03-29 21:01:28 | 独り言
ベランダから見えるソメイヨシノが満開になりました。

自宅に居ながらにして花見ができるのはちょっとした贅沢といえるかもしれません。
しかしベランダは西日が直撃で植物にとっては過酷な環境です。タフな草しか育ち
ません。そのような中、昨年植えたビオラが僅かに種を作っていたようです。何の
事はないド普及種ですがその生命力に驚きました。人は花が咲けば嬉しいものです。
それに意外性が加われば喜びは一入でしょうね。