ぱぷあ日記(日本変)

海外生活はもう引退。これからは、日本に腰を落ち着けようと思います。第二の人生を切り開く様を書いていこうかと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファイタルミアで卍発光

2014-08-29 09:16:56 | 昆虫
パプアニューギニアは、奇妙な虫の宝庫であった。
その中でも一番、興奮したのは、ファイタルミアというハエの仲間であった。

頭にヘラジカのような奇妙な角を持ち、オスはその角を使い戦う。
初めその話を聞いたとき、ウソだろうと思った。

実際にその光景を目撃したときの興奮は今でも忘れられない。

その当時、動きのある写真を考えており、オリジナルテクニックで、卍発光を開発した。



実は、ファイタルミアにも試してみた。しかし、あまり面白くないので、未発表である、多分。
それがこの写真だが、あまり面白くない。



こちらは、スローシンクロ。こちらの方がましだろうか。

久しぶりにこれらの写真を見たが、パプアニューギニアは、とても良い所だった。
コメント

大根畑

2014-08-26 08:59:00 | 昆虫
この写真は、収穫されなかぅた大根畑で撮った。
僕の家の周りは、たくあん用の大根がよく栽培されているが、
ここは出荷調整か何かの都合で、収穫されず、花が咲いてしまっていた。

気になっていたので、カメラを持って観察しに行った。
こうした人工的な自然にも虫はやってくるし、彼らにはそんな事はお構い無しである。

現在、帰化した植物がどうのこうの騒いでいるが、それを受け入れる自然にとっては
全く関係ない。



自然と人工、何がホントなのか?
コメント

ツムギアリ

2014-08-25 15:58:23 | 昆虫
パプアニューギニアで、一番撮った被写体は、ツムギアリだろう。
その生態も面白いし、それを取り巻く生き物も面白い。

熱帯では、ありという昆虫は集団生活をし、昆虫の中でもかなり強い、上位の生き物である。
それなので、多くの昆虫がツムギアリに擬態していた。



その中でも一番面白いと思ったのが、アシナガヤセバエの一種。
こいつには、騙された。
コメント

ハエ

2014-08-24 12:20:37 | 昆虫
これは、パプアで撮影したAchias属のハエである。
見れば判るが、飛び出した目が特徴である。
これはオスだけで、メスは普通のハエと変わらない。
目は、長いのや短いの個体差がある。一説によると目が長いほうが男前、とも言われている。



よくハエは、複眼を足で綺麗にする行動が見られるが、こんな長い目は、綺麗にできるか?疑問であった。
でも普通のハエと同じように綺麗にできることが、この写真で証明された。
貴重な一枚である。まあどおでもいいことだけど。
コメント (2)

綿菓子屋さん

2014-08-24 11:44:23 | スナップ
一時帰国して、オリンパスのTG-3と言うカメラを買った。前に使っていた、GX100が壊れてしまったからである。
新しいカメラを買うのは、久しぶりである。
このカメラの特徴は、水陸両用、タフなこと、顕微鏡モードと言うのがあり超接写が出来ること、魚露目とも相性がいい。
そんなことからこれを選択した。
期待していなかった機能に多種のフィルターモードがあったので、これで遊んでみることにした。






適当にフィルターを選んで撮ってみたが、結構面白い機能である。

コメント

田んぼ

2014-08-22 10:21:59 | カメラ
一ヶ月ほど一時帰国してきた。昔撮った写真を整理していて、良い写真があったのでこちらに少し持ってきた。
ブログも停滞気味なので、そんな写真でもアップしてみようと思う。

これは家の近所で撮ったサギの写真だが、日本だと何の変哲もない写真だが、
こちらで見ると、日本の田んぼのよさがよく解る。田んぼは、人間にとって生産の場だが、
生き物にとっても糧を得る大切な場所になっている。
アルゼンチンのような大規模農業では、畑がこれほど緻密な生態系になっているようには思えない。



こういった日本の農業は、非常に面白いと思う。
日本にいた頃、このテーマで写真を撮ろうと思いこれらの写真を撮ったが
もう一度撮ってみたいテーマである。
コメント (2)