社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 幹事長・政策審議会長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、49歳。
日々の思いを綴ります。
 



6月17日、舞鶴港湾労働福祉センターで
福島瑞穂参議を迎えて「社民党・国会報告会in舞鶴」が行われました。

この日は宮津市議会議員選挙の告示日なので、
福島副党首は無所属・社民党推薦の河原末彦さんの応援に入りました。

桂川代表、飛鳥井副代表は宮津市に副党首と同道します。



私は別動隊と共に党の宣伝カーで舞鶴市に直行します。

京丹波PAでトイレ休憩。



顔出し看板で記念撮影。




舞鶴市の舞鶴港とれとれセンター前で福島副党首と合流。
街頭宣伝を行いました。



そして、舞鶴港湾労働者福祉センターで国会報告会が開かれました。



100名近い人が参加して、立ち見が出るほどでした。



福島参議の明快なトーク。盛況のうちに報告会が終わりました。



福島参議は早朝に東京を出発。
日帰りで東京へ戻るために、強行軍のスケジュールでした。

京都府連合のイベントは、どうしても京都市内がメインになりますが、
北部で100名規模のイベントを行うのはひさしぶりです。

今年の12月4日には舞鶴市議会議員選挙が行われます。

「社民党の候補者が出れば応援に入る」という福島さんの言質もいただきましたので、
候補者擁立に向けて取り組みを進めます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月19日に行われた「戦争をさせない京都1000人委員会」の
市役所前集会とデモに参加しました。





桂川代表と共に社民党の旗を持っての参加です。



国会議員からのメッセージは、国民民主党の泉健太衆議院議員と、



日本共産党の倉林明子参議でした。



市役所前から四条河原町までデモを行いました。



桂川代表は、ひとり社民党の旗を掲げて歩きます。



毎月19日、平日ならば18時30分から京都市役所前で集会、
19時からデモが行われます。

桂川代表が社民党の旗を持って参加しているので、
よろしければ集会・デモにご参集ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




社民党京都府連合は、毎年5月3日(憲法記念日)と
11月3日(文化の日)に京都タワー前で街頭宣伝を行っています。



午前11時、街頭宣伝開始。

司会進行は府連合幹事長の野崎です。

党の宣伝カーの上には三役が立ち、他の党員はビラ配りをしました。



最初は桂川悟代表のあいさつ。



飛鳥井けい子副代表は、前座と代表の後、そして最後に歌とメッセージを伝えました。



私も30分ほど演説。

・日本国憲法の三本柱は基本的人権の尊重、平和主義、国民主権。

・今年は明治150年だが、明治維新では身分制度の廃止が行われたものの、不十分だった。
 本当の意味で基本的人権が尊重されるのは、日本国憲法から。
 「明治150年」より「日本国憲法71年」。

・先の大戦の反省から、平和主義が生まれた。
 日本国憲法のもとで自衛隊員が海外で殺し殺されることはなかった。
 自衛隊員の命を守るのが憲法9条。

・南北首脳会談で対話ムードが広がった。圧力をかけて対話に水を差しているのが安倍総理。
 外交で内政でも、圧力をかけて相手に言うことを聞かせるのが安倍内閣の発想。

・財務省の文書改ざん、自衛隊の日報問題など、主権者たる国民の代表が集まった国会に対する
 行政のいい加減な態度は許し難い。野党が審議拒否するのは当然。
 むしろ与党支持者こそ怒らなければならない。

こういった内容を話しました。



12時に街頭宣伝終了。

私は仕事があるので、そのまま大阪へ行きました。

若手の新入党員も街頭宣伝に参加したので、
党の将来に少しだけ明るい兆しの見えた憲法記念日でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月21日に行われた社会民主党京都府連合第19回定期大会において、
幹事長に再選されました。



役員は全員留任ですが、三役の顔ぶれを紹介します。

代表:桂川悟(上京総支部)



副代表:飛鳥井けい子(乙訓総支部)

雨にも負けず


代表が「桂川」で副代表が「飛鳥井」と、いかにも京都らしい名字です。

幹事長:野崎靖仁(伏見総支部)

うーん、私だけ「京都らしさ」のない名前ですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ブロック事務局長会議に近畿ブロック事務局長の代理で出席するため、
社民党全国連合の本部へ行きました。

私は「社会民主党近畿ブロック協議会副議長」の肩書がありますので。

社民党全国連合の本部は、東京メトロ新富町駅から徒歩数分、
八丁堀駅から徒歩十分ほどの場所にあります。

東京駅からの乗り換えが少ないこと、会議後に秋葉原へ行くことを考慮して、
八丁堀駅から歩いて行くことにしました。

「マルキ榎本ビル」の5階にあるのですが、
党の看板があるわけでもないので、ビルの場所を探して迷ってしまいました。



1階に「厚生診療所」があるので、それを目印にするとよいでしょう。



エレベーターで5階に行きます。



エレベーターを出ると、社民党全国連合のオフィスがあります。



入口近くには、浅沼稲次郎の胸像がありました。
(ハナ肇ではありません。)




5階全部が社民党本部で、奥に会議室があります。

会議室には、片山哲から飛鳥田一雄までの社会党歴代委員長の写真が飾られています。



総選挙の総括などについて報告と意見交換が行われました。

全国連合執行部やブロック事務局長のお歴々と同席するなんて、
よくよく考えると信じられないような話です。

内容については…あくまで内内の話ということで。

AKBのファンだけが私の活動ではない、ことを実感しました。
(実は、このあとAKBの公演を見に行きましたが)

これからは社民党本部のことを「三宅坂」ではなく
「鉄砲洲」と呼ぶことになるのでしょうか?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本国憲法公布の日の11月3日と、
日本国憲法施行の日の5月3日には、
京都タワー前で社民党京都府連合の街頭宣伝を行います。



午前11時からの1時間、
桂川代表と私が宣伝車の上でマイクを握りました。



戦争法、集団的自衛権容認、秘密保護法については桂川代表が話したので、
私は次の点について話をしました。

・戦前、11月3日は明治天皇の誕生日「明治節」として祝われてきた。
 戦後、日本は平和な文化国家として生まれ変わり、日本国憲法が公布された。

・憲法25条に 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
 と書かれているが、
 今の日本で「健康で文化的な最低限度の生活」を営むことができるのか?

・アベノミクスで企業の収益は伸びたが、売り上げは減っている。
 売り上げが減っているのに収益が伸びたのは、人件費と仕入れのコストを減らしたから。
 人件費の削減は従業員の収入を減らし、仕入れのコスト削減は仕入れ先の売り上げを減らす。
 「アベノミクスの恩恵がいきわたっていない」のではなく、
 アベノミクスのせいでこうなっているのが現状。
 
・アベノミクスで実質賃金が下がっているのもかかわらず、
 消費税を10%に上げることは個人消費を冷え込ませる愚かな政策。
 社民党は消費税率アップに反対。

・社民党は最低賃金時給1000円から1500円をめざす。
 1日8時間、週40時間働けば最低限度の生活を営めるようにする。

・京都府の隣の福井県では原発が稼働している。
 しかも、プルトニウムを混ぜたMOX燃料を使っている。
 一度事故が起きれば、多くの人が長期間の避難を余儀なくされる。
 社民党は原発ゼロをめざす。

途中で右翼の宣伝カーが大音量で来ましたが、
明治節の話をしていたので、後出しジャンケンのようでした。

京都タワー前での街頭宣伝を終え、
円山野外音楽堂で行われた集会に参加しました。

「銅閣」を横目にしながら円山野音に向かいます。

ちなみに「祇園閣(通称:銅閣)」は
昭和3年に大倉喜八郎邸内に建築されたもので、
現在は大雲院というお寺の所有になっています。
(昭和47年に大雲院が移転してきました)



集会の後、円山公園から京都市役所前までデモ行進。

八坂神社をバックにすると、京都らしい光景になります。



桂川代表をはじめ政党・団体の代表者が、デモの先頭で横断幕を持って歩きます。



カメラを持って歩道を歩いていると、若者の冷笑気味の言葉が耳に入ります。

まあ、それはそれで仕方ないのでしょうか。

シュプレヒコールも古典的なもので、悪く言えばダサダサ。
その辺は元「SEALDs」のコールが垢抜けていていいですね。

シールズのデモ 戦争反対!子どもを守れ!周囲も好意的に見守る


総選挙から2週間、会議やらイベントなどで忙しく日々が過ぎていきます。

疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越していく…

布施明 - シクラメンのかほり - 1975


尾崎紀世彦 シクラメンのかほり


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月8日、JR草津駅東口で行われた
「安倍政権を打倒する市民と野党共闘街頭宣伝」に参加しました。

滋賀県の4つの小選挙区での野党統立候補予定者と、
市民の会しが、新社会党、社民党、共産党から発言がありました。

私は「社民党近畿ブロック協議会副議長」の肩書での参加です。

JR草津駅東口に着くと、宣伝カーの準備が行われていました。



13時30分から街頭宣伝の開始です。

以下の順番でスピーチが行われました。

福井雅英(「市民の会しが」代表)
岡崎ひろみ(新社会党中央執行委員長)
野崎靖仁(社民党近畿ブロック協議会副議長)

小坂よし子(1区予定候補・社民党)
たいげつ慈照(2区予定候補・「市民の会しが」事務局長)
石堂あつし(3区予定候補・共産党)
西沢こういち(4区予定候補・共産党)

さいとう幸子(共産党比例予定候補)

小池晃(日本共産党書記局長)



スピーチの原稿をA4の紙にプリントアウトしている人もいれば、
箇条書きにしたメモを用意している人もいて、さまざまでした。

私は欅坂48の「不協和音」のCDを手に、
おおまかな流れだけを頭に入れて話をしました。

・今回の総選挙は「3極の対立」ではなく、
 安倍政権を終わらせるか続けるかの二択。

・滋賀県では野党共闘で自民党に勝利した歴史がある。
 今回の総選挙でも勝利しよう!

・欅坂46「不協和音」の歌詞を紹介。

・滋賀県の小選挙区で選択肢を用意できた。
 私たちの「真実の声」を国会に届けよう!

だいたい、こんな感じです。

一人4分の持ち時間のはずですが、みなさん結構時間オーバーだった気が。

日差しが強くて暑かったので、みなさん汗を拭きながら宣伝カーの上に
1時間15分立っていました。

最後には、なぜか私が小池さんと手をつなぐことに。

街頭宣伝の動画がありますので、私の演説を見ることができます。

(動画)「市民+野党」で安倍退陣へ 共同街頭演説会 JR草津駅前 フルバージョン


滋賀県内の4小選挙区では、市民と野党の「すみ分け」型共闘が実現しました。

いよいよ、明日は衆議院議員総選挙の公示。

10月ながら、暑い(熱い)日が続きそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




衆議院第一議員会館で行われた全国幹事長会議に参加しました。

全国幹事長会議は大会や全国代表者会議のような議決機関ではなく、
党務担当者の連絡機関です

京都からは幹事長の私と、近畿ブロック事務局長の桂川代表が出席しました。



東京メトロ国会議事堂前駅から地下通路で議員会館に向かいます。



通路を歩いていくと…



衆議院第一議員会館の近くに出ます。




地下1階の大会議室での開催です。



最初に吉田党首のあいさつ。

17日に予定されていた民進・自由・社民の3党首会談について、
経緯の説明がありました。



次に幹事長報告が行われました。



幹事長報告に対する質疑の時間になったので、
3点について意見と質問を行いました。

1)17日の党首会談について、吉田党首の説明を受けたが、
 党首会談は民進党からの呼びかけで設定され、
 民進党の都合でキャンセルになったという理解でよいか。

2)京都府京丹後市の米軍Xバンドレーダー基地撤去への取り組みを継続している。
 引き続き全国連合の支援と協力をお願いしたい。

3)朝鮮の核実験・ミサイル発射に対する抗議の談話を発表するのは当然だが、
 日朝友好の取り組みを進めている党員もいる。
  安倍内閣との違いを明確にするため、抗議の理由の一つとして、
 「日朝友好の取り組みを破壊する」ことも含めてほしい。



他県からも同様の質問が出ましたが、又市幹事長からの答弁をいただきました。

質疑の概要は『社会新報』に掲載されるはずなので、
そちらをお読みください。



幹事長報告の後は、協議事項として以下の4点が提起されました。

①衆院選について
②衆院選の宣伝資材(ポスター、ビラなど)について
③「改憲阻止・活憲運動」の取り組みについて
④機関紙『社会新報』機関誌『月刊社会民主』について

協議事項についての質疑応答が終わり、
次回衆院選の立候補予定者による決意表明が行われました。

吉田党首による「団結ガンバロー」で締めとなりました。



全国幹事長会議後、記者会見が行われている同じ場所で、
近畿ブロックの府県が集まって会議を行いました。

10月上旬に解散、10月下旬に公示、11月上旬に投票、という想定で
近畿ブロックの会議を10月下旬に設定していたのですが、
臨時国会の冒頭解散の動きが明らかになったので、
正規の会議ではありませんが、実務上の話をしました。

9月28日の臨時国会冒頭解散がほぼ確定したので、
これから約1ケ月、バタバタと総選挙に追われそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「戦争をさせない京都1000人委員会」呼びかけの
「戦争法廃止を!8・19京都デモ」に参加すべく、京都市役所前に集合しました。



なぜか市役所の上空だけに雲があり、
パラパラと雨粒が落ちてくることも。

まあ、日陰になって暑さがマシになったのはよかったのですが。



16時30分から集会。

桂川代表も、党ののぼりを持って参加しました。

残念ながら、政党の挨拶はナシ。



集会の後、17時からデモを行いました。



市役所前から河原町通りを下がります。



集会の前に市役所前でざっと数えたところ、二百数十人いました。

主催者発表ではデモに450名の参加らしいのですが、
おそらく集会前の時点で300人弱が市役所前に集まり、
集会・デモの時点で主催者発表の人数に達したのではないでしょうか。

私は前の方でデモに参加していたのですが、
デモの隊列が思ったよりも長かったと記憶しています。

(赤字部分は加筆訂正。)




私も「戦争させない」のプラカードを持って参加。





途中、妙な車からの妨害らしき行動もありましたが、
無事にデモは終了。

来月、9月19日は戦争法が強行採決された日でもあります。

戦争法廃止と安倍内閣退陣に向けての闘いは続きます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年5月20~21日に滋賀県大津市の
KKRホテルびわこで行われた、
社民党近畿ブロック研修会に参加しました。

1日目は講演が2本。

13:30~15:00 「TPPの今後と2国間交渉の行方・RCEP」
15:00~16:30 「福島第一原発事故を許さず健康で生きる権利をこどもたちに」

講演後の17時から懇親会が行われました。

私は所用のため懇親会の途中から参加。

近畿の同志のみなさんと懇談させていただきました。
高齢化が進んでいるのは否めませんが…



2日目は、まず公演が1本。

09:00~10:30 「共謀罪の危険性について」



10:30~12:00 活動交流

各府県10分の持ち時間での活動報告でしたが、
終了予定時刻をオーバーしてしまいました。

KKRホテルびわこの近くには、
「唐崎の松」で有名な唐崎神社があります。

唐崎神社/唐崎の松 Karasaki shrine/Pine Karasaki


現在の「唐崎の松」は三代目だそうですが、
初代の松が枯れたことを嘆いた明智光秀は、

「われならで誰かは植ゑむ、一つ松、心して吹け、志賀のうら風」

という歌を残しています。

体力に余裕があれば、
光秀の居城のあった坂本まで足を延ばしたかったのですが、
残念ながら断念して京都へ戻りました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月3日は憲法記念日なので、
毎年恒例の京都タワー前での街頭宣伝を行いました。

正確には京都タワービルの隣のビルの前、ですが。

午前11時から12時まで、
桂川代表と飛鳥井副代表、そして幹事長の私が話しました。



司会進行は、私です。

今年は珍しく、右翼の街宣車は来ませんでした。



私が話した内容は…

・日本国憲法は、第二次大戦の反省に立って大日本帝国憲法を改正したもの。
 先日のNHKスペシャルでは、憲法9条の平和条項が
 党派を超えた議論によって盛り込まれたことが放送された。

・改憲派の中には「お試し改憲」という議論もあるが、
 憲法は「お試し」で変えるものではない。
 「教育無償化」のために改憲が必要だというが、
 「教育無償化」をやりたければ国会で法律を定めればよい。
 「教育無償化」のために改憲を行う必要はない。

・北朝鮮のミサイル発射で危機感が煽られているが、
 元航空幕僚長の田母神俊雄さんですら「問題ない」と言っている。
 政府やマスコミは危機感を煽ってはならない。

・政府の発表によると、「アベノミクス」で
 バブル期を超える景気拡大になったそうだが、非正規雇用が4割に達し、
 景気拡大が実感できているとは言えない。
 このような政治はやめさせなけれならない。

・トランプ政権は入国禁止の大統領令を発し、オバマケアを廃止しようとしたが、
 裁判所や議会によってストップがかけられた。
 アメリカでは行政府に対する三権分立のチェック機能が働いている。
 日本では、政府に対するチェック機能が働いていない。

・社民党は議会を通じて社会を変える議会主義政党。
 次の衆院選では、候補者を出すべく取り組む。

といったことでした。

街頭演説なので、同じ内容を何度も繰り返して話しています。

街頭宣伝の後、昼食を済ませてから、
円山音楽堂で行われた憲法集会に参加しました。



自由党、社民党、新社会党、共産党、みどりの5党から
あいさつがありました。



社民党からは桂川代表が出席。連帯のメッセージを行いました。




集会の後は、憲法パレード。

円山音楽堂から四条河原町、市役所前へと歩きます。

社民党からの参加者と共に歩きました。



曇り空だったので、そう暑くもなく歩くことができました。



シュプレヒコールはなく、鳴り物だけの行進。
街宣車からパレードの趣旨を伝えるアナウンスが流れるだけです。

団体で車道を歩いているだけですが、
こんな静かなデモもいいものです。



パレード終了後は、府連合の事務所に戻り、場所を変えて歓談。

憲法記念日の活動でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月19日に京都市役所前で行われた
「戦争法廃止!19日行動」に参加しました。



「市民アクション@きょうと」の呼びかけによるものです。

ざっと見たところ300人弱かな?



京都市役所前広場が工事に入るため、
来月からの集会はどうなるのやら。



桂川代表も社民党の幟をもって参加。



飛鳥井けい子副代表も参加していたので、京都府連合三役がそろいました。



集会の後は、河原町通りを四条までデモ行進です。



デモが終わり、河原町通りから南車山町を木屋町の方へ歩いていると、
名探偵コナンカフェの前を通りかかりました。



劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』は京都が舞台ですからね。



さて、来月から集会とデモはどうなるのかな…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京の星陵会館で行われた
「社会民主党 第9回 全国代表者会議」に出席しました。

全国代表者会議は全国大会に次ぐ議決機関で、
全国大会のない年には必ず開かれます。
(全国大会は2年に1回)

私は京都府連合の代表委員、そして各ブロック1名の運営委員として
全国代表者会議に参加することになりました。

運営委員会は午前12時からですが、
午前6時16分京都駅発の新幹線で東京へ。

いろいろ寄り道をしても、
9時半ごろには星陵会館に着いてしまいました。



運営委員会で議事日程の確認などを行い、
全国代表者会議の会場であるホールに入りました。



雛壇には執行部が勢揃い。



最初に吉田党首の挨拶がありました。



精悍な顔立ちながら優しさのにじみ出た表情。
一刻も早い国政復帰が望まれます。



続いて幹事長報告。



幹事長報告への発言は挙手制なので、
いつものように、ここで発言することにしました。

活動方針などへの発言は事前通制であり、
時間の関係上、各ブロック1名ずつで調整することになります。

挙手制だと、よほど希望者が多くない限りは、
発言することができます。

結局、私がトップバッターで発言することになりました。

発言内容は、以下の3点です。

1)ポスターには「活憲」という言葉が掲げられているが、
  社会党時代から社民党は「護憲」のイメージが強い。
  「活憲」に込められた思いは理解できるのですが…

2)国有地払下げ問題は安倍内閣の命運を決するかもしれない問題。
  党として、どのように追及していくのか。

3)京丹後市経ヶ岬の米軍レーダー基地の軍人軍属が
  京都府福知山市の陸自福知山駐屯地で実弾射撃訓練を行った。
  京都府北部に日米共同軍事基地化が広がっている。

少しだけ時間をオーバーしましたが、意見、質問、報告という形で
発言することができました。

「活憲」については、他県の代表委員からも発言がありました。



その後も議事は進み、すべての議案が採択され、
団結ガンバローで代表者会議を締めくくりました。



全国代表者会議終了後、基地問題連絡会にオブザーバーとして参加。
経ヶ岬米軍レーダー基地問題について報告を行いました。

風邪で体調がよくなかったのですが、
なんとか任務を果たすことができました。

ぼちぼち京都府連合の定期大会の準備をしなければ…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




社民党京都府連では、毎年5月3日の憲法記念日と
11月3日の文化の日に街頭宣伝を行っています。

今年も京都タワー前で街頭宣伝を行いました。



いつものように、私が司会進行を担当します。



最初に桂川代表からのメッセージ。



憲法の三本柱について、特定秘密保護法の危険性、
集団的自衛権行使容認の問題点と、
南スーダンPKOの「駆けつけ警護」についての話でした。



続いて私が話をしました。



◇11月3日は戦前、明治天皇の誕生日「明治節」として祝われてきた。
 先の大戦の反省に立ち、日本を平和で民主的な文化国家にすべく公布されたのが、
 今の日本国憲法。
 明治節の復活は先の大戦の反省を否定するものであり、反対。

◇南スーダンに自衛隊が派遣されているが、速やかに撤退させるのが政治の決断。
 自衛隊が海外で戦闘を行い、殺し殺されることになってはならない。

◇憲法は国家権力を制限することで個人の自由と権利を守るルール。
 自民党の憲法改正案は憲法の原則に逆行するもので反対。

◇TPPは農業問題だけではなく、多国籍企業を規制できないISD条項を含んでおり、
 国民の安全・安心を守る国の規制を妨げるもの。
 アメリカの大統領候補2人が反対するTPPの批准を否決しなければならない。

◇安全・安心という点では原発も問題。再稼働を阻止し、原発なき社会をめざす。

◇京丹後市経ヶ岬の米軍Xバンドレーダー基地に続いて、
 福知山の陸自射撃場で米軍の実弾演習が計画されるなど、
 京都府北部を米軍の拠点化する動きが進んでいる。
 沖縄の米軍基地問題は一地域の問題ではなく、全国のどこにでも起きうる問題。
 米軍基地の撤廃を求めてゆく。

上記のポイントについて話をしました。



話をしている途中で右翼の街宣車が3台来ましたが、
まあ、これも恒例です。



午後2時から円山野外音楽堂で行われる集会に参加するため、
京都駅前から八坂神社の近くまで移動しました。

途中で祇園閣(銅閣)を見ました。

これが「銅閣寺」なのですが、非公開なのでメジャーではありません。



円山野外音楽堂に到着。



集会の来賓として桂川代表がスピーチ。





その後、八坂神社にお参りしました。

境内では舞楽奉納が行われていました。




スサノオさんにご挨拶。

スサノオさんというより牛頭天王なので、
バアル神を拝んでいることになるのかなあ、と
思ってしまいました。

Elijah & the Prophets of Baal


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




9月9日(金)に東京・永田町の星陵会館で行われた
第8回社民党全国代表者会議に出席しました。

朝、京都駅を出発してお昼前に星陵会館に到着。



今回は京都府連合の代表委員ではなく、
近畿ブロックの議長代理として出席しました。



12時30分から16時30分までの予定で会議が開かれます。



座席はI-25。



後ろの列は空席なので、狭さは感じません。



長野県連合の中川代表委員(県連幹事長)を議長に選出して
議事が始まりました。



まずは党首あいさつ。



「民進党との合流も選択肢のひとつ」発言についての謝罪があり、
党首続投についての決意表明がありました。



党首辞任であれば、党員投票による党首選挙を主張したのですが、
常任幹事会の決定に基づいて吉田党首本人が辞意を撤回したので、
発言する予定だった中身がなくなってしまいました。

党首あいさつの後は、幹事長報告です。

又市さん、大病の前と変わらぬ又市節です。



発言しようか迷ったのですが、
幹事長報告に対する質問という形で発言することにしました。

幹事長報告に対する質問は挙手制であり、
事前通告制よりも発言のチャンスがあると考えたからです。

なんと、トップバッターでの発言となりました。

発言内容は3点。

1)野党共闘の顔ぶれの略称「社・民・共・生」は語呂がよくて素晴らしい。
  「社民共生」野党連合という言葉が広まるようにしてほしい。

2)経ヶ岬の米軍Xバンドレーダー基地問題について、
  京都選挙区の民進党候補と政策協定を結んで推薦した。
  今後も党首はじめ国会議員団のご助力をお願いしたい。

3)非議員党首は片山哲元総理や飛鳥田元横浜市長の例もあり、
  何も問題はないと考えている。
  ただ、党首の進退問題については、もっと開かれた場で議論した上で、
  今回の全国代表者会議で続投を確認、という形にしてほしかった。

吉田党首の続投問題は代表者会議の議題ではなく、
党首あいさつと幹事長報告の中でしか触れられていなかったので、
ここで意見を述べました。

本当は、次の3点について聞きたかったのですが…

・「民進党との合流はない」ことを全党的意思として確認してほしい。
・非議員の吉田党首が東京で活動するための財政的裏付けはどうなっているのか?
・次の国政選挙は衆院選なので、吉田党首は衆院選に立候補するのか?

「民進党との合流はない」ということは、すでに常任幹事会で決定しています。

しかし、全党的な意思確認(さらなる念押し)が行われていないので、
全国代表者会議の決定という形で意思統一を図ってほしいという思いです。

これは総選挙方針や今後の取り組みの話なので、
幹事長報告への質問としては不適切と考えて、やめにしました。

吉田党首の処遇については、
所属県連合の大分県連や九州ブロックが党首続投を要請しており、
全国連合常任幹事会も機関決定として続投を要請しているので、
大分県連合、九州ブロック協議会、全国連合常任幹事会が
責任を持つ(具体的にはカネを出す)ことは言うまでもありません。

聞くだけ野暮かと考えて、これもやめにしました。

吉田党首の衆院選出馬については、総選挙闘争方針の内容であり、
現時点で具体的な小選挙区の当てもないまま、
衆院選への立候補表明をするのも現実的ではないので、やめにしました。

できれば、吉田党首の口から、

「非議員の党首で問題ないとはいえ、一刻も早く国政に復帰したい。
ついては、直近の国政選挙である衆院選での国政復帰をめざす。

もちろん、社民党党首として、社民党公認で、社民党の旗を掲げて闘う。
民進党との合流は、絶対にありません。

全国のみなさんも、小選挙区での候補者擁立にご尽力いただきたい。」

と、言ってほしかったのですが…

結局、京都府連合の課題である米軍Xバンドレーダー基地問題への
全国連合の協力の言質を取ろうとする質問になってしまいました。

休憩をはさんで、
第24回参院選総括、第48回衆院選方針、当面の取り組みについて、
などについての提案と質疑応答が行われました。



15の都道府県連合代表委員から発言通告があり、
まず島根、香川、熊本、北海道、宮城からの発言が行われました。

香川の多田代表委員は2回目の発言。
それなら、発言を通告してもよかったかな…
(発言は各ブロック1名で調整と聞いていたので、
2回目の発言は遠慮してしまいました。)



続いては、東京、愛知、大阪、高知、福岡からの発言。




最後に千葉、埼玉、茨城、鹿児島、神奈川からの発言でした。



1人5分の発言時間ながら、オーバーする代表委員も。

事前に発言内容を機関決定しているので勝手に省略できないのか、と、
好意的に解釈できなくもないのですが、発言時間が5分程度になるのは
事前に予想可能なことなので、それを前提に組み立てないとダメだなあ、
とは思いました。

吉田党首の「民進党との合流」発言への失望を述べる県連合が多く、
党首続投のエクスキューズとして「参院選の結果は党首だけの責任ではない」
とのロジックを使ってしまったため、
「責任は候補者を立てられなかった地方組織にある」と
受け取れるような総括になりました。

「戦犯は候補者を立てられなかった県連にあるのか」との質問に
又市幹事長が声を荒げる場面もありました。

<社民、衆院選5議席目指す=参院選総括に地方から不満>
(時事ドットコム 2016/09/09-18:26)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090900821&g=pol

福島副党首が「民進党との合流はありません!」と、
キッパリ否定。

吉田党首が、こんな大見得を切れないのが苦しいところです。
(党首としては「お詫び」するしかないので)



吉田党首がまとめの発言をして質疑が終了しました。




すべての議案が承認されて、会議は終了。



団結ガンバローで締めくくりました。



いろいろな経緯は飛ばして未来志向の話だけをすれば、
「どうすれば党籍を持つ候補者を立てることができるか」
(国政であれ自治体であれ)、
という課題に取り組むことが社民党の党勢拡大には必要です。

落選しても次の選挙までメシを食わせるアテもない現状では、
なかなか立候補の要請もできません。
(「メシは自分で食うから立候補させてくれ」というのが
筋だとは思いますが…)

政党助成金も減額が確定し、ますますヒトとカネが少なくなる一方…

解放区で自力更生をはかる、という毛主席のような取り組みに
希望は見いだせるのでしょうか…



【1976年9月9日】 毛沢東主席死去 中国建国の英雄


島谷ひとみ / 「解放区」【OFFICIAL MV FULL SIZE】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ