江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

36歳 人にやさしい政治 未来への責任!
子どもから高齢者まで、ずっと江南市で大丈夫と言える「生活都市」へ

12月2日(金)のつぶやき

2016年12月03日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【注目】 カジノ法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)について

2016年12月02日 | Weblog

2016年12月1日

     特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案について

社会民主党
党首 吉田ただとも

 カジノを含むIR(複合観光施設)の推進のため、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(IR法案)が急遽衆議院内閣委員会で審議入りした。同法案は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的としている。本質は、カジノを合法化しリゾート開発を推進するところにある。同法案は、以下のような数々の問題点、疑問点があり、国民レベルでの幅広い議論が必要である。したがって、社民党は、本法案には断固反対とする。

1.射幸心をあおり勤勉な国民性を損なう
 「貯蓄から投資」への流れがある中、一発逆転による射幸心を煽るカジノを推進することは、さらなるマネーゲームを呼び起こすことになる。ギャンブルは射幸心を煽って「勤労の美風を害する」という最高裁判決(1950年11月)もある。カジノの解禁によって、国民の射幸心を煽り、勤労の美風を損い、勤勉な日本人の国民性を損ねかねない。

2.ギャンブル依存症、多重債務者の発生を懸念
 ギャンブル依存症は500万人いるとも言われ、すでにギャンブル依存症による家庭崩壊・借金地獄・自殺といった社会問題が現実にあるにもかかわらず、それらを放置し、カジノを解禁すべきというのは拙速である。ギャンブル依存症はWHO(世界保健機関)も認めている病気であり、依存症から抜けられず借金を重ね、犯罪に手を染める人も後を絶たない。カジノ解禁によって、賭博依存症患者の増大、多重債務者の発生が懸念される。

3.カジノ解禁の「デメリット」への対応が不十分
 その他、カジノを解禁した場合に想定されている「デメリット」として、反社会的勢力の関与、犯罪発生、マネーロンダリング(資金洗浄)や横領、脱税など犯罪に利用されるおそれ、風俗環境の悪化、地域環境の悪化、治安悪化、過剰な広告宣伝、青少年の健全育成への悪影響、ゲームの不公正、チップその他の金銭の代替物の不適正な利用などがあげられるが、単に、「政府は、必要な措置を講ずるものとする」とか、「別に法律で定めるところにより、規制を行うものとする」というだけで、具体的手当てについて一切規定していないのは無責任である。

4.賭博合法化を白紙委任
 カジノは「賭博」であり、刑法185条・186条で禁止されている。カジノ解禁のためには合法化する必要があるが、本法案は「推進法」にすぎず、カジノ施設を含む特定複合観光施設を設置するには、別途法制上の措置を講じることが必要とされている。カジノ解禁を政府に白紙委任するものでいいのか。また、競馬・競輪などの公営競技や宝くじなどは、政府や地方公共団体が主催し、健全な運営とその収入による「公共の福祉」の増進、「地方財政調達」を図ることを担保することで認められているが、民間事業者のカジノをどのように違法性を阻却するのか。

5.公明正大、客観中立的な運営が担保されない
 法案には、カジノ設置区域の選定基準や評価要素は一切規定されておらず、公明正大なプロセスでカジノ設置区域を選定することは困難である。また、カジノ管理委員会の基本的な性格及び任務は別法に委ねられてしまい、また、特定複合観光施設区域整備推進会議についても、具体的な選定基準や規定がなく、カジノ法制を利権によって不当に歪めるおそれのある人物が入り込むおそれが残り、客観中立的な運営が担保されない。

6.IRの経済効果は不透明
 政府は「日本再興戦略」(成長戦略)の中でカジノを位置付けているが、経済効果は不透明である。IR施設の解禁による経済効果は、投資を目論む民間などの調査では膨大に膨らんでいるが、一方、政府は、私(吉田忠智)が提出した質問主意書において、「カジノ解禁のみ」の経済効果を試算していないとしている。

7.かつてのリゾート開発の二の舞
 カジノができる「統合型リゾート施設」が、「観光振興、地域振興、産業振興等に資する」のかどうか。かつてのリゾート開発は、大企業による地場産業への圧迫と地元企業の倒産が相次ぐとともに、全国に環境破壊と地域破壊の爪痕を残したのではなかったか。カジノを「含めた」IR施設の建設は、東京オリンピックや「国土強靭化」と並ぶ大型公共事業の一環であり、ハコモノ・ゼネコン利権につながるとともに、地域経済を破壊したかつてのリゾート開発の二の舞になりかねない。アベノミクスの当然の結果として都市と地方の格差が進み、そのためか政府も「地方創生」を謳い始めている。その一環として「統合型リゾート」を位置づけるのであれば、まさに「地方創生」の美名の下に、地域破壊がさらに進行すると言わざるを得ない。真の地方再生には、統合型リゾートの誘致ではなく、地域の自然、歴史、文化、農林漁業、地場産業など、地域資源を生かした取り組みこそを実現しなければならない。

8.その他
 民間事業者が、カジノを所管する官庁の新たな天下り先になるとともに、警察利権の拡大も懸念される。

以 上

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【議会報告】 一般質問 中学生の部活動のあり方について(質問原稿)

2016年12月02日 | Weblog

 去る11月29日(火)、江南市議会本会議で一般質問で登壇、1時間にわたり質問しました。4つのテーマについて質問しましたが、その一つが「中学生の部活動のあり方」についてです。

 部活動に教育的効果があることは十分に承知しています。しかし、部活動は教科課程外に位置付けられています。「自主的」に行われるはずが、事実上、全員加入・参加となっていることに違和感を覚えます。あまりにも活動日数・時間が長く、子どもの(学校外での)自由時間が制約されること、顧問をしている教員の過重労働につながっていることなどを指摘しました。

 その上で、「過熱化」「肥大化」した部活動の現状を見直すことを求めました。これに対して、教育長は見直しに向けて取り組むことを約束してくれました。当事者の意見も聴いて、できることから実行に移していただきたいです。

 以下、質問要旨をアップします。ご意見等がありましたら、よろしくお願いします。


 

一般質問 中学生の部活動のあり方について

 

 現在の中学校学習指導要領で、部活動は学校教育の一環であるものの、教育課程の外に位置付けられています。子どもが自主的、自発的に参加することによって、学習意欲の向上や責任感、連帯感を育てることにつながるとされています。

 実際、部活動が好きで、毎日楽しく活動している子どもがたくさんいます。また、部活動の指導に積極的なやりがいを感じている教員もいます。

 部活動に教育的効果があることは認めるところです。しかしながら、近年、部活動をめぐる問題が相次いで提起されています。

 

質問1

 中学生の部活動の加入状況や日常活動の実態(活動日数・時間はどれくらいか、休養日があるのかなど)について、説明を求めます。

 

質問2

 子どもは学習、部活動以外の諸活動、休息、家庭や地域での生活に割ける時間が制約されています。また、全国的に子どもの命に直結する事故や暴力・体罰が発生していることも気がかりです。

  そもそも、子どもには、部活に加入する・しないの選択肢があります。子どもの自主性を尊重し、加入を強制させることがあってはいけません。このことについて見解を求めます。

 

質問3

 教員の「労働」問題の観点から、教員の多忙化・過重労働の大きな要因として部活動があります。教員の本来の職務でないのに、大半の教員に部活動の顧問が割り振られ、教員の最も重要な仕事である授業の準備や学級経営へ影響が出ています。

  すなわち、やらなければいけないものではないのに、教員に大きな負担としてのしかかっています。

  こうした部活動のあり方に疑問を感じて、昨年、現役教師のグループが「部活問題対策プロジェクト」を立ち上げ、ネット署名運動を展開し、主要メディアで相次いで取り上げられ、大きな反響を呼んでいます。政府の「教育再生実行会議」の配布資料にもこの運動について言及がありました。

  文部科学省の通知「学校現場における業務の適正化に向けて」(6月17日)には、部活動の負担を大胆に軽減することが盛り込まれています。また、愛知県教育委員会の「多忙化解消プロジェクトチーム」の提言(案)にも、主な柱のひとつに部活動指導のあり方が挙がっています。

  ①顧問をしている教員の割合、競技経験のない部活動の指導を行っている教員の割合はどうなっていますか。

  ②そもそも、教員には、教員には顧問をする・しないという選択肢があります。

  これら2点について見解を求めます。

 

質問4

 保護者や地域住民から、部活動に関してどのような意見が寄せられ、それにどう対応していますか。

 また、保護者の部活動への関わり方も、以前と比べると積極的になっているとうかがっていますが、説明を求めます。

 

質問5

 部活動の価値、意義を否定するものではありません。しかしながら、部活動の位置付けが曖昧(グレーゾーン)なまま「肥大化」した部活動のあり方を見直すべきです。当事者の思いや社会情勢を踏まえた議論が必要です。

 今後の取り組みについて、教育長の見解を求めます。

 


 

【参考】

 

※中学生の運動部加入率 (日本中学校体育連盟調べ)

 ○  2001年度 65.9%(男子75.7% 女子55.6%)

 ○  2015年度 63.4%(男子73.2% 女子53.1%)


※朝日新聞 フォーラム アンケート

 

第1回目(2016年4月7日~21日) 「中学校の部活動」

 ○  2927人が回答。40代からの回答が多かった。回答者の立場は「中学生の親」に「教員」が迫る勢いだったのが目に付いた。

 ○  今の中学校の部活動に満足か不満かについては、「大いに」と「どちからというと」を合わせて4分の3が「不満」だと回答した。

 ○  今の中学校の部活動で期待・重視するもの(2つまで選択可)については、①心身の成長 ②仲間づくり ③達成感や充実感 …

 ○  今の中学校の部活動で改善してほしいもの(2つまで選択可)ついては、①活動時間 ②指導者 ③学校外との協力 …

 

第2回目(2016年4月22日~5月9日) 「やりすぎ?足りない?部活動」

○  2700人が回答。

○  活動時間については、「とても長い」「やや長い」との回答が8割超。

○  1週間のうち、望ましい部活動の日数については、①5日 ②3日 ③4日 …

○  指導者と部活動の関係については、「学校と切り離して、活動を外部に委ねる」「教員とは別に、必要に応じて外部の指導者も入れる」が9割近くを占めた。

○  「活動時間が長すぎる」という声が大勢だ。その多くは、部活の意義は認めるが何とかしてほしい、という意見ではないか。

○  教員の声

 ・  教員が多忙であることを保護者に理解してもらいたい。

 ・  教師である前に一人の親なのに、我が子と接する時間を削って休みなく働いている。

 ・  部活の時間が長すぎて、子どもの学習の弊害になっている。

 ・  未経験の競技であっても、何とか勉強しながら指導している。

 ・  クラブ中毒になってしまう教員が後を絶たない。

 ・  教員は顧問をする・しない、生徒は部活動に入る・入らないことを選択する権利がまず与えられるべき。

 ○  どうすればいいのか(改善策)⇒もっと融通をきかせる。多様性を認める。

 ・  運動部にも遊び的な部分がある部を新設する。

 ・  適度にスポーツを楽しみ、体力を向上させられるような部があるといい。

 

※教員の月平均の残業時間(文部科学省)

 1966年度 8時間

  2006年度 42時間

 

※OECD(経済協力開発機構) 「国際教員指導環境調査(TALIS)」

 1週間の平均勤務時間 

  加盟国平均 38.3時間

  日本    53.9時間(約1.4倍)


 中学教員の課外活動指導時間

  加盟国平均 2.1時間

  日本    7.7時間

 

※HATOプロジェクト 「教員の仕事と意識に関する調査」

 公立校教師が学校で仕事をする平均時間

   小学校 11時間8分

   中学校 11時間32分

   高校  10時間46分

 

※「部活問題対策プロジェクト」

 30代の公立中学教員ら男女6人で作る。教員の労働時間が過度に長くなることや授業の準備がおろそかになることなど、部活がもたらす「負の側面」を指摘している。部活動の顧問を引き受けるかどうかの選択権を求めて、2015年12月からインターネット署名を展開。

 活動がテレビ、新聞、週刊誌、ネットで取り上げられ反響を呼んでいる。政府の「教育再生実行会議」の第38回会合(10月28日)の配布資料でも、ネット署名がおこなわれていることが紹介された。

 

集約状況(2016年11月23日現在)

 ①署名【生徒に部活をする・しないの選択権を下さい!】 13,024筆

 ②署名【教師に部活の顧問をする・しないの選択権を下さい!】 30,517筆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき

2016年12月02日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月30日(水)のつぶやき

2016年12月01日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ご案内】 12月5日(月) 江南市議会本会議 議案質疑で登壇します

2016年11月30日 | Weblog

 今日も江南市議会本会議が開催され、6人の議員が一般質問を行いました。明日も5人の議員が一般質問します。お時間がありましたら、ぜひ傍聴にお越しください。また、インターネットでライブ配信もありますので、ご視聴ください。

 私は昨日、一般質問を行いました。質問や当局答弁の要旨は、追ってブログにアップします。

 ところで、昨日、私の中学校時代の同級生が、私の質問を傍聴に来てくれました。ネットで登壇予定を告知していたのを見て、たまたま仕事が休みであったため、議場に足を運んでくれました。

 彼が議会傍聴するのは初めてで、大変興奮していました。「質問の内容は事前に当局側に伝えているのか」「当局とはどういうやり取りをしているのか」など、私にいろいろと質問をぶつけてきました。また、「議会が開かれていることをもっと市民に伝える努力をすべきだ」とのご指摘もいただきました。

 傍聴を通じて、多くの市民の方が関心を示すことによってこそ、議会が活性化すると感じました。

 さて、来週も本会議で登壇し、議案質疑を行います。議案質疑とは、当局が提案した議案に対する質疑です。その中で、児童館の民間委託(指定管理者制度)の問題を取り上げます。

 古知野児童館と藤ヶ丘児童館の管理運営を「NPO法人キッズサポート江南」に委ねて、丸8年が経過しています。当局は、来年度から5年間、引き続き同法人を任意指定していくことを提案しています。

 しかし、いくつか疑問に思うことがありますので、質疑を通じて問題点を明らかにしたいと思います。

 お時間がありましたら、ぜひ傍聴にお越しください。インターネットのライブ配信もありますので、ご視聴ください。質疑の要旨については、前日までに部ロブにアップするよう努力します。

 どうぞよろしくお願いします。


【議案質疑で登壇します】

 日時:12月5日(月) 9時00分~10時00分

 場所:江南市議会本会議場

 議案質疑のテーマ:児童館の民間委託

 ※傍聴、大歓迎です!お待ちしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(火)のつぶやき

2016年11月30日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月28日(月)のつぶやき

2016年11月29日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月27日(日)のつぶやき

2016年11月28日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月26日(土)のつぶやき

2016年11月27日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加