社民党 京都府連合 野崎靖仁 副主席語録
社民党 京都府連合 政審会長・幹事長(近畿ブロック協議会副議長) 野崎靖仁、48歳。
日々の思いを綴ります。
 



このタイトルから、月刊誌『ゼンボウ』に連載されていた、
水島毅さんのコラムを想像した方は、相当のマニアです。

先日、滋賀・京都でのユースの街宣が、
『社会新報』6月20日号の13面に掲載されました。

しかし、事実とは異なる点が…

記事には、野崎、佐藤大さん、島田大介さん(藤井寺市議)の、
スリーショットの写真が掲載されていますが、
大津パルコ前ではなく、京都駅八条口で撮影したものです。

また、記事の中では私の発言内容が、

「戦争のできる国を目指す安倍政権は改憲を焦るが、
 ニートや非正規雇用が増える中、若者の暮らしは大変な状態だ。
 年金制度に対する国民の信頼も失墜している。
 参院選で自民党を破ればこの状況が突き崩せる」

というふうにまとめられています。

これでは、まるで私が左翼の活動家みたいじゃないですか!

国民の権利と義務をセットにすることがメインだったのに…

一番の問題は、私が「ユース」ではないことです。
いちおう、ユースは35歳以下ですから。

でも、こんな記事が読めるのは、社会新報だけ!

購読の申し込みは、お近くの社民党まで。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こーやのー ちゅーうーねんー ノザキー ノザキー

むかし、日曜朝のアニメ枠で、
『荒野の少年イサム』が放映されていました。

日曜朝のアニメといえば、
パルナスのCMが印象的でした。

パルナス パルナス モスクワの味
パルナス パルナス パルナ~ス

関西人しか理解できないネタですね。


=やすひと=

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




「ああ。問題はない。」

ネルフ総司令・碇ゲンドウみたいです。

今日は気分を変えて、「しょこたん☆ぶろぐ」風にしました。

「ショタコン」ではなく「しょこたん」です。

本家の「しょこたん☆ぶろぐ」でも、このネタ使ってましたね。


=やすひと=

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




宮澤喜一元総理が、老衰のため死去しました。享年87歳。

中曽根元総理が弔問に訪れていましたが、
中曽根さんは1918年生まれの89歳。
宮沢さんよりも年上です。

「ハト派」「護憲派」「政策通」として知られた宮澤氏。

巧みな英語を操りながら、漢詩を好む文人。
「保守本流」でありながら、政治家らしからぬ言行。

宮澤さんの死は、自民党における「軽武装・経済優先」路線、
すなわち「吉田ドクトリン」の終焉を意味するのでしょうか。

第2次世界大戦の枢軸国だった、日・独・伊。
戦後、それぞれの再建を委ねられたのは、保守の宰相でした。

日本は、吉田茂。
西ドイツは、アデナウアー。
イタリアは、デ・ガスペリ。

大嶽秀夫に『アデナウアーと吉田茂』という著作がありますが、
欲を言えば、デ・ガスペリを含めた評伝があれば完璧です。

デ・ガスペリ内閣で官房長官を務め、首相などの要職を歴任した、
ジューリオ・アンドレオッティは、宮澤さんと同じ年に生まれました。
アンドレオッティは、終身上院議員として、今なお健在です。

アンドレオッティに、
「権力は、それを持たない者を消耗させる」という言葉があります。

晩年の宮澤さんは、ご病気のせいもあって、
精気を消耗したような容貌になっていました。

宮澤元総理のご冥福をお祈りいたします

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




塩田潮 『江田三郎 早すぎた改革者』(文藝春秋)を読了。

三宮の古本屋で、3冊100円のコーナーにありました。

江田三郎は社会党の政治家で、浅沼委員長暗殺後の委員長代行、
書記長、副委員長を歴任しました。

また、日本社会党における「構造改革論」の担い手でもあります。
もともと「構造改革」は左翼用語でした。

1962年、江田は「江田ビジョン」を発表します。

・ アメリカの高い生活水準
・ ソ連の徹底した社会保障
・ イギリスの議会制民主主義
・ 日本の平和憲法

この四つを総合調整して進めば、
大衆と結んだ社会主義が生まれるというものです。

党内では不評でしたが、一般には好評でした。

結局、江田は党内で主流派になることなく消耗し、
離党後、病に倒れました。

「特定非営利法人 労働者運動資料室」のサイトに、
「江田ビジョン」が掲載されています。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~rounou/myweb1_199.htm

「江田ビジョン」のような、平易でインパクトのあるビジョンを、
社民党でもつくらねばなりません。

…私自身も、「野崎ビジョン」を提案するつもりで、
考えをまとめなければなりませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




加来耕三 『非常の才』(講談社)を読了。

肥後細川家六代藩主・細川重賢の藩政改革を描いた作品です。

上杉鷹山の改革もそうなのですが、
財政再建までに時間がかかりすぎています。

知事とは異なり、藩主は終身なので、
2~30年というスパンで改革を実行できるのでしょう。

民主主義の現代では、終身制の首長はあり得ません。
知事の任期制限も議論になる時代ですから、
数年で成果が見えないと、「失敗」と評価されます。

「権腐十年」という言葉のように、
トップの地位にあるのは十年が限度でしょう。

その意味では、十年で紀州藩の改革を達成した
徳川吉宗の力量は素晴らしいものです。

自治体の首長としての実績は、
政治家としての能力を判断する基準となります。

上原公子さん、山内徳信さんという、
首長経験者を比例候補に擁立した社民党は、
これをセールスポイントにすべきですね。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




年金の問題は、参院選の争点となる重要課題です。

社民党は、基礎年金について、
全額税方式の「基礎的暮らし年金」(月8万円)の創設を、
政策として掲げています。

とりあえず、現行の年金制度を前提とするならば、
少なくとも国民年金の全額税方式への移行は、
実現すべき課題であると考えます。

森永卓郎
『「家計破綻」に負けない経済学』(講談社現代新書)によると、
国民年金の国庫負担を、3分の1から2分の1に引き上げるのに
必要な財源は、2兆7000億円です。

つまり、3分の1(6分の2)と2分の1(6分の3)の差、
6分の1=2兆7000億円ということです。

全額税方式にするのは、あと6分の4増やせばよいのですから、
2兆7000億円×4=10兆8000億円の追加財源が必要です。

消費税1%当たり、2兆円が国庫に入る計算なので、
税率を6%上げれば、つまり11%にすれば、
税方式に移行できることになります。

しかし消費税には、低所得者ほど負担が重くなる、
逆進性の問題が指摘されています。

そこで森永氏は、金融資産への課税を主張します。

個人金融資産は約1400兆円。
一律1%の課税で、14兆円の税収があります。
世帯当たり1500万円の控除を設けたとしても、
森永氏の計算では、約10兆円の税収を見込んでいます。

消費税の税率アップではない負担のあり方として、
金融資産の1%を、基礎年金の財源として求める。

検討する価値はあると思います。

さらに画期的な提案に、
安部忠 『所得税廃止論』(光文社カッパビジネス)
がありますが、その紹介は別の機会に譲ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




イギリス労働党の党首に、ブラウン財務相が選出されました。
27日に、ブレア首相に代わり、新首相に就任する予定です。

労働党初の女性副党首に選出されたのが、
ハリエット・ハーマン閣外相。

副党首が副首相に任命されるかは未定ですが、
労働組合との関係修復に期待が寄せられています。
ちなみに、ハーマン氏の夫は労組の幹部です。

「ニュー・レイバー」「第三の道」を掲げて登場した
ブレア首相も、イラク戦争への参戦など、
支持率が低落する中での退陣を余儀なくされました。

「女性票が期待できる」だけで選ばれたのではないでしょうが、
ハーマン副党首に期待したいところです。

なお、イギリス初の女性首相は、
保守党のサッチャー内閣で実現しています。

では、日本初の女性首相は…

…もしかしたら、福島党首になるかもしれません。

これは、冗談ではありませんよ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大阪のシネ・ヌーヴォにて、
オリバー・ストーン監督の『コマンダンテ』を見る。

ちなみに「コマンダンテ」はスペイン語で「司令官」。
キューバでは、カストロ議長の呼び名として定着しています。

2002年、キューバのカストロ議長との、
3日間のインタビュー(約30時間)を編集した作品。

なぜか親子連れが見に来ていましたが、
中学生くらいの娘さんは、理解できたのでしょうか?

記録映像を随所にはさみながら、
ストーン監督の質問と、カストロ議長の回答が続きます。

キューバ革命の経緯、チェ・ゲバラとの関係など、
予備知識がないと、内容が理解しにくいかもしれません。

99分の映画なので、
ナレーションで説明を入れても問題はないはずです。

NHKのドキュメンタリーであれば、
ナレーションで簡潔な説明が入っていたでしょう。

移動中の車の中で、後部座席に並んで座るオッサン二人。
通訳の女性も隣にいるので、狭苦しい感じが伝わります。

カストロが視察先に行くと、学生や町の人々が、
「コマンダンテ!」「フィデル!」と呼びかけます。

しかし、「独裁者への歓呼」という熱狂的なものではなく、
旅番組のロケに遭遇した、一般の人のような反応です。

「共産主義国の独裁者」というイメージとは異なる、
カストロの一面を見た思いがします。

カストロ好きの人には、楽しめる映画でしょう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




6月21日『京都新聞』電子版に、
京都府連の林代表のインタビューが掲載されたので、
写真を含めて全文を引用します。

<引用はじめ>

政戦へ 代表語る 07京の参院選(5)

社民党 林勇・府連代表 林勇氏

■一貫した主張浸透、護憲訴える

 -安倍政権をどう評価するか。

「小泉政権の後を引き継いだが、カラーは薄い。
 改憲を第一に考え、
 日本を戦争ができる国にしようとしているだけだ。
 国民の声を聴かず、
 教育基本法改正や防衛庁の省への格上げなどを強行し、
 説明責任も果たしていない。
 次々と重要法案が強行採決され、国民もじっくり考える時間がない。
 安倍首相は年金記録の不備問題でも責任逃れ、
 参院選目当ての発言に終始し、国民の不信感が募っている」

 -4月の統一地方選では京都府議選、
  京都市議選ともに党公認候補が落選し、
  念願の議席回復はならなかったが。

「逆風は予想以上に大きくショックだった。
 小さな社民党に期待しても政治は変わらないと、
 自民党への不信が民主党に流れたのかもしれない。
 ただ、格差問題など一貫して取り組んできた主張は
 浸透したと思う」

 -参院選では何が争点になるか。

「まず雇用問題。
 非常勤職員やパートなどの不安定雇用が
 雇用全体の3分の1を占めようとしている。
 非正規社員は賃金も低く、働いても貧しい。
 少子化の中、結婚もできない状態だ。
 政治を変えて正規雇用を増加させ、
 最低賃金をアップさせようと訴える」

「もう一つは憲法。
 これまでなし崩し的に解釈改憲が進んできたが、
 いつの間にか防衛省ができ、自衛軍がつくられようとしている。
 9条によって日本は戦争を放棄した安心できる国として、
 世界の信頼を得てきた。
 自民党による改憲案は米国に追従し、
 派兵や武力行使をできるようにする狙いだ。
 平和が前提にあり日常生活が成り立つのだと、広く訴える」

 -参院選の目標は。

「府内では前回(2004年)の参院選比例代表は約4万5000票、
 05年の衆院選比例代表では6万7000票を獲得した。
 今回は京都選挙区に独自候補は擁立しないが、
 全国で比例代表4人を当選させるため、
 京都で10万票を取るのが目標だ。
 党員が地域でビラや街頭宣伝などを展開する。
 府内全域を回る宣伝カーも出し、目標を達成したい」

 -府議や京都市議がいない中、どう票を上積みするか。

「一大奮起しなければならない。
 ただ、憲法問題がクローズアップされるにつれ
 党員が徐々にだが増えている。
 民主党の誕生時に政治から離れていった旧社会党系の人らが、
 社民党に戻り始めている。
 国民が自らの権利を本気で追求すれば、世の中は変わる」

「年金の給付額は下がり、税金は上がっている。
 社会保障は削られ、失業者も増えている。
 社会的弱者の生活が切り捨てられようとしている。
 労働者の党、
 護憲政党として社民党の存在意義をあらためて強く示し、
 支持を集めたい」

[京都新聞 2007年6月21日付朝刊掲載]

<引用おわり>

代表、副代表そろってヒゲを蓄えています。
ちょっと珍しいパターンですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『週刊文春』6月28日号に、
宮川隆義氏による参院選の予測記事が掲載されていました。

わが社民党は2議席(+1)の予想。
すべて比例区での獲得議席です。

せめて3議席は超えないと、
又市さん、上原さん、山内さんが当選できません。

現在発売中の雑誌なので、詳細は書きませんが、
自公合わせて106議席(過半数は122議席)という
勢力分野になるそうです。

民主党は106議席となる予想ですから、
参議院では自民党を超えて第1党になります。
よく考えると、すごい結果です。

参院選後の政治情勢によっては、村山内閣以来の、
社民党首班の誕生が想定されます。

ともあれ、社民党の議席増に向けて、活動する所存です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




木曜夜、図書館の帰り、いつものパチンコ屋に寄る。
「必殺仕事人Ⅲ」を打つも、不調なので、
「新世紀エヴァンゲリオン 奇跡の価値は」に移動。

3枚目の500円玉を使ったとき、
5分間のミッションモードに突入。

とりあえず4枚目の500円玉を使うと、
「ミッション追加」の表示が。
この時点で、大当たりは確定です。

確変に昇格するも、1セットで終了。
しばらくは、我慢のパチンコが続きます。

すると突然、エヴァ零号機の役物が動き出しました。
暴走モード(碇ユイVer.)に突入です。

リーチがかかると、碇ゲンドウと冬月コウゾウが登場。
「勝ったな」「ああ」という、プレミア演出。
弐号機リーチになり、ボタンを押すと、
アスカでなく、渚カヲルのカットインが!
これも、プレミア演出です。

閉店時間になったので、3箱で交換。

「きっこの日記」みたいな展開ですね…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝、テレビを見ていると、
『必殺仕事人 旋風編』の再放送がありました。

すると、番宣のCMで『必殺仕事人2007』の予告が!

7月7日(土)夜9:00から、
2時間のスペシャル版で放送されます。

仕事人には、東山紀之(少年隊)、松岡昌宏(TOKIO)、
大倉忠義(関ジャニ∞)のジャニーズ勢が。

『必殺!主水死す』で死んだはずの、
中村主水(藤田まこと)も登場します。

できれば、中村主水ではなく、
劇場版『鬼平犯科帳』で演じた「白子の菊右衛門」のような、
凄みのある元締で出演して欲しかったのですが。

オーソドックスな「主水シリーズ」ならば、
映画第1作の『必殺!』がおすすめです。

前期必殺のハードな路線が好きな人には、
映画第3作の『必殺! 裏か表か』。

ソニー千葉とJACが好きな人には、
映画第4作の『必殺4 恨み晴らします』。
ほとんど「必殺」ではありませんが…

ともあれ、『必殺仕事人2007』が楽しみです。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




6月23日(土)、奈良と兵庫で、
社民ユース近畿の街宣キャラバンを行います。

10:00 近鉄「奈良」噴水前
11:30 近鉄「西大寺」北側
14:30 「三宮」北側
16:00 元町

以上の場所と時間で、青年党員からのメッセージを伝えます。

雨になるかもしれませんが、
キャラバンを見かけたら、メッセージに耳を傾けてください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日、父が梅の実を持ち帰りました。

その夜、老母が梅ジャムづくりに初挑戦です。

潰して種を取り出した梅肉を、鍋に入れて煮ます。
砂糖を混ぜ、一晩寝かせたものを味見しましたが、
程よい酸味が舌に心地よいものでした。

これを煮詰めれば、ジャムが完成します。

梅の実を見て思い浮かんだのは、
後漢末、「治世の能臣、乱世の姦雄」と評された、
「魏の武帝」曹操のエピソードです。

曹操は行軍中、兵が喉の渇きに苦しむのを見ましたが、
水源は、はるか遠くにあります。

そこで、
「前方に梅の林がある。梅の実で渇きを癒せ。」
と号令をかけると、兵は梅の酸味を思い出し、
口の中につばが湧き出して、喉の渇きが癒され、
無事水源にたどり着くことができました。

武将、政治家、そして詩人として知られる曹操ですが、
「人の心を動かす才能」という点では共通しています。

また、曹操と梅のエピソードでは、
「青梅、酒を煮て英雄を論ず」も有名です。

曹操は劉備を梅園での宴に招き、
雑談の中で、ライバルを手厳しく批評します。
「では、英雄と呼べるのは誰ですか?」と劉備が問うと、
曹操は「天下の英雄は、君と余だ」と断言します。

驚いた劉備は、雷鳴が轟いたのを幸い、
雷を恐れる小心者を装い、曹操の警戒を解こうとしました。

曹操の『短歌行』に、
「何を以ってか憂いを解かん ただ杜康あるのみ」
という一節があります。

「杜康」とは酒のことです。

曹操を見習い、今晩もビールで憂いを解くことにしましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ