ELLの足跡

人は最後は一人だと言う・・・でも、今は妻が傍にいる・・・

ELL-ヤマウチ

トーションレースの製造企画卸
梅肉エキス販売
和紙健康タオル
トーションレース&細幅テープの試作品の小売りコーナー



日々のパソコン案内板


【Excel関数】   No.1(A~I)   No.2(J~S)   No.3(T~Y)
【Excelの小技】  【HTMLタグ&小技】  【PDFの簡単セキュリティ】
【IMEバー(言語バー)が突然消えることの対処方法】
【Windows8.1 極端に起動速度が落ちてしまった場合の対処方法】
【Windows Live Mailで文字化けする場合の修正方法】
【Windows Live Mailで文字化けする場合の修正法(メールの設定編)No.2】
【Excel振替伝票の借方に入力したら貸方に対比する科目を自動記入】
【Windows Live Mailのカレンダー更新を止め不具合を修正】
【Excel2007 VBAと関数の組み合わせで日曜日だけ違う数字を入力】
【Excel2010以降は条件付き書式設定での文字色にも対応!】
【Windows10のWindows PowerShellでシステムスキャンの手順】

タクシー業界 スマホアプリで配車サービス競争激化?!

2018-08-20 | 日々のパソコン
先月の結婚式出席の時・・・

初めは、駐車場の問題もあり電車とタクシーで行こうかとも考えて、

スマホにタクシーの配車アプリをインストールして置きました・・・が、

結局、余りの酷暑に車で行こうということになり、

結局、配車アプリを使用することもなくアンインストーしてしまいました(^-^;


ここ何年も、飲み歩くことも・・・出張もなくなってしまったし・・・

旅行にしても、今は車で行ってるので

タクシーを利用することがなくなってしまいました・・・


ただ、将来において免許証を返納したら・・・タクシーも乗るかも・・・いや、高いから乗らないかも(笑)

今朝は、そんなタクシー業界の現在を取り上げた記事を転載してみようと思います。

~以下、8月19日読売新聞朝刊より抜粋~

タクシー到着時刻 料金もわかる
配車アプリ 競争激化
 スマートフォンのアプリを使ったタクシーの配車サービス競争が激化している。国内のタクシー会社はIT(情報技術)企業やメーカーなど異業種との連携を加速させ、人工知能(AI)を活用した新アプリの導入などで利便性を高めようとしている。
タクシー業界の提携の構図

 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは7月下旬、自明のアプリを使ってタクシーを呼べる実証実験を兵庫県の淡路島で始めた。県や地元タクシー会社との共同事業で、到着までの時間やおおよその料金が事前に分かるのが特徴だ。淡路島では路線バスの減便や廃止が進んでいる。県の担当者は「効率よい移動手段としてタクシー利用を促したい」と話す。海外からの旅行者向けにアプリは外国語にも対応した。
 ウーバーは一般ドライバーが有料で客を乗せる「ライドシェア」を海外で展開している。タクシーにとっては脅威だ。だが、日本ではこうした行為は「白タク」として原則禁止されており、タクシー会社と組んだ配車サービスに注力することにした。大手の第一交通産業(北九州市)とも提携に向けて協議している。
 国内では日本交通(東京都)が2011年に配車アプリのサービスを開始。若年層の利用を掘り起こすのが狙いの一つだ。
日本交通グループの配車アプリ「全国タクシー」
スマホの普及でアプリの利用が増えたことで、最近はタクシー以外の業界も配車サービスに関心を強めている。
 トヨタ自動車は今年、日本交通グループ会社に出資した。両社はKDDIとスマホの位置情報や天気などのデータからAIでタクシーの需要を予測し、運転手にも情報を提供している。客を見つけやすいルートが分かり、運転手の収入も増加。客待ち時間減少にもつながったという。
 ソニーは国際自動車など都内で営業するタクシー会社7社と新会社を設立し、今年度中にAIを活用したアプリを導入する。「家庭用犬型ロボット『アイボ』などで培ったAI技術を新たな領域に広げ、ビジネスチャンスにしたい」(ソニー広報)という。
 ウーバーにも出資しているソフトバンクグループは今秋、中国の配車大手「滴滴出行(ディディチューシン)」と東京や大阪などの主要都市で、実験的にアプリを提供する。
 日本のタクシー業界では、将来、ライドシェアが解禁されるのではないかとの警戒感が根強い。そのため、業界では「タクシーがITで武装すれば、ライドシェアのニーズは高まらない」(大手タクシー会社幹部)との声もある。アプリを通じて顧客を囲い込む動きは激しさを増しそうだ。
コメント