旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

"風立ちぬ" 高原から日本海をめざして 信越本線を完乗!<山線編>

2013-12-14 | 呑み鉄放浪記

 信州へ越後へと鉄路が分岐する旧くからの交通の要衝高崎駅を起点に信越本線を往く。
高崎から直江津までのいわゆる「山線」は、浅間山、千曲川、妙高山と車窓が豊かな路線だ。

1998年の長野新幹線開業を期に、かつての大幹線も並行在来線への移管で分断された。
僅か2両で横川をめざす各駅停車、主な乗客はご多分に漏れず高校生とご年配の方だ。

高崎からの鉄路は碓氷峠を登れず横川止まりとなっている。往く手を阻む車止めが寂しい。

 "峠の釜めし" は高速道路のサービスエリアやインター近くの大型店で手広く販売している。
横川駅前では創業の店が営業している。僅かに20席程だがここで食べることもできる。

 かつて補助機関車に押されて登った横川から軽井沢への碓氷峠区間は廃止となった。
学生時代、上京に帰省に何度も乗車した区間を、今ではJRバスが僅かに1日8往復連絡する。

妙義山を眺めながら35分、JRバスで碓氷バイパスを登ると "風立ちぬ" 軽井沢だ。
日本を代表する避暑地の駅も、さすがにこの時期は落ち着いている。

長野新幹線のJRとしなの鉄道が同居している軽井沢駅。
ここから篠ノ井までの信越本線は並行在来線として第3セクター「しなの鉄道」に移管された。
ガンメタリックとレッドに化粧直しした115系のカラーリングが斬新だ。

 浅間山の雄姿が見えてくる。個人的には信濃追分から御代田の間が一番美しいと思う。
かつては信越本線の特急に、今では長野新幹線に「あさま」の名称はおなじみだ。
北陸新幹線金沢延伸開業後も「あさま」の名称は東京・長野間に残ることが決まっている。

篠ノ井以北は再び信越本線となる。全ての列車は信越本線に乗り入れて長野が終着駅だ。
7番線にスカイブルーのラインが入った長野色の6両編成、直江津行に乗換える。
長野~直江津の区間も2015.03北陸新幹線金沢延伸開業を期に第3セクターに移管される。
県境の妙高高原までは「しなの鉄道」その先直江津までは「えちごトキめき鉄道」となる。

信越国境を越える。
右手に越後富士・妙高山の雄姿を仰ぎ、6両編成は日本海を目指して裾野を駆け下りる。
車窓から見る妙高山は関山とスイッチバックの二本木の間が美しい。

信越本線が日本海と出会う直江津は北陸本線と合流し北越急行が分岐する交通の要衝だ。
佐渡航路と連絡する湊町の駅舎は客船を模し、電柱はマストをイメージしてできている。
浅間を望む高原の駅から、千曲の流れと共演し、妙高を眺めて直江津に至る「山線」 の旅だ。

   信越本線 高崎~横川   29.7km
しなの鉄道 軽井沢~篠ノ井 65.1km
   信越本線 篠ノ井~直江津 84.3km

風立ちぬ / 大瀧詠一

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安曇野から善光寺平へ 姨捨山... | トップ | 今日も霧が降る "万代橋" へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呑み鉄放浪記」カテゴリの最新記事