ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

『細いスピーカーケーブルは低音が出ない』は本当?vol.3

2016-07-25 | スピーカー
「『細いスピーカーケーブルは低音が出ない』は本当?vol.2」の続きです。

ここまでの2つの実験結果からは「細いスピーカーケーブルで低音が出なくなるというのは嘘」となりました。

次に実際に細いケーブルで聴いてみました。

ケーブルの太さは0.5スケアです。



当社の標準ケーブル(3.5スケア)に比較すると1/7です。

音色は線材の種類や構造によって異なりますので

ここでは「低域が出なくなるか」という点のみ評価します。

試聴は前回同様

JAZZ(茶色の小瓶/角田健一ビックバンド)、クラシック(剣の舞/ハチャトリアン)、

ポップス(Blue eyes ble/クラプトン)の3曲です。

結果ですが・・・

やはり低域が出なくなることはありませんでした。

計算値、シュミレーション、実際の試聴

3つの結果とも「細いスピーカーケーブルで低音が出なくなるというのは嘘」となりました。

では雑誌等で「細いスピーカーケーブルで低音が出ない」と書いてあるのはどういうことでしょう?

理由はいくつか考えられます。

1、一般に太いケーブルは高価で、細いケーブルは安価です。

  これらの差別化を図るためと考えられます。

  つまり、低音が出ないのならば安いケーブルは止めて、

  高いケーブルを買おう!ということです。

2、見た目の問題があります。

  「太いケーブルは低音がでそう・・・」

3、ケーブルが細くなると音がソフトになります。

  その結果、低域に迫力がなくなり

  「低域の迫力がない」→「低域がでない」となった可能性はあります。

こういった基本的な事柄は今では雑誌では真剣に取り上げません。

それは「細いスピーカーケーブルで低音が出なくなるのか?」という実験をしても雑誌が売れないからです。

雑誌もメーカーも販売店も皆営利団体なのでしかたのないことです。

ところで、

細いケーブルでは低域は落ちずにソフトになるのですから

これを生かしたケーブルを考えてみましょう。

例えば、キンキンと刺激的な音を出すスピーカーに

あえて細いケーブルを組み合わせることで

意外に良い!という結果にならないかという目論見です。

次回に続きます。


ドイツ・クアドラル社のスピーカー『ロジウム200』のキャンペーンを行っています。



(詳細はこちら

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『細いスピーカーケーブルは... | トップ | 『細いスピーカーケーブルは... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。