野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

森のたまごの子ども達と1日一緒に過ごしてみませんか?


 入園を検討している方…
 子ども達の姿を実際に見てみたい方…
 森のたまごに興味のある方…
 大人だけの研修、体験、見学も受け付けております。日にちはご相談に応じます。

<開催日>
5月→30(木)
6月→11(火)13(木)25(火)27(木)
7月→2(火)5(金)9(火)
9月→12(木)17(火)19(木)24(火)26(木)
10月→1(火)8(火)15(火)17(木)22(火)24(木)29(火)31(木)
11月→8(金)12(火)14(木)

・火曜日はおさんぽ、木・金曜日は広場での活動。
・対象は見学希望者
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================= 「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

活動場所が決まりました!!

長らく拠点探しをしていましたがこの度
拠点となるお山をお借りすることとなりました!
これからは、地主さんの力をお借りして、父ちゃん母ちゃんで整備していきます!
もちろんお手伝い大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。

個人会員 一口 3.000円

団体会員 一口 5.000円

申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

9月27日(水) てくてく春夏組12回目(最終回)

2017年09月27日 | 親子組
ついにてくてく春夏組、最終回を迎えました。
やはりさみしい、でも最終日を楽しもう、いい日にしようという引き締まった気持ちを持ちつつ
今日を迎えました。

子供たちはみんないつもの笑顔で元気に「おはよう!」と挨拶してくれました。
少し風邪気味のTやくんまで朝の会だけ顔を出してくれました。

最終日もいつもと同じ。思い思いに遊びます。


連なってすべり台をすべります。


木の棒を集めるのが大好きなAらくん。回を重ねるごとに棒のグレードがアップしています。
今日のは・・・うん、強そう!


絵本の中のだんごを必死で食べに行く子供たち。絵本が終わるころにはお腹いっぱい!


葉っぱを魚に見立てさかな釣りしたり、おっきな四角い石のおもちの料理もしてたね。


お腹がすくのも忘れるくらい遊び、お昼が終わってまた遊ぶとあっという間に帰りの会。
いつもは遊ぶ場所が何か所かに分かれるのに、今日は1か所でぎゅっと近く遊ぶ時間が多かったなあ。


さあ帰りの会です。
絵本を読んでみんなにべっちゃんとみきちゃんからプレゼント。
たまごのお母さんが作ってくれた木のマグネットです。
一人ずつ名前を呼び、はにかみ顔、ニコニコ笑顔、みんな最高の顔で受け取ってくれました。

そしてなんと、お母さんたちからのサプライズプレゼントをいただきました。
一緒にてくてくで過ごしてくれただけで感謝感謝なのに、感激でした!ありがとう。

解散するのが名残惜しく、写真を撮ったり、みんなでお話ししたり・・・
かわいい子供たちと素敵なお母さんたちと出会えて本当に幸せでした。

半年間のいろんな場面が浮かんできます。短いようで、でも想い出たっぷり。
素敵な時間を本当にありがとうございました。


てくてくでまた、会いましょう!


(みき)



コメント (1)

横浜りんごの木 青山誠氏講演会のご案内

2017年09月27日 | 保育
きたる10月1日、Eテレ「すくすく子育て」でおなじみの横浜りんごの木より、子どもたちのミーティングを得意とする青山誠氏を豊田にお招きして講演会を開催する運びとなりました。

テーマ
子どもの隣で生きる
~おとなも子どももありのままに共に過ごす~


子どもっておもしろい!と感じながら、おとなも安心して楽しく、子どもの傍に居られたら素敵だなって思いませんか?

日時:2017年10月1日(日)
13時~15時(12時30分より受付開始)

場所:豊田教職員会館・大会議室

参加費:2000円

託児についてはご相談下さい。
お子さんの年齢や託児への慣れ具合によって、まだ若干名受け入れ可能です。

こくちーずよりお申込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/479134/
※午前の部については受付を終了致しました。

↓↓りんごの木のホームページはコチラ↓↓
http://ringono-ki.org/top.htm

↓↓青山誠さんが紹介されている記事↓↓
http://greenz.jp/2015/05/13/ringonoki/

たくさんの書籍が出版されています。その書籍の一部よりエピソードを紹介させて下さい。

☆海への遠足が雨で延期になった時のエピソード☆
(『こどものみかた春夏秋冬』柴田愛子著より)

「子どもたちが次々にやってきましたが、何も言いません。~中略~そこであかりちゃんがきた時に『今日は残念だったね』と声をかけました。すると私をにらみながら『かってにきめた』と、小さいけれど強い声でいわれました。思いがけない返答にほんとに驚きました。」
そこで翌日は、雨でも晴れでも改札口に集合ということにしたそうです。
そして翌日は朝からザンザン降りの雨。
雨でも海に行きたいか、静かに胸に手をあてて、おとなも子どもも自分で決めたところ、半々にわかれたそう。
そこで、半分は雨の中、海へ。
「『あめがふっていたって、どうせぬれるんだからおなじさ。ちょう、たのしかった!』と鼻の穴を膨らませながら言います。無事でよかったという安堵感と子どもたちの姿にあきれながらも、行ったのはよかったと思いました。雨なら延期というのが当たり前になっていた私。どうして当たり前だったのかと考えてみると、経験があるからです。雨の中で思い通りにならなくて残念だったという体験を、きっと積んできたからでしょう。考えてみると、今、子どもたちはまさに体験を積みながら成長している最中なのです。」

☆あおいくんの冒険☆
(『子どもたちのミーティング』柴田愛子・青山誠共著より)

あおいくんは登園の時、お母さんと離れたくなくっていつも大暴れ。青山さんが抱きかかえてそれでも大暴れしてふりほどいてお母さんの車をおいかける日々。
いつもならあきらめてりんごの木のお部屋に行くのに、すたすたと歩き出したある日のこと。
「『あおいくんどこへいくの?』とぼくが聞くと、『うるさい!ついてくんな』と言ってそのまま歩いていってしまう。大好きなお母さんから引きはがしてしまうぼくに、すごく怒っている様子。~中略~
しばらくいくと、あおいくんの足がぴたっと止まった。目の前には、小さな横断歩道。信号は青。あおいくんは、じーっと信号を見つめている。そのうちに青信号が点滅しはじめ、やがて赤に変わる。~中略~
あおいくんの隣にいるぼくには、その小さな横断歩道が深い深い川に見えてきた。水がとうとうと流れ、向こう岸に渡るには勇気がいる。『しんごう、わたったことないんだよな。』あおいくんが」ぽつりとつぶやく。」
そして、翌日は、もっと大暴れしてお母さんの居るところまで行くと言ったそう。青山さんとあおいくんが歩いていくための準備をしていると、4,5人の子どもたちもついていくとなった。
その日は、小さな横断歩道は渡れたが、大きな交差点のところであきらめて引き返してきた子どもたちと青山さん。
その後、「りんごの木に居てお母さんに会いたくなっちゃったらどうする?」をテーマに子どもたちのミーティングがひらかれたというエピソードです。
子どもたちから出た、“りんごの木からお母さんに電話をする”という提案を実践したあおいくん。
後日談のお母さんのコメントがまた素敵です。
「『あの留守番電話、宝物です!大事にとってあります。』と教えてくれた。のぞみちゃんの声だけでなく、その後ろから、『しー、しずかに!』『あおい、ほら、はなしなよ』などなど、みんなの声が聞こえてきて、ああ、あおいが仲間に囲まれているんだということがしみじみと感じられて、感動しましたとのことだった。」

長文最後までお読み下さりありがとうございます。1日、こんな素敵なエピソードが目白押しですよ(^_-)♪
コメント

「第1回あいち自然保育大交流会」10月1日(日)開催

2017年09月21日 | 園の外で
横浜「りんごの木」保育者 青山 誠氏の講演会を開催します。
りんごの木は「大人の自由が子どもの自由を保障する」「正しい保育より楽しい保育」などをモットーに保育をしており、子どもに関わるプロジェクトを次々に展開しています。
今回は、子どもたちのミーティングを得意とする青くんこと青山誠さんをお招きして、「自然保育」について、大人のあり方から考え深めることができればと思います。
お知り合いの方などお誘い合わせのうえ是非ご参加ください!
お申し込み、お待ちしてます!


日にち:2017 年10月1日(日)
場所:豊田市教職員会館・大会議室 (豊田市保見町西古城92)

【第一部】 (定員60名)
    10:00〜12:00
    参加者のテーマ持ち寄りによる『オトナたちのミーティング』
    自然保育認定制度についての紹介
    申し込み時に皆さんにいただいたテーマを元に、グループ分けしたテーブルごとにミーティング。
    *りんごの木 青山誠氏も参加してくれます!

【第二部】 (定員100名ほど)
    13:00〜14:30
    りんごの木 青山誠氏講演会    
    新刊「子どもの心に耳をすますための22のヒント あなたも保育者になれる」発行記念講演

•参加費 2000円(通し参加も各回のみの参加も同じ)

•お問い合わせ&お申し込み
こくちーず
http://kokucheese.com/event/index/479134/

申込み時、問合せ欄に
①託児の必要の有無をご明記下さい。
② 第一部『オトナたちのミーティング』で話し合いたいテーマをご明記下さい。
 例、「子どもの主体性を引き出す声かけ」、「子どものミーティングとテーマ設定」など

〈青山 誠さんプロフィール〉
NHK Eテレ すくすく子育て でお馴染みの「りんごの木」保育者。
大学時代のボランティアでの子供との出会いをきっかけに、芸術学部文芸学科卒業後すぐ、幼稚園に就職。保育園での勤務を経て、2007年より現職。保育の他に執筆、イベント企画など幅広く子どもに関わる事業を展開中。著書に『子どもたちのミーティング〜りんごの木の保育実践から』(柴田愛子との共著/りんごの木)、絵本『赤いボールをさがしています』(文・青山誠、くせさなえ/小学館)など。

【主催】野外保育とよた森のたまご
【後援】あいち森のようちえんネットワーク、みよし市、豊田市






(noe)

===============================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

コメント

「オンリーワンまつり」初出店 10月7日(土)

2017年09月21日 | 園の外で
第7回 オンリーワンまつりに初出店します

日時:10月7日(土) 10:00〜14:00
会場:社会福祉法人 オンリーワン(元町工場の西側)

枝のフレーム+毛糸+さをり織りを使って、ドリームキャッチャーのワークショプをやります。


その他、物販もあります。他の出店者さんも素敵ですよ、是非遊びに来て下さいね。

オンリーワンまつりのfacebookもチェックしてみて下さい。
https://ja-jp.facebook.com/OnlyoneMatsuri/

(noe)
コメント

9月19日(火)大きなどんぐりの木の下で♪

2017年09月20日 | 保育
スタッフ3人と母1人の当番。
なんだろう、この安心感。
途中、熟れた柿を見つけてどうしてもとりたくなった私。
大きなりーちゃんにKはちゃんを肩車してみたものの、Kはちゃんは柿には興味がない様子。
でもどうしてもとりたくて必死に枝を引っ張って、なんとか収穫しました。
今、3年生のMいしん、柿やアケビを見つけては食べていたのを思い出すなぁ。

皆が入れる木陰を探して、
大きな (くりじゃなくて) どんぐりの木の下で ♪
お弁当を食べました。
ふかふかと苔むしたどんぐりじゅうたん。
去年は木のムロに蜂がブンブンしていて近づけなかったみたい。
今年は大丈夫。秋風が最高に気持ちいい。


空を見上げたKいちくん、Mこちゃんが秋の雲を眺めて「あのくもにのってみたいなぁ」
なんというメルヘン!


お弁当を食べた後に柿をむいて、Tろが皆に配ってくれました。
Kいちくん柿大好きなんだね。もっともっとと食べてくれました。

いろんな物を自分の手でとって、あれもこれも食べた経験をしてほしいな。
きっと大きくなっても忘れないと思う。たくましく生きていけるように。

不思議なクモの巣


スタッフりほちゃんにとっては初めての場所、どうだったかな?

(noe)
===============================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052
コメント (1)

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052