野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

森のたまごの子ども達と1日一緒に過ごしてみませんか?


 入園を検討している方…
 子ども達の姿を実際に見てみたい方…
 森のたまごに興味のある方…
 大人だけの研修、体験、見学も受け付けております。日にちはご相談に応じます。

<開催日>
5月→30(木)
6月→11(火)13(木)25(火)27(木)
7月→2(火)5(金)9(火)
9月→12(木)17(火)19(木)24(火)26(木)
10月→1(火)8(火)15(火)17(木)22(火)24(木)29(火)31(木)
11月→8(金)12(火)14(木)

・火曜日はおさんぽ、木・金曜日は広場での活動。
・対象は見学希望者
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================= 「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

活動場所が決まりました!!

長らく拠点探しをしていましたがこの度
拠点となるお山をお借りすることとなりました!
これからは、地主さんの力をお借りして、父ちゃん母ちゃんで整備していきます!
もちろんお手伝い大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。

個人会員 一口 3.000円

団体会員 一口 5.000円

申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

12月11日(水)子育て広場 開催!

2019年12月01日 | 年間行事

いよいよ本格的に寒くなってきて
外遊びがおっくうな季節になってきました。
でも寒さなんて子供達には関係ない!
大人も子供も動けば体はポカポカに♪
ひとりでは嫌だけどみんな一緒なら楽しいよ♪
焚き火をして、火を囲んでおしゃべりするのもいいね♪
大人も子供もみんな集まれ~!!

★対象  未就園児親子

★日時  12月11日 水曜日
10時30分〜11時30分

★雨天決行
(雨具を着て遊びましょう)
荒天中止(中止の場合、連絡します)

★場所 豊田市扶桑町
詳細はメールにてお知らせします

★服装
長袖 長ズボン 靴 帽子 水筒

★持ち物
着替え、替えの靴もあれば

★参加費  無料(但し、保険代50円×人数分を頂きます。よろしくお願いします。)

★定員 10組程度

★申し込み、お問い合わせ
野外保育とよた森のたまごmorinotamago2010@yahoo.co.jp
山口まで
コメント

11月7日(木)ふたりの世界

2019年11月08日 | 保育
木と木の間にロープで作られた『クモの巣』
もり組KタKチはロープをあちこちにかけては縛って楽しむ。つかまりながら解けないようにしばっていく。




隣にいるこえだ組の2人、たしかやりたいって言ってたのにな。入って行けれなかったかな、青いロープは2人で使っていたのにね。



1本また1本ともり組2人が取りにきた。

とうとう最後の1本になっちゃった。
「あと1本になっちゃったね。」
「これはここにしばっておこうか。」
「あっこれで魚つれるね。」
「ほら、あそこに!」

怒ることなく。
抵抗することなく。
平和な会話は続く。

そして、しばってあったはずの最後の1本も、するりするりといつの間にか、クモの巣にしばられてしまった。

こえだ組2人、それでも全く気にすることなく
「わぁ、あそこにサメがいる〜。」
「ほんとだ!ぁあ〜どうしよ〜。」
「10で走っていく?」
「10.9.8.7....」
「あー、こわかったねー。」
「ちょっと冷たかったねー。」
ニコニコ走って行っちゃった。

そんな2人の平和な会話を聞きながら、もり組Kタがクモの巣の上からウフフと笑う。



(年長母ふーみん)
======================================

「森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     

HPはじめました! https://www.morinotamago.com/


======================================

コメント

10月31日(木) 今日のSタ

2019年10月31日 | 保育
朝一番に登園したSタ。
ひと通りの準備をお母さんと一緒にしたあと、、、
「お母さんにバイバイしに行こう!」と、私を誘う。
お母さんも驚きのかお。めずらしいことです。
なんだか今日はいい調子ですね。

とびきりの爽やかな笑顔でいってらっしゃいのタッチ、ぎゅー、をすると、
「おかあさん、S S、バイバーイ!」
ご機嫌でいってらっしゃいができました。

活動中もいい調子。

二階でお散歩をしていたらみつけた!
ニョロニョロ〜
「足、ついてるね」
「カナヘビだ!まーさん、取って!」
「えー、私、さわれないよ」

エイッと、カナヘビを超える速さでSタが捕まえた。
やったね!
Sタの嬉しい顔になにかを察した子供たちが集まってくる。
「みせてー」
「元気だからおとこのこかなー」
「クモとかバッタとか食べるよー」
小さな手から手へ渡る隙をついて、カナヘビが必死で逃げた!

あー、残念。
もうちょっとこの喜びを味わいたかったね。
と思いながらSタの顔を見ると、
「さっきの写真(カナヘビを捕まえた時に撮りました)、お母さんに送っておいてね」



この余裕、今日のSタはやっぱり無敵です。

みんなが帰った後に、声がする方を見ると、木の上にSタ!初めて見る光景です。
お母さんと弟と3人でニコニコ笑顔でした。
Sタの大きな目と白い歯がキラキラして眩しかった!
今度は思う存分達成感を味わえるね。

いつものSタもかわいくて大好きだけど、こんな風に難しいことをぴょんぴょーんと飛び越えちゃうSタ、かっこよかったわー。


(年少母 まー)


======================================

「森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     

HPはじめました! https://www.morinotamago.com/


======================================







コメント

10月30日(水)豊かな時間

2019年10月30日 | 保育
たまごでは、今、あちらこちらの拠点で「あけびとり」が旬な遊び。

我が子Kタは、当番母から「動きがシルク・ドゥ・ソレイユみたい」と言ってもらうくらい、木々によじ登り、木をうんていの如く渡り、華麗な(?)動きで、あけびとりに興じている様子、、、を以前から聞いていました。

そして、今日。
もり組のKル、Kタ、Kチ、Jウと初めて「あけびとり」に同行。

ベビー当番やら何やらで、畑に当番で入ることが少なかった私。
畑当番でも、違う遊びに入っていて、なかなか行けんかったんよー。

まずは、用水路に入り、ジャブジャブ進む。

はあ〜!
これが、畑の日は、靴もズボンもズブ濡れの理由ね。

Kル、Kタ、Kチは慣れたもので、どんどん先に行く。
Jウと私は、ちょっと待って〜と言いながら追いかける。

いや、Jウは川に落ちている鍋のフタやら空きビンを面白がって拾いながら、遊びながら、マイペースに進んでる。
待って〜感は、ない(笑)



私は3人を追いかけながら、この光景に、じーん、とした。

澄んだ秋晴れが広がり、長靴で用水路を進む、プチ探検。


私事になりますが、私自身が年中・長の頃、奥三河に住んでいて、そこで遊んだ景色を今だに覚えています。

のびのびと、自然のなかで、自分の時間を満喫していたあの頃。

あんな経験を子どもたちに、と思った時、森のようちえんだ!と、ピンと来たのでありました。


そして、今、ここに、我が子といる。


移りゆく季節のなか、色々な遊びや、クワガタ・カブトムシ・カナヘビ・あけびなどを求めて散歩を楽しむ。

信頼出来る大人に見守られながら、仲間と好きなことを毎日して、とことん味わいつくしているであろう彼ら。


私は未熟な母で、家で怒鳴ってしまうことは多々あります。
けれど、親のエゴでありながら、我が子にあげたかったものを確かにあげられている、と思った瞬間でした。

みんな、ありがとう。




午後からは、ウクレレを弾きながら歌を歌ったり



バッタを捕まえたり





穴にスコップやら木を橋にして、そこを渡る遊びをしたり



芋のツルでカゴを編むJウの母ちゃんがいたり。

思い思いに過ごす豊かな時間が、そこにありました。


(年長母みっちー)

===============================

「森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     

HPはじめました! https://www.morinotamago.com/
コメント

10月29日(火) 雨の日のお散歩

2019年10月29日 | 保育
今日は森のお散歩の日。
予報のとおりに、朝から雨。

朝の会でみんなのしたい事を聞いていくと、森の中をお散歩しながら屋根のある所に行きたい気持ちの子がチラホラ。
前回青かった柿が気になる食いしん坊も。

それでは、雨で身体が冷える前に早速出発〜!と、いきたいところが、この日は1日体験の大人が数名いたり、母子分離に涙している子もいたり、少し心が落ち着かない様子。

散歩の道には見通しの悪い道路も渡るので、気持ちが落ち着くまで朝の会の神社で少し過ごす事になりました。



いつもの神社。今日は雨。
雨の遊びが始まり、濡れているのを忘れて遊ぶたまご達。
坂道を使って水を流して、ダム遊び。石を集めて水をせきとめて水の流れの変化を楽しむ子。
柿の葉っぱに雨水を集めて、雨屋さん。




ダム遊びの途中、早く散歩に出発したい気持ちを思い出したもり組(年長)KタとKチ。
みんなにお散歩に出れるか聞きにいきました。
…と、思ったら、リレーが始まり盛り上がる。
また、「そうだ!」っと思い直して、はっぱ組さん(年少)の気持ちを聞きにいきました。
…と、思ったら、細い足場を使って、忍者の修行が始まり集中モード。




大人の「寒いしお散歩早く行こうよー」の言葉はゴクンと飲み込む。


いろんな遊びを全力でこなしながら、KタとKチの「お散歩に行きたい人はこの丸の中に!」の声で、11時ごろにみんなを集められました。

濡れて寒くなり着替えている子を、地面に描いた狭い円の中で待ちました。
「指スマしながら、待とう〜」と、小さな円の中でももり組さんの遊びが始まりました。
着替え終わって、みんなの出発の準備ができても、盛り上がってるもり組さん達。笑
円の中でもり組の遊びを見ながら待っていた、はっぱ組KウとKマに、「早く行きたいんだけど!」と言われていました。
この2人、朝の分離で泣いていた2人。
こんなに全体に声が出るんだね。なんかもう大丈夫だね。




朝の会からだいぶ経って、雨の中の散歩に出発しました。
雨で森の中は白っぽく、身体が寒い子も。
もり組のKルが寒いと言う子の手を握って歩いてくれました。





屋根の目的地までの道中、赤土を見つけて団子を作ったり、アケビを見つけたり、栗をみつけたり、子ども達のアンテナは雨でも変わらず。

見通しの悪い道路の横断の場所は、みんなで集まってから渡る約束をしました。
ロープを握る事になり、誰が先頭かで意見がぶつかる。
大人の「じゃぁ、どうする?」「じゃぁ、こうすれば?」の言葉が出そうになるのをゴクンと飲み込む。
結局子ども達が折り合いをつけて無事に横断できました。




屋根の広場には12時過ぎに到着。
お腹が空いた〜の気持ちは大人だけ。
すぐに砂遊びが始まる子達。
濡れた洋服がどうなろうと関係なしに楽しみます。
長い竹を使って、柿を器用にとる子達。
目標の数まで諦めません。






「早くお弁当食べよー」の大人の言葉は何度も飲み込み、結局お弁当が喉を通ったのは1時になりました。

雨の今日も盛り沢山な1日!
子ども達はどんな時でも楽しめちゃうね!


(年中長母 ゆう)


======================================

「森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     

HPはじめました! https://www.morinotamago.com/
コメント

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052