野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

森のたまごの子ども達と1日一緒に過ごしてみませんか?


 入園を検討している方…
 子ども達の姿を実際に見てみたい方…
 森のたまごに興味のある方…
 大人だけの研修、体験、見学も受け付けております。日にちはご相談に応じます。

<開催日>
5月→30(木)
6月→11(火)13(木)25(火)27(木)
7月→2(火)5(金)9(火)
9月→12(木)17(火)19(木)24(火)26(木)
10月→1(火)8(火)15(火)17(木)22(火)24(木)29(火)31(木)
11月→8(金)12(火)14(木)

・火曜日はおさんぽ、木・金曜日は広場での活動。
・対象は見学希望者
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================= 「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

活動場所が決まりました!!

長らく拠点探しをしていましたがこの度
拠点となるお山をお借りすることとなりました!
これからは、地主さんの力をお借りして、父ちゃん母ちゃんで整備していきます!
もちろんお手伝い大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。

個人会員 一口 3.000円

団体会員 一口 5.000円

申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

12月21日(金)今日はもちつき

2012年12月25日 | 年間行事

風のないお日様の温かさが心地よい金曜日。今日は楽しみにしていた「もちつき」です。
いつもなら休日に行う家族親睦行事ですが、今年は雨の影響で保育中に行う事になりました。
母ちゃん+爺婆(数名)でもちつきを行います!初めての事で不安は一杯・・・けど、何とかなる!と
意気込みだけは充分なもちつき係(ふーみん、ばくちゃん、まさよっち、べつ)でありました。

前日、年長さんには「もちつき用のもち米を一晩浸して持ってきてね」
    年中さんには「汁を作る時のお野菜切ってくるのお願いね」と、声をかけました。
みんな、分かってるよ〜と言わんばかりの顔をしてました。

2学期最後の一日です。
登園早々、年中トリオは「野菜切るのめんどくさかった〜♪」「ね〜っ」と言って3人ともとってもいい顔を見せてくれました。年長さんは「お米浸してきた?」に「うん」とかるーい反応。。。

その頃、Hの爺ちゃんが石の臼を車で搬入してきてくれました。これをみたたまご達、テンションが一気に上昇。石臼の周りをウロウロ、ちょっと触ったりして「もち、つきた〜い」と言ったり、ソワソワが伝わってきます。

朝の会、いちろうさんのおもちつき〜♪ とーん、とーん、とんてんとん♪手遊びで始まりました。


子供達も近くの友達、母ちゃんと一緒に歌います。
やのちゃんより「今日は何をやるでしょう?」に『もちつき〜』口々に叫びます。待ちに待った感じで嬉しいと言ってるように聞こえたのは、私(べつ)だけだったでしょうか?
その後、一日の流れを説明しました。今日はしっかり聞いてくれてます。
 1回目:蒸す→つく→お鏡餅作り
 2回目:蒸す→つく→食べる
 3回目:蒸す→つく→食べる  そして、いよいよスタート。

〜蒸す〜
年長さんか買いに行ったもち米。浸してきたのも年長さん。蒸し器に入れる所もお願いしました。
 べつ「3回蒸すんだけど、6人いるから2人づつ蒸し器に入れる事をお願いしたいんだけど」
 Rき「僕、1番がいい」開口一番がRきとは!?今日はやる気ですね。
 Cた&Kい「俺も1番がいい」
 Aき&Lと「俺たち2ばんでいい」
 Rう「3番でいいよ〜」
 べつ「2人づつってお願いしたもんで・・・」
じゃあ、ジャンケンして決めようかと話になり、1番を選んだ3人がジャンケンをする事に。負けたKいは、あっさり3番に変更し順番があっさりと決まりました。

最初はRき&Cた。
蒸し器の中に布を入れて、自分で持ってきたもち米を入れます。ザルで持ってきたRきはサッと入れる事が出来ました。Cたはボールに入っていたので米粒がかなりくっついています。「もう、すごいついて大変」と言いながらも、一つ一つ手で拭いながら蒸し器の中に入れて行きます。Rきはテーブルに落ちた米粒に「一粒一粒に神様いるから大事にしなきゃね」と言って拾って入れます。二人共丁寧に作業を進めて行きます。その後、中心を少し凹ませ布をかぶせ、鍋の蓋をして、クドへ運びます。二人で協力して1回目の蒸し準備が終了。



続いて、Aき&Lとコンビです。1回目に出来たRきが横でスタンバイしてます。
ざざざ〜と勢いで入れるAきと、さささっと米の勢いに合わせるLと、二人の手つきは対照的です。蒸し器に入れ終わるとRき「真ん中を凹ますんだよ」と、自分が1回目で行なった作業を二人に伝えます。二人とも丁寧に凹ませ布をかぶせます。クドへ運ぶ時、目に入る煙に悪戦苦闘しながら、やりとげました。



最後は、Rう&Kい。待ちに待った3回目に、二人共声をかけたとたん早足でやってきました。自分のボールの米を確認して、蒸し器に入れて行きます。Rうは丁寧に、Kいはだいたい入れば満足。Rうが「Kい、まだ米が残ってるよ」Kい「あ、ホントだ〜」。和気あいあいと作業は進みます。最後にクドに置くと「は〜っ」と、満足気。

6人がちゃんと自分の持ってきたお米を次へつなぐ作業に取り組めた「蒸し」でした。
                                               〜べつ〜

 ************************************************************

蒸しあがったもち米を、いよいよつきます。
Hのじーちゃんが杵でもち米をつぶし始めると、もち米の香りに吸い寄せられるようにみんな集まってきました。

返し手は、初挑戦のわたくしふーみんです。
気合だけは十分だけど、うまくできるか心配でした。

Hのじーちゃんにアドバイスをもらいながら、お水の入ったバケツと臼の餅までの往復作業。
掛け声とともに動くものだから、息がはぁ~はぁ~体もホッカホカになってきました。
みんなに応援してもらえてる気がして、なかなか楽しいです。

杵と臼でついていくと、ついている裏の方からお餅になっていくんですね。
だんだんとお米の形がなくなってきて、なめらかなお餅が姿を現しました。
この変化していく様子がなんとも美しい!と思いました。

つきあがったところで、たまごたちに交代です。

誰からやるんだろう?と思っていると、みんな当たり前のように
「1番はCたとRきー!」
どうやらお米を準備した順番のようです。

Cたは大きく振りかぶったかと思うと、弱々しくポトン。
トップバッター、みんなから注目されて、少し照れてるようでした。

Rきは速いスピードで力強くぺったんぺったん!

その後、二番目にもち米を用意したLとAきもつきました。

1回目についたお餅はお鏡餅を作ります。

みんなのお鏡餅が出来上がるころ、2回目のもち米が蒸しあがりました。
餅つきはスピードが大事です。
Hのじーちゃんが手早くつぶしはじめました。

今度はさっきよりもやわらかそうです。蒸し時間が長かったからでしょうか?

出来上がったところで、今度もたまごたちにバトンタッチ。
最初につくのは、三回目のもち米を用意したKいRうです。



みんな暗黙の了解。といったところでしょうか。
年長さんが全員終わると、やりたくてうずうずしていた年中さんにバトン(杵)が渡りました。

2回目のお餅は、みんなでいただきます。

そして3回目。
Hのじーちゃん監督のもと、母たちでスタートしました。
もち米をつぶすところは、べっちゃんこなんちゃんコンビ。

「こないだやってるのを見てきた!」と言っていただけあって、息もピッタリ!いい感じです。
そして二人の様子を見てやりたくなってきた母たちが順番を待って挑戦しました。

見ているのとやるのじゃ、全く違います。
簡単につぶしているように見えて、かなりの力が必要です。

Hのじーちゃんから「そろそろいいよ。」と、goサインがでたので、いよいよつきますよ。

実はやりたくてしょうがなかった母たちが、順番に並びました。

しかし、これまた簡単そうに見えて、実際にやってみるとちっともいい音がでません。
降ろす時は杵の重さでいけるのですが、上にあげようとするとお餅がくっついて思うようにいきません。

かよわい母たちだけでは、何ともなりません。
早くしないとお餅が冷めて形にならなくなるそうです。
見かねたHのじーちゃんがある程度しあげてくれました。

2回目にやれなかった子も、もっとやりたかった子も、いつのまにか順番に並んでいました。

みんな思う存分お餅をつけたかな?

(ふーみん)

************************************************************ 

一臼目がつきあがると、鏡餅作り。
感染症予防の為にこども達に「手を洗うよー」と声をかけると、いつになくササッと手を洗いにやってきます。その間に母達は、つきたてのお餅を分けます。

 早く準備が出来た子から、もちとり粉を敷いた机を前に、まだかまだかとまちきれない様子。

 自分の分をもらい、大人が説明します。まず二つに割り、一つ一つ丸める。表面を中に中に入れるようにしておしりでつまんでいくとツルツル頭のおもちができあがります。

 こども達は、というと…。
おだんごのように手のひらでクルクル丸める子、つまむのがうまく出来ずにスライムみたいになっていく子、たくさんちぎってもはや何を作ろうとしているのかわからなくなっている子…。



 個性豊かな表情をしたかわいらしい鏡餅ができあがりました。(まさよっち)

 

************************************************************

つきたてのお餅を母ちゃんたちが手際よくちぎり、
さまざななトッピイングと合わせていきます。

ふーみんお手製のきな粉、ときちゃんお手製の大根
いそべまき、べっちゃんお手製の小豆と、どれもこれも
おいしそう!!!つい、つまみ食いしたくなるほどでした。

子どもたちも『食べた~い』
母ちゃん『皿と箸を持っておいで~』

今日の子どもたちは準備も早い!思い思いに好きなお餅を選び
着席!!!!!

年長たち『準備はいいですか~』

待ちきれずフライングして食べちゃった子もいたけど、みんなで
♪春芽吹き~をしていただきます。

今日はお餅だけではありません。
畑で収穫して年中さんが持ち帰って切ってきてくれた野菜入りの
汁もあります。大根はTき、さつま芋はCり、ねぎはKみ。

おいしかったね。お仕事ありがとう。

Sや「子どもは座ってるのに大人は立って食べてるなあ』
確かに。大人はもちを囲んでわいわい話しながら食べてました。
頑張ってついたから、今日は許してね。

1回戦はすぐに終わり、2回戦が始まるまでしばらく休憩。思い思いに遊びます。

2回戦は、ゆっくり味わって食べることが出来ました。

子どもも大人もおなかいっぱい。

一生懸命ついてくれたみなさん、ありがとうございました。

(ばく)

 

一通りのもちつきが終わり片付けをしている傍らで『しめ縄作り』がCた婆ちゃん指導のもと行われていました。軽くぬらした藁を編み込んで行きます。母ちゃん達の方が真剣です。

帰りの会、『お正月』を歌い気分はすっかりお休みモード。
今日は、お鏡餅を作り、しめ縄を作り、お正月の準備が少し出来ました。明日から冬休み。各家庭でどんな年末年始を過ごすのか!?年明け丸くなった顔に会えるのを楽しみにしてます。
それでは皆さん、良いお年を〜〜〜!

( もちつき担当 べつ・ふーみん・まさよっち・ばく ) 

コメント

12/18(火) 今年最後の畑

2012年12月18日 | 

今日は冬休み前、最後の畑です。
朝の会、一番に座ったのは年少Mん。
いつもは朝の会が始まっても何度声をかけても一人もくもくと遊んでいて、当番母ちゃんたちはあの手この手を使って呼び戻すのに大変なのですが、今日は違いました。
「Mん、すご~い!一番じゃん。かっこいいなぁ。」
と大人がヨイショすると、Mんはニコニコ笑顔。

さて今日は、お借りしているハウスの中の大掃除をしつつ、焚き火で焼き芋を作ります。
焼き芋用のサツマイモ、今日は掘らせてくれるかな?
それから人参も大きくなってきたので、一本ずつ抜いて味見をします。

朝の会が終わると、そのまま人参を抜きにいきました。
今日抜くのは一人一本だけなので、みんなどれが一番大きいのかしっかり吟味しながら抜いていきます。
水で洗って土を落としたらそのまま丸かじり。
今年度、肥料不足だったためか葉の色に元気のない人参さんでしたが、ちゃんと人参の味がしました。
Lとは、要らないといった子の分まで食べて、「三本食べた!」と言ってましたよ。



畑でとったものをその場ですぐいただく。
どれだけ贅沢なことなのか、いつかわかる時が来るかな。


そして、サツマイモの掘り起こし。
今日は一人一本ずつくらい焼きたいなぁ、と思っていますが、果たして管理人(年長)さんとの交渉成立なるか!

母「今日は一人一本ずつ焼き芋にしたいと思ってるんだけど、いくつ出したらいい?」
管理人「だめ。せっかくつくった新幹線が壊れちゃうから出さない!」
(そう来たか~。確かにこないだ創ったアートを壊すのは申し訳ないなぁ。)
母「でも今日はみんなお母さんに、お弁当少なめにして下さい。ってお願いしちゃったよ。」
管理人「・・・・・・。あっでもここの辺からなら掘っても大丈夫かも。」
管理人「じゃあ大きいの2個だけならいいよ。」
母「えー、それでみんな足りるかなぁ。」
そんなこんなしていると、年中さんや年少さんがスコップをもってやってきました。
しかし、掘っていいのはやっぱり年長さんだけなのだそうです。



当番母ちゃんやーちが
「掘りたい子がいるよ、どうしたらいい?」「じゃあ順番にやるのは?」「ジャンケンは?」
色々と提案しますが全て却下。
「ここは僕たちでやった所だから。」「石のところを壊すといけないから。」「掘って良いのはおれたち年長組だけだよね。」
色んな理由から決してやらせてはくれません。
何を言っても今は無理そうです。
大事に大事に管理してくれてるんだもんね、他の子が掘らせてもらえるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。
でも、先週はLとAきCたしかダメだったのが、今日は年長はOKになったのは、ちょっとうれしい気持ちになりました。

何だかんだとやり取りしているうちに、全員が食べられそうな分のお芋を掘り出してくれました。

そして火おこし。一番に来たのは、やっぱり年長Kい。
いい感じに火がついた頃、
「もう入れれるよ~!」
と呼びにきてくれました。

お芋を洗って包む作業は、年少のSやとSこがやってくれました。
お水が冷たくて、大人ならすぐに嫌になっちゃう作業なのに、二人とも丁寧にタワシで洗って、ひとつずつくるんで、ちゃんと火のところまで運んでくれました。


さぁ、お芋が焼けるまで母はハウスの大掃除です。
家の中の片づけは苦手ですが、ハウスの中は別。
これを機に、いるものいらないものを分けてかなりスッキリとしました。
この状態を保つのが難しいのですが…。

焼けたお芋は、お弁当の時に一緒に食べました。
同じお芋のはずなのに、大きさによって味って違うんですね。
やのちゃんが食べたものは
「まるでブランデーみたいな芳醇な味がする~!」
と言っていました。
Rきくんはお芋が大好きだそうで、みんなが食べ終わって遊びに行っても、残っていたお芋を最後までずっと食べてました。


寒くなるにつれて、小さい子も大きい子も、お互いを受け入れながら遊ぶ姿がよく見られるようになってきました。
今年最後の畑、たまごたちは思い思いに遊べたでしょうか?

今日は一番最後に1人一本ずつ大根を抜いて、お母さんにお土産です。
みんなどうやって食べたのかな?



帰りの会でのMん。
朝とは打って変わって、フラフラと遊び歩いていつものMんでした。
来年はどうなるのでしょう?楽しみです。

(ふーみん)

コメント

12月15日(土)もちつきは中止・・・

2012年12月15日 | 母達

今日は朝から冷たい雨が降っていました。

もち米を買いに行ってくれた年長さん、
畑で野菜を準備してスタンばっててくれた年中さん、
今年初めてのもちつきに、心ワクワクしていた年少さん、

そして、お父さんも今日の為に予定を空けておいてくれたと思います。
しかし、お天気にはかないません・・・

残念ながら中止となりました。

し・か・し、係りとしては楽しみにしている子供の声を聞き逃す事はとても出来ません。

そこで、来週の金曜日の保育中に全員参加で開催する事にしました。
今の所天気予報は『くもり』。平日なので力自慢の父ちゃんはいないけど、
たまごの母ちゃん達なら大丈夫!!たまご達と一緒におもちつきしましょうね♪

(べつ)

コメント

12/11(火) ふろふき大根とほくほく焼き芋

2012年12月14日 | 

あちらこちらで氷が張る、冷たい朝です。
たまごの畑でも、水やり用の風呂桶の中で大きな氷ができていました。

到着した子から氷割が始まりました。
手が冷たいことも忘れ、エッサホイサ。

せ~ので落とすと一斉に踏みつけます。
滑りそうになりながら、バランスを取って。まるでスケートリンクのようです。

 

ひとしきり遊んだところで朝の会です。

今日は畑の作業はなく、大きくなってきた大根と、先週とは違う品種のさつまいも ベニハルカ を焼き芋にして食べます。

収穫の後、貯蔵用にAきLとが土の中へ丁寧に埋めてくれたベニハルカ。
2か月経ってどんなふうになってるかな?あま~くなってるかな?

AきLとは、朝からはりきっていました。
『二人だけで埋めたお芋だから、二人だけで掘り起こそうね。』
そんなことも知らずにスコップを取りに行って戻ってきたKみCり。
掘り起こそうとすると激がとびました。
「そんなとこ掘ったらお芋が傷ついちゃう。やるな!」
周りで見ているギャラリーにも
「そこの下にお芋が入ってるから乗っちゃいかん!もっと離れて!」
Cただけは一緒に掘ることを許され、年長3人だけでお芋が掘り起こされました。

ところが、今朝は氷が張るような寒さ。
畑の土も凍っていたのです。
スコップが簡単には入らず、悪戦苦闘。
そのうちに土の塊が取れて、ギャラリーはその塊をクッキーに見立てて遊びながら待ちました。

土の中での貯蔵方法は、畑係のばくちゃんが調べてくれた今年初めての試みです。
掘り返されたお芋は、とってもきれいでいい状態を保っていました!
大成功ですよ!

焼き芋用に包む作業は、年少さんが最後までやってくれたそうです。

お次は大根です。
こちらは待っていました!と言わんばかりの年中ガールズ3人が、あっという間に1本ずつ抜きました。

たき火の準備は、RきとKいがやってくれました。
Kいはやっぱり火が好きなんですね。他の曜日でも、火があるところには必ず彼の姿があります。

今日は、網の上で焼こうと思って、先週作った干し芋を持ってきてました。
畑で蒸したお芋は大きすぎて、中心が茶色くゴリンゴリンになっていました。
しかし、お腹を空かせたたまごたちにはあまり関係がないようでした。

一人、ハウスの中の掃除をしていると「食べてなかったでしょ。」と言って干し芋のかけらを持ってきてくれる子がいて、とてもうしかったです。

12時を回ったころ、大根が茹で上がり、焼き芋も焼きあがりました。

今日はおにぎり弁当です。
空のお弁当箱に配られ、みんなでお昼のあいさつです。
年長の今日のお当番さんRうが大きな声で
「準備はいいですかー?」


特製のみそだれをかけた大根。
ただお水から茹でただけなのに、とっても甘くてびっくりしました。

そして、黄金色に焼きあがったお芋。
星5つ☆☆☆☆☆
まるでトウモロコシのように甘くておいしかったです。

年長さんは、食べ終わったお弁当箱を片付けながら
「全然おいしくなかったね~。」
「おいしくなかったぁ。」
とニコニコ笑顔で言い合います。
反対言葉だって、ちゃんとわかってますよ。

母ちゃんたちは
「今日当番でよかった~!」
と幸せいっぱいでした。

土の中にはまだたくさんのさつまいもが眠っています。
みんなに踏まれないように、LとAきCたの三人は、石でぐるっと囲んでました。
気が付いたら新幹線の形になっていて、土の上のアートが完成されてました。

来週は今年最後の畑になります。
ハウスの掃除をしながら、また焼き芋をやりたいと思っています。

(ふーみん)



 

コメント

12月11日 週末はもちつき 花の年中トリオ編

2012年12月12日 | こども

今週末は毎年恒例となりました「もちつき」です。
毎年新年に行なっていた家族親睦も兼ねた行事でしたが、今年は年末に行われます。

準備も買い出しも母ちゃんで行なってたのですが、
今年はたまご達にも少しお手伝いをお願いしました。

年長さんには「もち米の買い出し」←木曜におつかいに行ってもらいます。

年中さんには「畑の野菜を切ってきてもらう」←隣で汁を作ります。

いっつも、お願いは年長さんばかり。年中さんは見ていました。そして口々に「年長さんになったらおつかい行くもんね〜」と、事あるたびに話していました。

今日は畑の日。野菜を収穫し切ってきてもらうお願いをします。
年中だけになった所でもちつき係の私(べつ)より
「今週末、もちつきで3人にお願いしたい事があるんだ。お汁を作るんだけど、畑の野菜をお家で切って持って来て欲しいんだ〜」

年中トリオ
「ええ〜めんどくさ〜い♪」といいながらニコニコ笑顔、ピョンピョン飛び跳ねてます。
(そう言うと思ってました。これはKみちゃんの口ぐせ。何でもやる前に必ず言います。他のTき&Cりにも口ぐせがうつってます!)

べつ「包丁が得意なみんななら出来ると思って、お願いしてるんだけど・・・どうかな?」

年中「やってあげるよ。じゃあ、お手紙書いて。誰が何を切ってくるかって」

お手紙交換もやってる3人。自分のスケッチブックに何やら書き出しました。
しばらくして、お願いする野菜を持って年中さんの所に戻るとニコニコ笑顔。

べつ「サツマイモ、大根、ネギの3種類あります。これをどう分けたらいいかな?」

Cり「Cちゃん、サツマイモ」 Kみ「Kみちゃん、ネギ」 Tき「私、大根でいいよ」

やると決まったら話はトントン拍子に進みます。各自切ってくる野菜とお手紙(自分で作成)を持って意気揚々と荷物置き場まで戻ってきます。そして、リュックに大事そうにしまってました。

当日、どんな顔をして持って来てくれるか今から楽しみです。よろしくね。

天気予報では午後から傘マーク。雨さん、ゆっくり来て当日を無事終わらせて下さい!

 (べつ)

 

コメント

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052