野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

森のたまごの子ども達と1日一緒に過ごしてみませんか?


 入園を検討している方…
 子ども達の姿を実際に見てみたい方…
 森のたまごに興味のある方…
 大人だけの研修、体験、見学も受け付けております。日にちはご相談に応じます。

<開催日>
5月→30(木)
6月→11(火)13(木)25(火)27(木)
7月→2(火)5(金)9(火)
9月→12(木)17(火)19(木)24(火)26(木)
10月→1(火)8(火)15(火)17(木)22(火)24(木)29(火)31(木)
11月→8(金)12(火)14(木)

・火曜日はおさんぽ、木・金曜日は広場での活動。
・対象は見学希望者
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================= 「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

活動場所が決まりました!!

長らく拠点探しをしていましたがこの度
拠点となるお山をお借りすることとなりました!
これからは、地主さんの力をお借りして、父ちゃん母ちゃんで整備していきます!
もちろんお手伝い大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。

個人会員 一口 3.000円

団体会員 一口 5.000円

申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

10月9日(水)秋の実りを収穫

2019年10月12日 | 
朝からアケビ採り


その後は芋掘り



お昼ごはんは、サツマイモのつると畑の紫蘇の実を炒めていただきました


サツマイモのつるで、素敵なカゴもできました


秋の畑はお楽しみがたくさん!!

(年長母ふーみん)
======================================

「森のたまご」 
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp     
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052     


HPはじめました! https://www.morinotamago.com/


======================================

コメント

5月15日(水) はじめての畑当番

2019年05月15日 | 

入園してから初めての畑での保育当番。

畑のイチゴが赤く実っていて

朝からみんなパクパク。


え?そのイチゴって食べていいの?

戸惑う私。でも大人は誰も止めない。

ついつい食べちゃダメだよって言いたくなるけど

子供達のやりたいを見守るのが森のたまごだ。


しばらくすると赤いイチゴはほとんど無くなり

子供たちはついに青いイチゴにも手を出し始めた~!

そして大人にもおすそわけ♪

恐る恐る食べてみると、、まぁしぶい(笑)

そうこうしてると、また子供からおすそわけ。

あれ?意外と甘いかも?

食べてみるまでわからない!

青いからまずいなんて

最初から決めつけてごめんなさい(笑)



一方、こちらは雨上がりの水たまりを満喫中。


年少Hキは水たまりに

寝っ転がって温まっていたそうな。

お日さまで温まった「お湯たまり」は

いい湯加減だったかな?(笑)




カナヘビ探し隊に途中合流して

泥の中をぴょんぴょん逃げ回るカエルを捕獲。

久しぶりに触った泥は生ぬるくてさらさらしてて

気持ち悪いけど気持ちいい、不思議な感覚(笑)

ついつい子供達に混じって

自分のほうが楽しんじゃうこともあるけど

それもまた良しと言うことで(笑)


(年少母 みーちゃん)

===============================
「 野外保育とよた森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) TEL:080-5122-1052
HP:https://www.morinotamago.com/ ===============================





コメント

4月17日(水)今年度はじめての畑

2019年04月17日 | 
天気予報が大ハズレ。
朝から雨。どんどん降ってくる。
どうしましょ〜って感じでした。

予想外の雨だけど、楽しんじゃう。
濡れること、どろんこになることに躊躇しない姿、すごいな〜。


思い切りどろんこになるスタッフなおちゃん。あっぱれです!


じゃがいもも芽を出したよ。今年はたくさん育ちますように。


イチゴもたくさん花を咲かせてました。赤く実るのが楽しみです。


タープに溜まったお水をバシャっとしたり、どうしたらお風呂にお水を溜めれるか工夫してみたり。
雨ならではの楽しい時間を過ごしました。

(年長母ふーみん)
===============================
「 野外保育とよた森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp 
代表:遊佐(ゆさ) TEL:080-5122-1052 
HP:https://www.morinotamago.com/ ===============================
コメント

3月6日(水)春ですね…

2019年03月08日 | 

先週の畑では、なかなか見つけられなかったツクシ…

今日はSレが、「見て~ツクシ見つけたよ!」

Kチ、Kタ、Aトも、「オレ、○個とったよ~」

と、数を数えながら、つくしを探していた。

まだ、ひょっこり頭だけ見えているツクシ達。

一緒に土手を歩いていると、出てます、出てます。

「あっ、みつけた!」もう、春ですね…

                     

今年度最後の畑。

朝、年長Yゴが、「あ~、今日何しようかな~」

                     

川に入ったり、きれいでしょ?!って、木の実を爪に塗ったり…

帰りには、「あと、あれしないと!!」

あと、帰りの会まで5分だよ。急げ~!!

最後まで、やりたいことをやり尽くし、

みんなで、「畑さんありがとう!」

年長Mノが、「あと、梅の木にもありがとう言わなくちゃ」

「梅の木さん、ありがとう!」

もり組は、卒園式をちょうど1週間後に控え、嬉しいやら、寂しいやら…

一日、一日が友だちとの大切な時間です。

春を感じ、また子ども達と一緒に楽しい一日でした。

(年長母まき)

==========================================
「森のたまご」
 お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
 代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

HPはじめました!
 https://www.morinotamago.com/
==========================================

 

コメント

1月30日(水)手と手

2019年02月07日 | 

冬は焚き火。
少しずつナイフで切り分けてみんなでふうふうしながら食べる焼き芋。
お餅はこんがりぷっくりおいしく焼ける。大根はどうやら焼くと甘い。
冬のささやかな楽しみ。

火のつけ方は大きい子から小さい子へ受けつぐ。
小さい子は、シュッとマッチをする大きい子の姿をみて「やってみたい!」と心の内で思い、
大きい子は小さい子の手助けをする。

この日は年長Yゴと年少Yウの物語。

いつものように焚き火をしようと場を整えていると
「火をつけたい。今日はぼくがやりたい。」と年少Yウが近寄ってきた。
火つけ役の大きい子たちはいない。

小枝や葉っぱをひろって一緒にならべて、慣れない手つきでマッチをすってみる。
1回目、2回目、3回目...まだまだ火はつかない。

その様子を見ていたのか、直感なのか、嗅覚なのか
いつの間にか大きい子たちが年少Yウを囲み、年長Yゴを筆頭に小言をならべはじめた。

「火おこしは年中長の仕事だから。年少はあぶないからダーメ!」
「俺がつけるからマッチ貸して」
「早くどいて」

次の行動を考えるYウの表情はみるみるくもり、目には涙。
やりたいことだからどの子も感情がものすごく動く。
きっと何度も何度もくりかえされてきた光景。

何も言わずにやりとりを見ていようか迷ったけれど、
このままYウの心が折れるのは嫌だなと思ったので
「Yゴのやり方を教えてあげたら小さい子でもできるかも」とだけ声をかけた。

とたんにYゴの兄貴スイッチが入り、どうしたら火がつくのか丁寧に説明をはじめた。
Yウが理解できなくて困っていると、YゴとYウがすっと手をとりあう。

そうこうしていたらマッチに火がついた!

「(マッチの頭を上にして)新聞につけて!」
「葉っぱ、小枝、薪にもついた!もう、よし!すごいじゃん」
年長Yゴの言葉に満面の笑みともちがう、喜びをかみしめるような良い表情の年少Yウ。
ひとりではできないこともみんなとならできるね。
手と手がつながる、心がつながるって本当に自然なことなのだ。

冬から春へ。
芽吹く春が待ち遠しいような、巣立ちを思うとこのまま冬が続いてほしいような、
複雑な気持ちで日々を重ねています。

(年長母みゆき)

======================================
「 野外保育とよた森のたまご」
お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)
TEL:080-5122-1052
HP:https://www.morinotamago.com/
======================================

コメント

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052