野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

野外保育 とよた 森のたまご

森の中で一日を過ごす『森のようちえん』

小さな草にも、大きな木にも、一つ一つに役割があり、私たちの生活に欠かせないものを、
小さな手で触れ、いろんな気持ちをいっぱい感じ、育ってほしい。
子ども同士の関わり、時間を大切にし、満足感や、達成感をたくさん味わってほしい。
大人たちは少し口を閉じ、子どもたちが何をどう選ぶのかそっと見守り、
必要な時には知恵のエッセンス。
大人も子どもも育ち合い、自分らしく生きる・・・
『森のたまご』にしか出来ない、手作りようちえんを創っていきたいと思っています。

★1日体験のお知らせ★

森のたまごの子ども達と1日一緒に過ごしてみませんか?


 入園を検討している方…
 子ども達の姿を実際に見てみたい方…
 森のたまごに興味のある方…
 大人だけの研修、体験、見学も受け付けております。日にちはご相談に応じます。

<開催日>
5月→30(木)
6月→11(火)13(木)25(火)27(木)
7月→2(火)5(金)9(火)
9月→12(木)17(火)19(木)24(火)26(木)
10月→1(火)8(火)15(火)17(木)22(火)24(木)29(火)31(木)
11月→8(金)12(火)14(木)

・火曜日はおさんぽ、木・金曜日は広場での活動。
・対象は見学希望者
・参加費は親子で500円+保険代50円(1人)
(兄弟、父親の参加がある場合は1人増えるごとに200円です。)
・体験は1日3組まで

申し込み、質問、問い合わせお待ちしてます。
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp
(ヤフーメールがはじかれることがあるので、受け取れるように設定をお願いします。)

========================================= 「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

活動場所が決まりました!!

長らく拠点探しをしていましたがこの度
拠点となるお山をお借りすることとなりました!
これからは、地主さんの力をお借りして、父ちゃん母ちゃんで整備していきます!
もちろんお手伝い大歓迎!!!
メール:morinotamago2010@yahoo.co.jp 電話:080-5122-1052 (遊佐)

賛助会員募集

とよた森のたまごの活動に賛同し、応援して下さる仲間を募集致します。この会費は、子ども達の活動支援のため、大切に活用させていただきます。

個人会員 一口 3.000円

団体会員 一口 5.000円

申し込み、お問い合わせ :morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ)080-5122-1052

4月26日(金)よもぎだんご

2013年04月26日 | 保育

野山の緑が濃くなり、たまごの達が遊ぶ野原にも、
たくさんの野草が茂るようになりました。
今日は、保育で初めての活動、よもぎだんご作りです。

朝の会の時に、
「よもぎだんご、作ったことあるもんね」
と得意そうに教えてくれたのは、まんなか組 Yゆちゃん。
みんな、だんご作りを楽しみにしています。
ばばばあちゃんの『よもぎだんご』の絵本を読んだ後、早速よもぎつみにでかけます。

昨日、とっぴーと一緒によもぎって、どんな草?と、たまご達、探しました。
「裏にふさふさの毛がついていて、いい匂いのする草だよ」
しっかり、覚えていて、すぐに見つけてきてくれます。
まんなか組、Rおくん は、お店屋さんやりたいといいながら、よもぎはこれっともって来てくれました。 

いちご組さん中心になって、よもぎの葉と茎を手で、さいて分けていきます。

まんなか組のSやも一緒に、お手伝い。

その後、鍋で湯がきます。



待っているたまご達は、早くやりたくてしかたがありません。
持ってきた、エプロン、三角巾、マスクをして、スタンばり始めました。

作業台に作ったテーブルの前に、座って、なにやらお母さんごっこ?が始まりました。

いちご組さんのTき、Kみが大人が包丁で切ったよもぎを、すりこぎでごりごり、すり潰していきます。
40回数えたら、交代のようです。
意外に力がいって、大変そう。

今日はTりが、お休みなので2人での作業です。

よもぎの準備ができた所で、早速、だんご作りです。
一人一つのボールを持って、だんご粉をこねていきます。
今日は、朝からずっと走り回って、虫取りをしていたボーイズチーム、まんなか組 Mん、ちいさい組 Yと、Tみも加わって、みんなで作業できました。

女の子達、いちご組から、まんなか組、Hのちゃん、Yゆちゃん、Hまちゃん、ちいさい組、Kほちゃんまで、上手に粉からまとめて行けています。

ちいさい組 Hめくん、ボールの中の粉と水がどろっとしたのを触って、
手についたのが気になって仕方がありません。
ドロドロな手を洗いたいようです。
「Tまちゃん達みたいに、混ぜてみてね」
と言っても、手が気になる様子。
当番母が、まとめる所をお手伝いしました。
まとまった粉を手でつかんで、
「これ、ぞうさん~。  かたつむりできた~」
みたて遊びをしながら、楽しそう。

その隣りのちいさい組 Kねくん。 
対照的に、がしっと粉を手に掴んでもりもり両手で
胸の所まであげて粉の感触を楽しんでいます。
上手にさらさらの粉から、一つにまとめていました。



「ちいさいだんごを作るんだ~」
といいながら、ちいさい組 YとはBB弾級の大きさを丸めています。
ちいさすぎるね~。

とっぴーが
「きれいな、だんごを作ろうね」
と言っていたので、みんな、
「これ、きれい?」
と聞きながら、丸めました。

茹で上がっただんごは、お弁当の後、
美味しくいただきました。

 (こなんちゃん)

 

 

=================================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@mail.goo.ne.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052

コメント

4月24日(水)雨の森

2013年04月24日 | 保育

親入園児には初めてとなる雨の日の森。

雨というものをからだ中で味わうたまごたち。

森を散歩する中で、沢の流れがどこで分かれて、どこで合流するのかを観察しながら登ったLお君。

深い水たまりに喜んで入り、「アリなら溺れちゃうね」とYゆちゃん。

落ちてくる雨粒を手で受け止めたり、口で受け止めたり・・・

そんな中で、まんなか組のMん率いる男の子たちが何やら行ったり来たりし始めました。

Mんはボスのように子分たちを引き連れて。

でも子分たち「おじいさ~ん!」と呼びながら追いかけています(既に長老の域?!)。

そして「おじいさん大好き♥」と言って最後はこんな風に・・・

と微笑ましく眺めていたら、いつの間にか私がターゲットに!

「逮捕する!」「牢屋に入れろ!!」と続き、私はみんなに取り囲まれ、架空のカギで周囲に施錠がされました。

面白がって「私が一体何をしたんですかー?ここから出して~」ドンドンと乗ってみると、さらにエスカレート。

「処刑だ!」と言って、一人盛り上がるTみ。

「処刑ってどうするの?」と私が聴くと、

「切り刻んでから揚げにして喰う!」だって。

そんな激しい遊びあり、まったりとくもり空を眺める一幕あり。

そうそう、ちいさい組のYと君、帰りの唄とっても張り切ってました。

♪たいようさんあそんでくれてありがとう~♪

と微妙な間違いも可愛い!

明日は太陽さんが遊んでくれるかな?

 

(くらら)

========================================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@mail.goo.ne.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052

 

コメント

4月23日(火)畝おこし

2013年04月23日 | 

畑のイベント?のなかでも、畝おこしの日は結構、大きな作業の日です。

なんといっても、くわ = 鍬 がでてきます。

去年から鍬おこしは、いちご組さん(年長)にやってもらうことに、なっています。

朝、これから畑に植える野菜を畑係さんから、教えてもらいました。

ミニトマト、オクラ、タイガーメロンをこれから耕す場所に植えます。

たまごたち、早速、作業です。

いちご組さん、3人は鍬を手に早速、耕します。

子ども達が踏み固めた、畑の土は、固い。

そこを、Tき、しっかりと鍬を使って、起こしていきます。

まんなか組とちいさい組は、スコップで掘り起こしています。

掘り起こしているのですが、いっしんに穴をほっているような・・・・。

これだけ、掘れたと満足そうなのは、Yゆちゃん。

 

当番かあちゃんも、一緒に土を耕します。

今年の畝おこしは、皆が一緒に作業できました。

途中で、疲れた いちご組 Cり 座りこんで、砂遊びをしています。

そこへ、Tきの

「Cり、ちゃんとしないとだめじゃない!」

と檄がとびます。

大きい年長さんになったといっても、マイペースなCりちゃん。

そんな2人に気づかず?、鍬をふるうのはKみちゃん。

次はどこをやったらいいのか、母達に聞いています。

いちご組さんのおかげで、随分いい畝ができました。

 

ちいさい組の Hめくん、いちご組の鍬が使いたくて使いたくて、

随分泣けちゃいました。

作業が落ち着いた頃、母ちゃんと一緒に使いましたよ。

 

(こなんちゃん)

========================================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@mail.goo.ne.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052

 

 

コメント

4月19日(金)新年度1回目のあたため会議

2013年04月22日 | 母達

森のたまごで、母たちは「おやどり」と呼ばれています。

そしておやどりたちは、子どもたちの育ちの環境を整えるために、たまごをあたためるが如く、常に話し合いを重ねます。

新年度初のあたため会議もワークショップ形式でみんなが話しやすく和やかムード。

代表あいさつ、保育者からのお話、事務的なこと・・・と続き、各学年ごとに「大切にしたいこと」をテーマに語りました。

会議が熱心に行われる秘訣の一つに、「議題を持ち寄る」ということがあると思います。

保育に入る中でそれぞれが感じた疑問や希望などを出し合います。

それらのことは具体的な決定事項に留まらず、理念的なことが多く含まれています。

一人ひとりが、自分のコトバで語り、時に熱くなる(なり過ぎる?!)のを目の当たりにすると、

私はほっとし、そして嬉しくなります。

この情熱でたまごはあたためられているんだなぁ・・・と。

(くらら)

 ========================================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@mail.goo.ne.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052

 

コメント

4月18日(木)ちょうちょ とり

2013年04月19日 | 保育

朝、森のたまごについた ちいさい組 Yと は虫あみと虫かご持参。

ひらひら舞うちょうちょを、まんなか組 Mん、ちいさい組 Tみと一緒に、あっちへ追いかけ、

こっちへ追いかけしています。

「ちょうちょ、つかまえた!」

見せてもらった虫かごの中は、オレンジの蝶や白いモンシロチョウが

いました。

満面の得意顔。

うずら組だった去年から、Yとは虫を取るのが大好き。

その横で、「おっ、いた!」

とちょうちょを、まんなか組 Mん、素手でつかまえます。

心の中で、私は「すげ~ Mん いつの間にその技を獲得した?」

と驚きました。

「どれどれ~」

と、新入園のまんなか組 Kた、ちょうちょを受け取ります。

ちょうちょは、バタバタと羽ばたき、羽の麟粉(りんぷん)がとれて、

透明になっていました。

「あ~、粉とれちゃたね、もうちょっと、そっと持ったらどうかな?

ちょうちょ死んでしまうよ」

とアドバイス。蝶は羽の麟粉がとれたら、死んでしまうのだよね。

 

まだまだ、虫取り歴がスタートしたばかりの、子ども達。

年長になると、虫を生かして、家につれて帰りたい、などの欲求から

どうやったら死なないか、を考え始めるのですが、

今は

ちいさい組 Yと は、虫を捕まえる喜びを全面に感じている。

まんなか組 Mんは、生態研究の段階なのかな。

(去年もさんざん、かえるを捕まえて遊び、最後は踏み潰していました。)

満足して、生き物とはこういう風に扱うのだと、自分の経験から学ばないと、

「生き物には命があり、大事に扱わないといけない」

という大人の意見は、彼らには入ってはいかないのだな、と感じます。

でも、目の前で命が消えていくのに、大人としては、

伝えずにはいられません。

 

(こなんちゃん)

========================================

「森のたまご」お問い合わせ:morinotamago2010@mail.goo.ne.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052

 

 

 

コメント

お問い合わせ

morinotamago2010@yahoo.co.jp
代表:遊佐(ゆさ) 080-5122-1052