どこかのだれかの日記

主に岡山と兵庫の鉱山や廃墟、遺構、坑道探索と機械修理。

甲山鉱山 xx坑の鉱石

2019-03-10 18:23:04 | 鉱物採集 広島
この間甲山の記事書いたのでそれより以前に採った鉱石UPします。
採集したのは3年近く前です。

基本xx鉱床にはズリはそこそこあるが、クズ石ばかりで石英は稀。
採集ポイントは幾つかあるが、こちらは私も教えて頂いた側なのでノーコメント。
この辺りの情報はxx鉱床いかれた方ならご存知のはず。
甲山のズリは、とりあえず見れば採集できるってモノでもないと思います。

1個目は石英脈中の輝安鉱。
母石は石英で輝安鉱ですが一部箔状の銀の様なモノが見えます。
分かり易いように水で濡らしています。

光沢もあり輝安鉱だと分かりやすいです。
石英が黒くなっている部分は多数の鉱物が入っているようで銀黒に近い状態。

2個目は私が銀黒と認識しているモノで甲山で唯一採れたと言える物です。

小さな晶洞が幾つもあり中に毛羽立つ輝安鉱やベルチェ鉱が沢山見えます。
肉眼鑑定はムリだけど、黒色部分には銀に近いものが多数入っている所謂銀黒の状態です。
画像では同じように見えますが、1個目と2個目の鉱石では、黒色部分の濃さが違います。
一般的なニタリや銀黒と同じく小さな粒が沢山入って黒色になっていますのでこちらは間違いないかと。
1個しか持っていませんが・・

3個目は採れた鉱石でお気に入りに入れなかった石達です。
基本全ての石がそれなりの輝安鉱を含んでいます。

こちらはどれも輝安鉱が母岩の隙間に充填されたような入り方をしている。
結晶などはしておらず、ほぼ箔状である。
コメント

甲山鉱山 xx坑 

2019-02-16 22:08:20 | 鉱物採集 広島
以前から入りたかった甲山のXX坑突入してきました。
前情報で水没しているのは確認していたのでウェーダーは準備して行きました。
情報特定の観点から坑道名を伏せさせて頂く。

進入は0m抗から。

坑内から0m入り口方面。
電化されていたので右側の壁には電線の支持具が取り付けられていた。
電線は坑内に一部残っておりVVFでビックリだ。



十字路。
十字路の壁には文電盤の跡があり、BLが残っていました。


十字路の左手はシュリンケージの突き当たりで既に崩落。
こちらについては後述。


十字路の右手は私がここに来た理由であり、最も知りたかった部分。

斜坑は完全に水没。
これは入り口が水没していた時点で分かっていましたが、現実にその姿を見てしまうと・・・
排水用のVUの50Φくらいが水面から突き出していた。


十字路の正面を進んでいく。


シュリンケージだ。
天井は全て木で支えられているが、この腐り具合・・絶対に触れたくない。
左手のシュリンケージは先程の十字路の左側になり崩落だが、実際にはこの先に坑道が60m以上続いている。


右手のシュリンケージはギリギリ奥まで見渡せたがとても進めるレベルではない。
進めば確実に支持材に触れてしまい天板が落ちてきて死ぬだろう。
この先には150m以上坑道が続いていてこれが大切となる、それを知っているだけに本当に残念だ。


シュリンケージを後にし奥へ進む。

腐った木材と梯子が落ちていた。

コウモリちゃんがお迎えしてくれた。

そして突き当たり。
完了点の札、これは坑道採掘の補助かなにかの札じゃなかっただろうか。
ここで行き止まりであった。

この坑道の斜坑はー15m -30m -45m ー60mまで下がりそれぞれのLで採掘していた。
ー15mは坑道160m以上 -30mは280m近く在った。
もう二度とその景色は見れない。


コメント (4)