花、着物、時々ハンドメイド

ゆったりスローライフをめざしています
ぷららのblogが閉鎖されるので
2014年3月にお引っ越ししてきました

かわった着物

2021-10-19 21:00:00 | 着物

頂き物の着物の整理をして、裏地が茶色に変色したものやしみがでていたものを取りだして別の入れ物に入れることにしました。

そのなかで、「インスタント着物?」と言うべきか、かわったお仕立てのものを発見。

柄行きが若者用なので着ることは出来ないけれど、着物自体はしみも出ていないし、確りしています。ポリエステルかな?

帯で隠れるあたりでダーツを取って、スカート部分と身頃の境目におはしょりが縫い付け。

ダーツがあるから体に沿ってウエスト部分のしわがない理屈ですね。

おはしょりはスカート部分にかぶせるようになっていて折りたたんで二重になるようにホック止め。

身頃にひもがついていて作務衣のように内側外側で結びつけるようになっています。

内外でひもがついているから絶対に襟元は緩まない。

着物でよく聞く「締めすぎて苦しい」にはなりにくそう。

衿を抜くのは出来るのか?

来月の着付けの例会に持ち込んでみましょう。

ここがおはしょりとひも部分。

内側のひも。

衿は広衿。

お気軽に着られるようにと、呉服業界が試行錯誤したものかな?

年いって着るのがしんどくなってきたらこんなのもありかな?

離れてみたら普通に着ているものとの違いはわからないような感じ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする