花虫風散
(カ・チュウ・フウ・サン)又は(はなむしかぜにちる) 花・虫・風景・散歩写真をEOS-1Ds、LEICA M8等で
 



前回、SP 500mm で撮ったものをアップしましたが、
あの程度のものを撮る間にも沢山のピンボケ写真を量産してます。
こんな時はデジタルカメラのありがたみをしみじみと感じますねー
ほんとはボツのピンボケ写真を見返していると、
ミラーレンズのリングボケの面白さもあって
これはこれで面白くないか?などと都合よく思ってしまって・・・
いつもボケボケの写真ばかり撮っているからボケに寛容な下地が
あるせいなんでしょうかねー
ピンボケもまた・・・悪くはない!と開き直ってしまうのでした。






















































CANON EOS-30D TAMRON SP 500mm f8



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




500ミリのミラーレンズを手持ちで使ってみました。
EOS30Dだとなんと800ミリ相当。
絞りはF8固定なのでISOを400にしてなんとか
シャッター速度は1/500から1/1000くらいになるけれど
私のウデではそれでもブレるブレる。
画面いっぱいに蝶を入れるとなるとそれだけで
ニブさの度を増すお年頃の私にはえらい難儀なわけで
後はもう「打つべし!打つべし!」のマグレ当たり狙いで
沢山撮るという半分ヤケクソ撮りとでもいう撮り方に
なってしまいました。
でも、なにかスポーツ(クレー射撃?)をしているようで面白かった。















































浜離宮にて

CANON EOS-30D TAMRON SP 500mm f8


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




このところ毎夕のように空が綺麗に焼けている。
自室の窓からでは周りの建物が邪魔でどうせうまく撮れないと
諦めて眺めているだけでほとんど撮っていない。
それでもいいから撮りたくなるほど美しく焼けるときもあり
そんな日にタムロン90mmで撮ってみたものが下の写真。
ほんとは広角で撮りたいんだけれどもなあ・・・













CANON EOS-1Ds   TAMRON SP90mm f2.8


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





イトトンボのスマートな体はこの暑さにも涼しげで・・・

やはり人もスマートでありたいものです












































赤城自然園にて

CANON EOS-30D   TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




レンゲショウマは深山の木陰にひっそりと咲いている。
小ぶりな白い花を下向きに開いている様はなんとも魅力的で
思わず見とれてしまう。

東京では群生地として御岳山が有名だけれど、有名なだけに
開花時期には人が溢れてレンゲショウマの数より人の方が多らしい。
そういうところへ出かけるというのはなんとも気も腰も引けてしまい
なかなか足が向かないでいる。
今年は運良く赤城山麓の赤城自然園で見ることが出来た。
まだ咲き始めで数が少なかったが人の少ない静かな場所で
この花に出会えたということだけで十分嬉しいことだった。















































七月下旬、赤城自然園にて

OLYMPUS E-410 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ぐんま昆虫の森で見たチョウの続きです。






オオゴマダラ







メスアカムラサキ♂






ツマムラサキマダラ







オオゴマダラ





どれも初めて見る蝶で興奮しっぱなし
とにかくカメラに写し取ることだけで精一杯
なので図鑑写真のようなものばかりに・・・
で、最後の一枚はフォトショップでレタッチしてみたけれど
やっぱりあまり代わり映えしないか^^;

ちなみに名前は後から調べたもので確かではないので
もし間違っていたらゴメンナサイ




CANON EOS-30D  TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




群馬県赤城山麓に「ぐんま昆虫の森」があります。
広大な敷地には山あり雑木林あり桑畑あり水田あり藁葺きの民家ありで、
ひとつの里山をなしてます。
というかもともとの里山を整備したもののようです。
さらに近代的で立派な展示館もありで
昆虫好きにはなかなか魅力的なところです。
展示館の生態温室には西表島の自然が再現されており
一歩中に入ると沢山の見たこともないような蝶が
飛び回っていてびっくりです。





はじめて見たコノハチョウ





羽を閉じていると枯葉そのものの擬態ぶり












羽を開くとこれまたびっくりの色と模様
これで鳥などの外敵を脅かして身を守っているのでしょうか

攻めと守りのリバーシブル的擬態とでもいうのでしょうかねぇ





CANON EOS-30D TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




梅雨明け後、えらく暑い日が続いてます。
皆様お体にお気をつけ下さい。












暑くて暑くてバテバテ・・・
でも、なんか体重減らないんです。
冷たい飲み物や冷たい食べ物で返って夏太り気味・・・
食欲減退なんてないんです私^^;

一度でいいから「痩せたねー」とか
「やつれたねー」とか言われてみたいものです。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




雨後の虫たち
体が乾くのをひっそりと
待っている


























日光植物園にて

OLYMPUS E-410 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





夏の強い日差しを受けて輝く羽

トンボが見せてくれた真昼のイリュージョン

アリガトウ











































最後の一枚は可笑しくてピントが合いませんでした^^;




OLYMPUS E-410 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )