花虫風散
(カ・チュウ・フウ・サン)又は(はなむしかぜにちる) 花・虫・風景・散歩写真をEOS-1Ds、LEICA M8等で
 




































レンズ(フィルター)にハーッと息を吐きかけて

フォギーフィルター効果を狙ってみる。

良くやる裏ワザなのだ。

名付けて「ハーッ技ー」なんてね。





OLYMPUS E-1  ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




薔薇の赤は沈んだような落ち着いた赤だと思っていたけど

この薔薇の赤は元気な赤だなあ。




























OLYMPUS E-1  ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




咲き始める頃になった。


























となると、そわそわと落ち着かず、
いてもたってもいられなくなって
まだ色付く前の紫陽花を
フライング気味に撮ってしまうのが
この時期の常なのだ。


OLYMPUS E-1  ZD ED 50mm F2.0 Macro

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

































ひなげし、漢字で書くと雛罌粟。
ポピーとも虞美人草ともいう。
私的にはどの名もピンとこないのだ。
この大柄な花に「雛」やら「ポピー」やらはどうだろうか。
「雛」や「ポピー」の語感からくる可愛いらしさにはやはり大柄に過ぎる気がするのだ。

昔、アグネスチャンの「ひなげしの花」という歌があった。
「丘の上ひなげしの花で、占うのあの人の心~♪」
この歌が流行った頃はひなげしがどんな花だか知らなかった。
花占いをするくらいだから小さな可愛い花なんだろうと思っていた。
ひなげしがどんな花か知っている今は、
花占いをするにはちょっと大き過ぎると思うのだ。
花弁の数だって四枚しかないものねー
四枚じゃ占いにならないじゃないの。
占いというより確信犯的確認(?)だな。

虞美人の「虞」は秦の頂羽の愛人の名前からきているらしい。
「虞」の字面が重く、これもひなげしに合っているとは思えないのだが
「虞」には恐れや不安という意味があり、
ひなげしは麻薬の原料になるケシの仲間だから
そういう意味では合っているとも言えるのかもしれない。

そんなこんなで、私的にはひなげしは名前とイメージが一致しない
花なのである。

ちなみに四枚目は「ミナガヒナゲシ」。
こちらは小ぶりで地味目な花で私的にはこちらの方が
「ひなげし」のイメージに合っている気がするのだ。



OLYMPUS E-1  ZD ED 50mm F2.0 Macro

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





































去年の暮E-3を始めとするフォーサーズシステムをバッサリ処分した。
その時にE-1だけは手放す気になれず、ZD50㎜マクロと共に手元に残った。
久しぶりにそのE-1とZD50を持ち出してみた。
やっぱりイイねE-1は。
苦にならない大きさ、重さと穏やかなシャッターフィーリングが心地良い。
このカメラを使うとゆったりとした気分で撮れる気がする。
処分しないでよかったとつくづく思うのだ。

寄れる標準レンズとしてシグマの24㎜F1.8が欲しくなるな~



OLYMPUS E-1  ZD ED 50mm F2.0 Macro

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ん?なに?
クモのイトに捕まっちゃったのか?







うんしょっと
なかなか取れないなー
下からクモが来てるしー






(獲物を仕留めようと現れたクモはイトトンボの過激な反撃に会い
 あっという間に退散。
 その一番の見せ場は動きが速すぎてぼけぼけでうまく撮れなかった。)




ふーっ、やっと着地
まだお尻にイトが付いているけどね







やっと取れたよ
ちょっと一服しょうっと







あれ?
見られちゃった?







ああ、見とったよー





イトトンボ、意外に強し



7月に赤城自然園で

OLYMPUS E-3  ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





レンゲショウマ、

好きな花だけれどその思いほどに撮れたことがない。





























このレンゲショウマは7月の中旬に赤城自然園で撮ったもの。

まだ、開化には早く、あの広い自然園で咲いていたのは3株のみだった。

とはいえ咲いているものがあっただけでも幸運だったのかもしれない。




OLYMPUS E-3  ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





長野県の八千穂高原で7月半ばに撮ったアヤメ

標高が高いせいか平地より開花が遅いのだろう

アヤメの仲間はハナショウブやカキツバタなど

湿った所に咲くイメージなので高原の乾いたところに

咲いているのを見つけた時はおやっと思った

アヤメは乾いたところに咲くのだね






























OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




下手にスランプ無しなんていうけれど、

それにしても先月の旅行からずっとスランプだな。

そもそもこのところほとんど撮っていないものね。












































暑くて部屋にこもり気味ってこともあるけれど

なんかモチベーションが下がっているねー

GX200を買ってみたりしているけれど、あまり効果がないなー

なんだろうなー

撮っていて楽しく感じないものなー

なんなんだろうなー

まあこんな感じは前にもしょっちゅうあったことだし

プロじゃあないんだし

敢えて無理して撮らないのが一番なんだろうなー


オリンピックが始まったけれど、日本も調子が上がらないようだね。

選手たちは大きな期待を背負っているのだから大変だろうな。

頑張れNIPPON!! 頑張れNIPPON!!
 




先月、山梨県小淵沢にて

OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





富士山の麓、山中湖近くにある「花の都公園」で撮った夏の花たち

強い日差しに半袖シャツから剥き出しの腕は真っ赤に日焼けしてしまった

花は日焼けしないのだろうか



































































富士山を望む広大な花畑はタイミング悪く端境期

花と富士とのコラボはお預けに

下調べが悪いのだねー



OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




日陰に入ったり

水分補給したりしないとね


















山梨県 花パーク・フィオーレ小淵沢にて

OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




もうすぐ紫陽花

雨降りもまたよし

































野良といっしょに雨宿り

やまないねぇ



OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




薔薇のベルベットのうえで

雨粒は真珠に変身する










柄にもなくそんなんことを思ってしまう

薔薇は妖しい花




OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





緑っぽいの、白っぽいの、紅っぽいの
同じ木でも様々なのがある
日が良く当たるところにあるのが紅っぽいようだ
紅になったら飛んでいくよという合図なのだろうか












































久しぶりに撮ったのはいいのだが、前に室内で使った時のISO400、JPGのままで
撮ってしまった。
なので、ほとんどレタッチなしのリサイズのみだけれどまあいいか。


新宿御苑にて

OLYMPUS E-410  ZD ED 50mm F2.0 Macro

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




小川の淀みを覗き込んでみると、底に落ちた葉に泥が積もっている。
水が温み微生物たちの動きが活発になって、
その活動の結果として泥が多くなっているのだろうと勝手に思っている。
やがて微生物に分解されていく葉の最後の化粧・・・
それが泥だとしても綺麗だと思ってしまうのは
感傷的に過ぎるだろうか。











































新宿御苑にて

OLYMPUS E-3 ZD ED 50mm F2.0 Macro





ここ二週間はパソコンのことで大忙しだった。
半年くらい前から調子が悪くついにダメになったパソコンを買い替えた。
新しいパソコンへの引っ越しは想像以上に大変だった。
時同じくして吾マンションにも光通信が導入されたので
インターネットもBフレッツに乗り換えた。
モデムとの接続も無線LANを導入した。
また、悪いことにセッティングを終えたばかりの新しいパソコンが
初期不良で交換になった。
これらのことを済ませて何とかまともに以前と同じように
使えるまでに二週間もかかってしまった。
いやはや辛い日々だったなー
パソコンが使えないということはネットもメールも使えない、
撮った写真の整理もできない、ネットで買い物もできない、
などなど自分がかなりヘビーユーザーだったことを思い知った。
そのくせパソコンの知識も、ネットの知識も、ソフトに知識も
LANの知識もほんとに不足していることを痛感した。
この辺の知識の向上は今後も望めないことは分かっている。
もう当分パソコンの引っ越しやら環境の変更はしたくない
と痛切に思っている。






コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ