花虫風散
(カ・チュウ・フウ・サン)又は(はなむしかぜにちる) 花・虫・風景・散歩写真をEOS-1Ds、LEICA M8等で
 



隣のコスモス畑のコスモスは濡れそぼってまるで萎びたようになっていたけれど

曼珠沙華は雨に濡れても蕊をピンと伸ばして素知らぬ顔で咲いていた。













































私は、雨にも素知らぬ顔の曼珠沙華を

コスモスのように濡れそぼって萎びたようになりつつ

おれってなにしてんだろうなどとは思わないようにしながら撮っていた。




※リンク pianoさんの美しい白の彼岸花




CANON EOS-1Ds  EF85mm F1.2L(+EF12Ⅱ)


コメント ( 12 ) | Trackback ( 1 )




曼珠沙華の巾着田は四回目だろうか

こんなに人が少ないのは初めてだな

そりゃあこれだけ雨が降ればねぇ

そうそう酔狂な人は多くないってことだね









































高麗川の水かさが増して

濁って茶色い川になっちゃって

さあもう帰ろう






CANON EOS-1Ds  EF85mm F1.2L


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




どんよりと曇って・・・

今にも泣き出しそうな・・・

空と私

コスモスだけがいつものように咲いていた





















































休暇を取って四連休の四日間

出掛けた二日間だけ雨が降った

普段の行いがいけないんだなーきっと




CANON EOS-1Ds  EF85mm F1.2L+EF12Ⅱ


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




どんよりと曇った空に早咲きの秋桜が一輪

久しぶりに1Ds&EF85Lで撮っってみた




























1Ds&EF85L・・・

まるで気持ちの有り様を撫でるかのように写し出してくれる

そんな気がする、私にとってオンリーワンのカメラなんだよなーやっぱり

大きくたって重くたって我慢するさ





CANON EOS-1Ds EF85mm F1.2L+EF25Ⅱ(+EF12Ⅱ)


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




今年の夏の後半は天候が荒れたけれど

おかげで見事な入道雲を何度も見ることができた。

せっかくの見事な入道雲

なのに見上げている人をまず見かけることがなかったなあ。



















































RICOH GX200


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




家からもくもく

町並からもくもく

路地からもくもく

橋からもくもく

工場からもくもく

工場からもくもく・・・は煙だな

なんとおバカなコメントか











































RICOH GX200


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





げんこつみたいな入道雲

強くぎゅっと握ると

雷が飛び出すんだなあれはきっと











































RICOH GX200


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




R-D1sを買い戻したもう一つの理由は

赤外線写真を撮りたかったから









































モノクロで空を黒く映したい。
それには赤外線撮影がいい。
ということでやってみようとは思ったのだけれど
一眼レフだと意外と厄介なのだ。

赤外線撮影用フィルターを付けるとファインダーは真っ暗になる。
なので、構図、ピントを決めてからフィルターを装着して撮るわけだ。
となれば三脚は必ず使わなければならない。

めんどうだよなー

これがレンジファインダーなら端からレンズを通した画を見る必要がないので
フィルターを付けっぱなしでいいわけだ。

コンパクトデジカメでもできるかもしれないけれど
できるだけ高画質で撮りたい。
ということでR-D1sということになったわけなのだ。

ところが赤外線撮影用の汎用フィルターって売ってないんだねー
ホヤやフジで作ってはいるようだけれど日本では手に入らない。
(ケンコーから発売される予定だったがなぜか延期になった)
そこで自作してみることにした。
自作というと大げさで、何のことはない、
富士フィルムで作っているシートタイプの
「光吸収・赤外線透過フィルター IR-76」ってのを買ってきて
それを円く切ってプロテクトフィルター2枚の間に挟み込んだだけである。

スーパーワイドヘリアーはフィルターが付けられないので
この自作赤外線撮影用フィルターをラバーフードに取り付けて
向きを逆にしてレンズをすっぽり覆うように被せてしまう。
固定できないので手で押さえての撮影になるがラバーフードなので
カメラに傷がつく心配はないし、ブレ止めの効果もある。

で、撮ってみたのが上の写真なんだけれど
ちゃんと赤外線写真になっていて嬉しくなった。

空は黒く
緑は白く

面白いな





EPSON R-D1s
Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5
IR-76 光吸収・赤外線透過フィルター


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )