花虫風散
(カ・チュウ・フウ・サン)又は(はなむしかぜにちる) 花・虫・風景・散歩写真をEOS-1Ds、LEICA M8等で
 



発生したと思ったらあっという間に通り過ぎていった台風

台風一過、浜離宮のコスモス畑に出掛けてみた
激しい風だったんだな
花びらを散らしてしまってる
残った花びらも裂けたり捩れたりしている
根元から倒れてしまったものも多くて
寂しい限りなのだ

今年は満足にコスモスを撮っていない
もう一度は撮りたいと思っていたけれど
どこもだめだろうなあ






























OLYMPUS E-1
1,3  ZD ED 50mm F2.0 Macro
2   ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 + EX-25


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




すっかりアップをサボってました。
というのもこのところ出不精炸裂(?)で
おまけに風邪引きもありで全然撮っていなくて
ネタがなかったんですねー

それで9月に撮ったトンボでお茶を濁すのであります。




























出不精炸裂中にも拘らず、というか出不精炸裂中だったからというか
ネットでオリンパスE-3を予約してみたり
その資金に30DやEFレンズをこれまたネットで売却したり
E-3の情報が知りたくてネットをサーチしまくったり
まあ結局E-3漬けの出不精中だったというわけなのです。

色々情報は集まったけれど画像や文字ではどうもピンとこない。
というわけで出不精を中断して小川町に出かけて実物を触ってきました。
(もう予約しちゃってるけどねー)
で、その印象は(E-1と比べて)

1.150グラム重くなったけれど実際に持ってみるとあまり気にならない
 形が随分と変わった割りに持ったフィーリングはまあり変わらない気がした
2.ファインダーは大きくなってとても見やすくなった
3.AFは新しいレンズを付けている限りとても早くなったと思う
4.ライブビューはE-410と同じ感じで私にはいらない機能だ
5.毎秒5枚の連写は気持ちいい
6.シャッター音はちょっと安っぽい感じがした
 カシャンという音はなんだか猫のくしゃみみたいだ
 音自体は大きくないのでいいのだがE-1のほうが穏やかで私には好ましい

といったところでしょうか。
シャッター音が思いの他印象が良くなくて、うーん
なんて思いながら帰って来たけれど、ファインダーの見易さは
格別だったなーと気を取り直してみたりするのでした。





OLYMPUS E-1 TAMRON SP90mm f2.5 (52BB)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ヤマトシジミさん

ちょっと休憩中なのかな




































カメラを持ってちょっと近付くとピクッと反応する
ヤマトシジミは敏感な蝶のようです

休憩中にお邪魔してしまったようで
ごめんなさいねヤマトシジミさん






ところで
昨日、OLYMPUS E-3 が発表になりましたねー
生産中止になってから E-1 ユーザーになり
その出来のよさ、使い心地のよさ、写りのよさに
すっかり E-1 に嵌ってしまった者として
つい予約ボタンをポチっと・・・

もう既にペンタックスはボディもレンズ(43㎜だけ残しましたが)も処分済み。
イオスは1Dsは残すとして30DといくつかのEFレンズも処分する予定。
これからは1DsとオリンパスEシステムの2本立てで行く予定です。
さてさてどんなことになっていくのやら(;^。^A





OLYMPUS E-1  ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 + EX-25

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




顔に花粉のお弁当つけちゃって







夢中に吸蜜してますなー
足のお行儀もちょっと悪いようで・・・




こちらは羽にご飯粒をつけて・・・
いやいやこれは元々の模様ですね
花に向かってまっしぐら
食いしん坊な蝶たちです








OLYMPUS E-1 TAMRON SP90mm f2.5 (52BB)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




私にとってモンキチョウは撮りにくい被写体です。
ちょろちょろと動き回っていることが多いし、
ちょっと近付いただけで逃げられてしまうことも多いし、
なかなかファインダーに収めることが出来ません。
なにか相性でも悪いのでしょうかね。
何処にでもいる蝶なので無理して追いかけることもせず
まあいいかとすぐに諦めてしまうのも原因なんでしょう。

この日はちょっと頑張って追いかけてみました。




















































最後の白っぽい蝶はモンキチョウの♀ではないかと思いますが
定かではありません。悪しからず。




八ヶ岳薬用植物園にて

OLYMPUS E-1 TAMRON SP90mm f2.5 (52BB)

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




J・D・サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」とはまったく関係なく
単にこのタイトルを捩ってみただけのことです。


































しかし、「○○畑でつかまえて」の○○には何を入れてもそれっぽく
なりますねー

「菜の花畑でつかまえて」
「レンゲ畑でつかまえて」
「桑畑でつかまえて」
「茶畑でつかまえて」
「ジャガイモ畑でつかまえて」

いや、そうでもないか?




花パーク・フィオーレ小淵沢にて

OLYMPUS E-1   TAMRON SP90mm f2.5 (52BB)

コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )




天人菊、綺麗に咲いているものより花弁を落としつつあるものの方に惹かれる。

二枚目以降は虫とのコラボで。
虫が苦手な人はご覧にならないほうがいいですよ^^;




































山梨県フラワーセンターにて

OLYMPUS E-1 TAMRON SP90mm f2.5 (52BB)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )