花虫風散
(カ・チュウ・フウ・サン)又は(はなむしかぜにちる) 花・虫・風景・散歩写真をEOS-1Ds、LEICA M8等で
 



前から少し気になっていた埼玉県川越市にある喜多院の五百羅漢を見てきました。
五百羅漢は釈迦の教えを守り伝える使命を帯びた聖者たちのことだそうですが、
寝そべって腰をもんでもらっている像や酒を酌み交わしている像などユニークで
親しみやすいものが多く、表情たっぷりの羅漢にちょっと癒された気になりました。

五百羅漢から私のお気に入り七羅漢(?)をご紹介します。






よくきたのう









たっしゃでおったかの









ずいぶんひがのびたのう









まだまだあおいのう









わかっておるよ









えらそうなこといってしもたのう








PENTAX K100D  FA43mmF1.9 Limited


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




・・・三日ほど寝込んでました。
今日はのろのろと起きだして家でごろごろ・・・ぐだぐだの一日。
することがないのでネットでいろいろと買い物をしてしまいました。
ダウンしている間に熱っぽい頭の中であれも欲しいこれも欲しいと
うなされるように浮かんできたものをほとんど買ってしまいました。
これはまだ風邪が直ってないのか後遺症なのか・・・
皆さん風邪には気をつけましょう。

下の写真はこの秋に六義園で撮ったものですが
紅葉の映り込みがまるで熱に浮かされた脳ミソのよう・・・
でしょう?
・・・やはりまだ十分回復していないようですなー










PENTAX K100D   FA43mmF1.9 Limited



コメント ( 12 ) | Trackback ( 1 )




FA43mmF1.9 Limitedの試写が目的で出掛けた国立博物館ですが、
展示されている仏像の素晴らしさには感動してしまいました。
思えば宗教や歴史に疎く、こういった本物の仏像を目にすることは
ついぞなかったわけで、実に新鮮な体験でした。
おそらくどれも名工による作なのでしょう、精緻で大胆な造形に
すっかり心を奪われてしまいました。
この夜、床についても頭の中に仏像が浮かんできてなかなか寝付けませんでした。
きっと、造形よりも名工たちの「気」のようなものをどこかで
感じていてその「気」にすっかりヤラれてしまっていたのでしょう。

今回は特別展示があり人が多かったし、レンズの試写に気を取られていたこともあり、
あまり落ち着いて見ることができなかったので次はカメラを持たずに・・・
やはりカメラは持って特別展示の無い人の少ないときを選んで出掛けたいと思ってます。






































本館をバックに表慶館のライオンを










表慶館の階段
表慶館は明治末期の洋館です










表慶館の吹き抜け










中庭の黄葉です










門の正面は上野公園
すっかり紅葉が進んでいました





PENTAX K100D FA43mmF1.9 Limited

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




先日購入したFA43mmF1.9 Limitedですが花などを撮るときの
ちょっとざわざわしたようなボケ味がどうもイマイチだと感じてます。
柔らかな写り味がいいだけにちょっと残念です。
街撮り、物撮りではどうなんだろうかと思い、
それではと上野公園にある東京国立博物館へいってみました。

東京国立博物館は折りしも特別展示「仏像 一木にこめられた祈り」が
開催されており大変な混雑。
しかも特別展示は撮影禁止とのことなので撮影可能な一般展示のある
本館、東洋館などを回ってきました。

全て PENTAX K100D  FA43mmF1.9 Limited
JPGで撮影しリサイズのみのレタッチなしです。
ちなみに画像仕上げモードはは鮮やかモード、彩度、シャープネス、
コントラストともに+-0です。







絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/6 +-0EV









絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/15 -1.0EV









絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/6 -1.5EV









絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/20 -1.0EV









絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/2 -1.0EV








絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/30 -1.0EV








絞り優先オート ISO200 f1.9 s1/20 -1.0EV




ただただ展示されているものを何も考えずに撮ったものばかりで恥ずかしいのですが、
このようなある程度整理されたバックではボケはとても綺麗です。
ざわざわした感じはしません。
優しく柔らかな描写と相まってとても好ましく感じます。

K100Dの手ブレ補正は強力でこのレンズだとS1/20くらいなら
だいたい大丈夫、S1/6でも何とかなるときもあるくらいです。
手ブレ補正の有難さを痛感しました。




コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )




枯れアジサイが好きです。
もちろん咲いているときのアジサイも大好きなのですが
枯れアジサイには何故か惹かれるものがあります。
もともと枯葉だとか錆だとかそういった枯れものに惹かれる傾向があるのですが
なぜそういうものに惹かれるのか自分のことながら分かりません。
惹かれる理由が分かるようにならないと枯れをきちんと撮ることはできないのだろう
ということだけは分かっているんです。












































平林寺にて

手に入れたばかりの FA43mmF1.9 Limited を早速使ってみました。
柔らかな描写がなかなかグットです。
ボケも美しいのですが状況によってはうるさく感じるときもあります。

PENTAX *istDS FA43mmF1.9 Limited
3のみ PENTAX K100D FA43mmF1.9 Limited

1から3まで f1.9の開放
4と5が    f2.0で撮ってます

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )