MacTiger!

Mac、IPOD、音楽、映画、時事問題などについて、疲れたときのストレス発散ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仕事納め!

2005-12-30 15:00:59 | Weblog
 本来は昨日でおわるはずが、今日まで仕事である。だんだんワークホリックという感じである。  来年は、ちょっと営業に力を入れ、独立の準備をする等、積極的な攻めの1年にしたいものである。  PC関係は、来年はWindowsの新OSビスタがでる予定であるが、しばらくは様子見かと思っている。PCを買え替えるかどうかは検討中。  Mac関係は、いよいよインテルMacが登場する予定であり、インテルチップが搭載 . . . 本文を読む
コメント

iPodの不満!

2005-12-25 23:26:27 | Weblog
 iPodの不満としては第1にバッテリーのもちの悪さである。だんだん進化はしてきているが、ずっと使用してくるとへたってくる。ビデオ再生するとますますバッテリーのもちが悪くなる。  第2にマニュアルが簡略のため、操作がほとんど手探りなこと、MacないしPcを使わないと編集作業ができないことである。直感的な操作でなんとなかなるのでほとんど困らないが。便利なようでいて不便なのが、オートシンク(同期)機能 . . . 本文を読む
コメント

ビデオiPod買ってしまいました!

2005-12-25 14:50:11 | Weblog
 いろいろ文句をいっていたくせに先日ビデオiPod買ってしまいました。黒の30ギガバイトモデル。ビデオ再生結構きれいですよ。  さっそく録画したMPEGビデオファイルをエンコード(圧縮変換)する。従前のものはそのまま、ソフトでエンコードすればよいが、ため取りしたものは一度ウィンドウズでカット編重した。もうベストヒットUSAの小林克也の顔はみたくない(^_^;)  さて、どうやってiPod用ビデオを . . . 本文を読む
コメント

音楽配信はお得か?

2005-12-21 00:05:22 | Weblog
 前にも書いたが、iTMSの音楽配信は1曲150円から200円、アルバムは2000円は平均価格である。柴咲コウの新アルバム「ひとりあそび」は、CDを買うと3200円くらい、音楽配信では2000円と安い。しかし、レンタルだと300円から400円で借りることができる。  レンタルの方がコスト的には一番安い。でかけるのが面倒というものぐさな人が一番音楽配信を利用するのかも。そうなると音楽配信にもう少し付 . . . 本文を読む
コメント

映画評論28「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」(2005年アメリカ)

2005-12-18 21:19:56 | Weblog
(ストーリー)  裕福な家庭で育ったボードレール家の3きょうだい、長女ヴァイオレット、長男クラウス、次女サニーは、ある日火事で両親と家を失ってしまう。3人の前には財産をねらう遠縁のオラフ伯爵(ジム・キャリー)が後見人として現れ、3人は伯爵の家に引き取られる。過酷な生活を強いられつつも3人は協力して困難を乗り越えるが、伯爵は陰謀を巡らし、3人を窮地に追い込んでいく… DVD (評論)☆☆☆  孤 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

映画評論27「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990年 アメリカ)

2005-12-18 12:02:02 | Weblog
(ストーリー)  南北戦争末期、北軍中尉ジョン・ダンバー(ケビン・コスナー)は、辺境の砦に自ら志願して任地に着く。砦は無人であり、オオカミがさまよう荒涼とした土地であったが、ひょんなことからインディアン(アメリカ原住民)のスー族の男「蹴る鳥」(グレアム・グリーン)と接触する。最初はお互いに警戒心をもっていたが、ジョンもスー族も少しづつうち解けていく。バッファローの大群が押し寄せた際、ジョンは、スー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

品川心中!

2005-12-16 00:26:51 | Weblog
iTMSで古今亭志ん生の「品川心中」のオーディオブックを買った。郭ものの落語の名作を昭和30年代の名人志ん生の語りで聴くのは粋な感じである。品川の花魁おそめの心中騒動にまきこまれた金蔵のコミカルな話であるが、本当はこの続編である下の巻、金蔵の復讐話が一度きいてみたい。しかし、なかなかみあたらない。陰気で後味が悪いというが、どういう落ちなのか。マニアック的には一度はきいてみたいものである。  しか . . . 本文を読む
コメント

映画評論26「NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(2004年日本)

2005-12-15 00:11:41 | Weblog
(ストーリー)  現代でも伊賀の里で忍者の修行を続ける服部カンゾウ(ハットリくん 香取慎吾)は、最後の修行として父ジンゾウ(伊東四朗)から現代の東京で主につかえること、ただし、主以外の者には姿をみせないことという掟をかせられて、東京にむかうことになる。ハットリくんは小学生のけんいちを主と仰ぎ、掟をまもったとんちんかんな東京での生活をおくる。他方、東京では、何者かによって意識喪失させられ、現場には甲 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

映画評論25「阿修羅城の瞳」(2005年 日本)

2005-12-14 23:45:00 | Weblog
(ストーリー)  鬼が跳梁跋扈する文化文政時代の江戸の町。鬼を殺戮する「鬼御門」の武士の一人だった出門(いずも 市川染五郎)は、幼い少女を斬るという己のうちの非情な「鬼」の部分に嫌気がさし、舞台役者に転身する。数年後。出門は女盗賊つばき(宮沢りえ)に出会う。つばきは5年前の記憶がないという少女で、鬼の一族に追われていた。つばきこそが鬼の王阿修羅の前身であり、男に恋することにより阿修羅に変身する定め . . . 本文を読む
コメント

携帯電話はどこにいくのか

2005-12-14 00:52:15 | Weblog
 携帯電話が普及して10年近くたつが、最近、こんなものなくてもよいと思う。出たくない電話が多いからである。  電車にのると、携帯電話でメールをしているひとは多い。カメラがついているのは当たり前。本来の電話機能はちっとも進化していないがおまけ機能ばかり発達しているというのはどういうことか。  携帯電話天国日本であるが、世界シェアからみると日本のメーカーはそれほど強くない。たしか日本の携帯電話の通信方 . . . 本文を読む
コメント

絵の価値って?

2005-12-14 00:37:32 | Weblog
 取引先から絵画の展示会のチケットをもらった。たぶんいかないであろうが。  昔は、結構、絵を描くのも見るのも好きだったが、最近はまったく関心がない。18年前くらいにはわざわざ上野の美術館に見に行ったものだがそんな習慣もなくなった。それでも5,6年前くらいには、アールヌーボーや象徴派、19世紀末の西欧絵画がすきで展示会をのぞいたことがある。アルフォンヌ・マリア・ミシャが好きだったなあ。風景画より人物 . . . 本文を読む
コメント

映画評論24「姑獲鳥の夏」(2005年 日本)

2005-12-11 17:27:50 | Weblog
(ストーリー) 昭和20年代後半の東京、20ヶ月妊娠してる妊婦、赤ん坊の誘拐等奇妙な噂が流れる久遠寺病院。作家の関口巽(永瀬正敏)は、カストリ雑誌の取材のため、真相を探ろうとする矢先、友人の探偵榎木津礼次郎(阿部寛)の事務所に訪れた久遠寺病院の娘、涼子(原田知世)と出会う。涼子は失踪した妹の夫の行方をしらべてほしいというが、関口は、奇妙な幻惑にまどわされる。妖怪「姑獲鳥(うぶめ)」のキーワードをて . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

映画評論23「ボクの女に手を出すな」(1986年 日本)

2005-12-10 20:59:03 | Weblog
(ストーリー)  孤児で元不良の少女ひとみ(小泉今日子)は、ささいなことから仕事を首になり、家賃もはらえず路頭に迷ってスーパーに泥棒に入るが、見つかってしまい警察に追われる。逃げる途中、ひとみは弁護士加島(石橋凌)に救われる。加島は、地方の富豪のあととり、7歳の少年、進の家庭教師をひとみに紹介する。ひとみはわがままな進の相手に辟易するが、進をねらう誘拐事件に巻き込まれていく… DVD (評論) . . . 本文を読む
コメント

ドラマ考7「ダーク・エンジェル」(2000年 アメリカ)

2005-12-10 18:41:51 | Weblog
(ストーリー)  近未来のアメリカ。DNA操作による強化人間ジェネティックとして生まれ戦闘機械として育てられた少年少女たちは研究所から脱出する。数年後、脱走した少女の一人、マックス(ジェシカ・アルバ)は、特殊能力を生かし、離れ離れになった仲間たちを探していた。しかし、マックスはジェネティックの秘密を偶然にもローガン(マイケル・ウェザリー)に知られてしまう。ローガンは、管理社会に巣くう社会悪を糾弾す . . . 本文を読む
コメント

ベストアルバムはお得か?

2005-12-10 17:58:46 | Weblog
 最近、中島美嘉や平井堅のベストアルバムが相次いで出されている。アルバムをいままで買ったことがない人は、ベストアルバムは結構お得であるが、従前のシングルやアルバムを購入している人にはあまり魅力は感じない。  また音楽配信の登場によりアルバム曲のばら売りが可能となっているので、ベストアルバムというジャンルはこれからはあまり売れなくなってくるんじゃないかといわれている。確かにiTMSで買った曲は私もア . . . 本文を読む
コメント