MacTiger!

Mac、IPOD、音楽、映画、時事問題などについて、疲れたときのストレス発散ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽評論27「COME AWAY WITH ME」(ノラ・ジョーンズ 2003年)

2005-11-30 23:05:50 | Weblog
(曲目) 1.ドント・ノー・ホワイ 2.セヴン・イヤーズ 3.コールド・コールド・ハート 4.フィーリン・ザ・セイム・ウェイ 5.カム・アウェイ・ウィズ・ミー 6.シュート・ザ・ムーン 7.ターン・ミー・オン 8.ローンスター 9.アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン 10.ペインター・ソング 11.ワン・フライト・ダウン 12.ナイチンゲール 13.ザ・ロング・デイ・イズ・オーヴァー 14 . . . 本文を読む
コメント

音楽評論26「LISTEN! BARBEE BOYS 4」(バービーボーイズ 1987年)

2005-11-29 23:52:05 | Weblog
(曲目) 1.はちあわせのメッカ 2.泣いたままでリッスン・トゥ・ミー(オリジナル・ミックス) 3.ディア わがままエイリアン 4.ごめんなさい 5.女ぎつねオン・ザ・ラン(オリジナル“ビッグ・ボウル”ヴァージョン) 6.わぁい わぁい わい 7.涙で綴るパパへの手紙 8.夜の街 9.ノイジー 10.くちにチャック 11.ナイーヴ CD (評論)☆☆☆  男女二人のダブルボーカル、デュエットの . . . 本文を読む
コメント

ロボット!

2005-11-29 23:28:50 | Weblog
 今週の週刊アスキーをみると最近二足歩行のロボットの組み立てキットが流行っているらしい。  平均10万円前後の高いおもちゃであるが、組み立ててパソコンで動かすという「子供の夢」がかなうというはポイント高い。無線操縦できるとなると小型「鉄人28号」である。もう少し安くなれば…ビデオiPodのほうが当然安いです。  もっと必要なことにお金を使うべきだが。  PSもう仕事を辞めてどっかとおくにいきたい~ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ドラマ考6「エースをねらえ!」(2004年 日本)

2005-11-29 00:16:17 | Weblog
(ストーリー)  テニスの名門西高の女子テニス部の1年生岡ひろみ(上戸彩)は、名テニスプレーヤー、お蝶夫人こと竜崎麗香(松本莉緒)にあこがれてテニスをプレイする毎日であったが、新任のテニスコーチ宗像仁(内野聖陽)に地区大会の選手として選ばれる。とまどうひろみに先輩女子部員のいやがらせがはじまるとともに、宗像コーチの厳しい特訓が待ち受けていた…うちのめされながらも徐々に才能を発揮しはじめるひろみと宗 . . . 本文を読む
コメント

映画評論20「少林サッカー」(2001年 香港)

2005-11-27 21:23:51 | Weblog
(ストーリー)  少林拳の普及を夢見るシン(チャウ・シンチー)は、元名サッカー選手のファン(ン・マンタ)に出会う。ファンはシンの少林拳の足蹴りの技に惚れ込み、サッカーをするよう勧める。シンは、かつての兄弟弟子たちを誘いサッカーチームを結成し、宿敵デビルチームとの決戦に挑む…少林拳の技でサッカーをプレイする異色のコメディ映画の傑作! DVD (評論)☆☆☆☆  サッカーブームにのったコメディ・ク . . . 本文を読む
コメント

自炊!

2005-11-27 21:01:04 | Weblog
 久々に自炊をする。家で炊くご飯の方が気分的に上手く感じる。まあ。できあいのもののおかず(野菜スープ、白菜の漬け物、肉団子等)に、ボジョレーヌーボーで食前酒。気分転換には結構よい。  ちなみに日本酒のようにワインをホットにして飲むとおいしいのでちょっとお勧め。  鍋に穴が空いていたため、キチンとした調理ができなかった。食器類を買いたくなた。ふつうのなべ、フライパン、中華鍋がほしいものである。  今 . . . 本文を読む
コメント

映画評論19「イノセンス」(2004年 日本)

2005-11-26 23:05:03 | Weblog
(ストーリー)  電脳化が進んだ近未来の日本。少女型アンドロイドの暴走事故ー所有者の殺害が相次いだ。公安9課の捜査官バトーと相棒のトグサは、捜査に乗り出すが、謎のハッカーの妨害にあう。電脳ネットワークに潜む「守護天使」の助けを借り、バトーはアンドロイド製造メーカーの秘密を暴いていく…劇場版「攻殻機動隊」の続編、ハードボイルドSF、シリーズ第2弾! DVD (評論)☆☆  前作の「攻殻機動隊」 . . . 本文を読む
コメント

音楽評論25「月天心」(一青窈 2002年)

2005-11-26 14:19:36 | Weblog
(曲目) 1.あこるでぃおん 2.もらい泣き 3.sunny side up 4.イマドコ 5.犬 6.月天心 7.ジャングルジム 8.心変わり 9.アリガ十々 10.望春風 CD (評論)☆☆☆  「もらい泣き」でデビューした一青窈のファーストアルバム。バラード調、童謡タッチ、ポップス等バラエティに富みながら、独特の雰囲気をかもしだしている。導入曲の「あこるでぃおん」は、短いけれど古く懐か . . . 本文を読む
コメント

うーん疲れた!

2005-11-26 13:51:59 | Weblog
 解決困難なやっかいな仕事が多すぎる。明確な結論なんてのははっきりできるんだったらだれも苦労しない。  他人の悩みでこっちが神経すり減らして休みも返上してプライベートもないというのはどういうことだ!  ちょっと今日は怒りモードである。  ところで、iPodがセブンイレブンで売られているのを見た。ここまでやるのかと思ったが、クリスマス年末商戦に向けて勝負をかけてきたというところか。電車広告でソニー . . . 本文を読む
コメント

音楽評論24「勝訴ストリップ」(椎名林檎 2000年)

2005-11-22 01:09:01 | Weblog
(曲目) 1.虚言症 2.浴室 3.弁解ドビュッシー 4.ギブス 5.闇に降る雨 6.アイデンティティ 7.罪と罰 8.ストイシズム 9.月に負け犬 10.サカナ 11.病床パブリック 12.本能 13.依存症 CD (評論)☆☆☆☆  椎名林檎のセカンドアルバム。パンク、ロック、ジャズ調等どっかイカレテル感じがたまらない。当時、浜崎あゆみが渋谷系、椎名林檎が新宿系と呼ばれたが、後者のほうが私 . . . 本文を読む
コメント

iTunesでパソコンジャック?

2005-11-21 21:36:39 | Weblog
 最近のニュースでiTunesが他人からパソコンを乗っ取られる欠陥が判明したらしい。  常時接続だとその危険は高いと思うが、勝手に音楽をダウンロードされては困るというもの。早く修正パッチを出して欲しいものである。  ウィニーを悪用しパソコン情報を流出させるウィルスもあるらしいが、WindowsOS固有の問題でMacには関係がない。  ネットワーク機能の多様化により、複雑なウィルスプログラムや不正ア . . . 本文を読む
コメント

映画評論18「バットマン・ビギンズ」(2005年 アメリカ)

2005-11-20 02:19:40 | Weblog
(ストーリー)  幼い頃、両親を目の前で強盗に殺された経験を持つブルース(クリスチャン・ベール)は、犯罪者たちに復讐心を抱きながら成長する。しかし、犯人がマフィアに殺され、警察も動かないという腐敗したゴッサムシティを後にし放浪の旅にでる。数年後、ブルースは犯罪者の集団の中に身を持ち崩していたが、世界を裏から動かす謎の組織「影の同盟」に出会う。暴力による支配をもくろむ組織に疑問をもったブルースは対立 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

パソコン設置!

2005-11-20 01:16:56 | Weblog
 昨日から職場のパソコンの設定を行っている。5台入れ替えでセキュリティから有線LANとデータベース用LANハードディスク(簡易セキュリティで専用ソフトを導入しないとネット上見えない)の設置を行っている。  一番やっかいなのが一部無線と混合なのでその再設定とネットワークの構築であった。後者はXPのホームサーバ機能を使うと簡単なはずであるが、セキュリティソフトのノー※ンが干渉して最初うまくいかなかっ . . . 本文を読む
コメント

音楽評論23「Air/Cook/Sky」(矢井田瞳 2003年)

2005-11-18 00:24:57 | Weblog
(曲目) 1.見えない光 2.一人ジェンガ 3.孤独なカウボーイ 4.チェイン 5.Keep on movin' 6.ママとテディ 7.マザー 8.Are you ready?boy 9.Slide show 10.Hello 11.この恋はもうしまってしまおう CD (評論)☆☆☆  矢井田瞳の4番目のアルバム。一応ポップスに分類されるようだが、どの曲も聴きやすくなじみやすい。ちょっと昔の歌 . . . 本文を読む
コメント

iPodの独走?

2005-11-17 21:36:06 | Weblog
 iPodのシェアが60パーセントとなったとのニュースが昨日あった。  独走体制ともいえそうだが、そうなると判官贔屓でソニー大丈夫かといいたくなるものである。ビデオ配信はまだまだという感じであるし、PSPでの対抗も十分考えられるであろう。  でも、やっぱり、アップル、スティーブ・ジョブスの販売戦略のうまさが今回のシェア60パーセントの結果でもある。日本企業は見習わないと。  アップルとしては本体の . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)