MacTiger!

Mac、IPOD、音楽、映画、時事問題などについて、疲れたときのストレス発散ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽評論49「Sincerely for you」(照屋実穂 2006年)

2007-08-26 15:14:33 | Weblog
(曲目) 1. フラガール~虹を~ 2. 止まらない日々 3. 風吹く丘で 4. 瞳の空 5. 海とカモメ 6. あやぐ 7. 夕暮れのメロディー 8. 窓辺の恋の唄 9. 祝婚歌 10. 未来の風景画 CD (評論)☆☆☆  映画「フラガール」の主題歌で注目を浴びた照屋美穂のファーストアルバム。なんといっても「フラガール~虹を~」はウクレレミュージシャン、ジェイク・シマブクロの楽曲で懐かし . . . 本文を読む
コメント

晩ご飯&ケロロ軍曹

2007-08-26 01:14:44 | Weblog
今晩のおかずは、回鍋肉、アジフライ、豆腐、プチトマトサラダ、みそ汁であった。かなり買い込んできたので、1週間程度の引きこもれるだけの自炊は可能だ(笑)。 ところで、横溝正史のほかはまっているのが、「ケロロ軍曹」である。ShowTimeで第一シーズンが視聴可能なので思わずクリック。炊事洗濯をしてくれる宇宙人、便利です。一家に一匹にいるとおもしろい。しかし、どうしてガンプラ好きなのか、誰か説明してくれ . . . 本文を読む
コメント

やってられん!

2007-08-24 21:47:41 | Weblog
あいもかわらず、仕事が忙しいが、いいかげんにやってられんといった案件が多い。精神的ストレスをスルーする癖がついているので、だんだんいい加減な人間になっていくような気がする。ところで、横溝正史の小説が最近のストレス発散である。しかし、だんだん読み慣れてくると、トリックやストーリーにつっこみを入れたくなってくる。「女王蜂」という小説があるのだが、最後の謎解きでも密室殺人が偶然の結果なのか、それとも故意 . . . 本文を読む
コメント

ソニーの新音楽プレイヤー? Rolly

2007-08-21 00:22:51 | Weblog
ソニーが新しい音楽プレイヤー(iPodキラー?)、「Rolly」を発売するらしい。デジタルプレイヤーのウォークマンの失敗が記憶に新しいがはたして新製品は大丈夫か?iPodと同じ土俵でやるとまた負けそうな気がする。動画対応はするようだが、動画配信もするのかどうか。それとも携帯端末的機能を有するのか。まだまだベールにつつまれているが、「ソニー復活」を期待したい。 . . . 本文を読む
コメント

頭痛、再び!

2007-08-19 19:12:39 | Weblog
寝過ぎ?暑さ?再度頭痛癖で悩まされています。久々の休日にぐーたらしている罰か。外出する気力もない。ひきもりがちです(本は結構読んでいるが)。問題は、食事だ。ストックをだいぶ消費しつくした。パスタとお茶漬けで晩ご飯のりきります(貧乏学生か!)。明日も朝がはやい。どっか涼しいところに行きたいが、この温暖化現象では無理ですね。ちょっとテンション低い一日でした… . . . 本文を読む
コメント

映画評論78「プロデューサーズ」(2005年 アメリカ)

2007-08-19 18:36:07 | Weblog
(ストーリー)  ブロードウェイのプロデューサー、マックスはミュージカルのヒットに恵まれず、赤字続きだった。マックスの会計士レオは、かえって失敗したほうが粉飾決算して儲けることができることを発見。マックスは、レオをとりこみ最悪のミュージカルをつくり、金を得ようと企む。ネオナチマニアの台本作家、ゲイの演出家に頼み、なんとヒトラーを主人公にしたミュージカル「ヒトラーの春」を上演することに。しかし、ミュ . . . 本文を読む
コメント

音楽評論48「LENNON LEGEND」(John Lennon 1998)

2007-08-18 12:36:21 | Weblog
(曲目) 1. Imagine 2. Instant Karma! 3. Mother [Single Edit] 4. Jealous Guy 5. Power to the People 6. Cold Turkey 7. Love 8. Mind Games 9. Whatever Gets You Thru the Night 10. #9 Dream 11. Stan . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

猛暑!

2007-08-15 23:58:10 | Weblog
今日も暑かった。40度こえたところがあるそうである。外出るのが厳しいが、明日も外出がある。水分補給をまめにとろうと思うが。しかし、夏は強制的に全部休みにすべきでしょうね。ところで、こんな日はビールがうまい。暑い中、仕事は淡々とすすめています。そうそう洗濯機絶対買います。大きさが問題なんだな。あとベッドを買い替えたい。人間らしい生活にかえていかねば… . . . 本文を読む
コメント

探偵小説!

2007-08-14 23:46:31 | Weblog
 いまさらながら、横溝正史にこってます。「犬神家の一族」を皮切りに、「八つ墓村」「獄門島」を読破。犬神家の一族DVD(旧作のほう)も購入視聴。はまっています…映画も渥美清の「八つ墓村」や市川・石坂コンビの金田一シリーズをあつめたい。しかし、映画「犬神家の一族」の光と陰の描写、構図、演出の斬新さ、すごいですよ!そうそう、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズを昔、テレビで天地茂がやっていたのを知っている人い . . . 本文を読む
コメント

iTunes Storeの使い方!

2007-08-13 21:38:08 | Weblog
 iTunes Storeの活用として、サーチを使いこなす。トップページに出ていない楽曲、マイナーな懐メロ、ポップス、洋楽はキーワードを入れるだけでさっとでてきます。あとJUST FOR YOUという、いままでの購入データ等からユーザーの好みを自動的にピックアップするシステムも結構おもしろいです。えっなんでわかるのといった選曲はおどろきます。ジャンルごとにネットサーフィンするのもおもしろいです。ち . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

音楽評論47「空はまるで」(MONKEY MAJIK 2007年)

2007-08-13 01:52:05 | Weblog
(曲目) 1. 空はまるで 2. No Snow In December 3. 光朝 4. Picture Perfect Monkey Majik + m-flo 5. 卒業、そして未来へ。 Monkey Majik + SEAMO 6. Change Monkey Majik + 吉田兄弟 7. フタリ 8. LONG SHOT PENNY 9. Pretty People -Japanese . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

地球へ…補足

2007-08-12 23:39:07 | Weblog
 地球へ…のコミックについての若干の補足。初出は朝日ソノラマのマンガ少年別冊で全4巻。マンガ少年という「漫画少年」を意識したコミック雑誌に連載されていたので。その後、文庫版がでて、現在はGファンタジーコミックスの全3巻で入手できます。このGファンタジー版だと当初の部構成がよくわからないが、ジョミーの目覚めからブルーの死までが第1部、キース登場からシロエの死までが第2部、ナスカでの戦い(キースの脱出 . . . 本文を読む
コメント

書評6「地球(テラ)へ…」(竹宮恵子 1977年~80年)

2007-08-12 23:20:58 | Weblog
(ストーリー)  遥か未来、地球は環境破壊ににより壊滅寸前に陥った。地球再生を図るため人類は、生殖を含めた完全な管理社会体制、SD体制をつくり、グランドマザー・コンピュータによる支配統制が行われていた。しかし、SD体制の成人検査システムは、超能力を備えた新人類ミュウを生み出していたが、システムはひそかに抹殺してきた。  成人検査の日を迎えた少年、ジョミー・マーキス・シンは、成人検査によりミュウとし . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

書評5「宝島」(スチーブンソン 1883年)

2007-08-12 22:22:56 | Weblog
(ストーリー)  宿屋「ベンボー提督亭」にラム酒に耽溺する怪しげな「船長」ことビリー・ボーンズが滞在していたが、彼の所持する海図を狙う男たちに襲撃される中、卒中で死んでしまう。宿屋の息子ジム・ホーキンズは、ビリーの海図を発見し、医者兼治安判事のリヴジー、大地主トリローニらと海図に示された島、海賊の宝が眠る「宝島」をめざす。船員を募集する中、人当たりのよい片足のコック、ジョン・シルバーが仲間に加わる . . . 本文を読む
コメント

書評4「犬神家の一族」(横溝正史 1951年)

2007-08-11 11:43:24 | Weblog
(ストーリー)  昭和2X年、信州財閥の巨人、犬神佐兵衛が亡くなり、その莫大な遺産相続について遺言状が残された。佐兵衛の娘、松子、竹子、梅子らは、その遺言が松子の息子佐清が復員してもどったときに公表されることとなり、佐清の帰りを待ちわびたが、もどった佐清は、顔に傷を負い奇妙なマスクをかぶっていた。犬神家の一族のまえで明らかにされた遺言状は、佐兵衛の恩人の孫娘珠世に相続権を与えるものであった。しかし . . . 本文を読む
コメント