暮らしと古民家

折々の暮らしの中気が付く大切なこと

森林

2018年12月19日 | 日記

 木を使って造られるものは建物だけではありません・・・・。

家具や日用品・・・・幅広く使われていますが・・・

材積量で言えば・・・やはり木造住宅で・・・遥か昔しでしたら・・・木造船だったり・・・

橋だったり・・・小さい物では、楽器や風呂桶・・・塀や杭なども木で造られていました・・・。

加工技術が進んで・・・木材を薄く加工して、木目を直行させて張り合わせ・・・

名刺や鞄・・・・木をお湯に漬けたり・・・蒸気で柔らかくして・・・

椅子などの手すりや・・・背もたれのような、曲がった部分に使う加工もされています・・・。

使われる事が少なくなった木材を・・・いかに付加価値を付けて・・・

いかに魅力的な商品にして購入して頂くか・・・・林業の現状は思った以上に深刻な問題になっています・・・。

世界の森林率・・・平均は約3%・・・・日本は約68%・・・・世界有数の森林国フィンランドは・・・

約74%・・・スウェーデンで約67%・・・・一見良さそうな数字ですが・・・

ヨーロッパでは、産業革命での頃に伐採が繰り返され・・・原生林はほとんど無いそうです・・・。

日本でも・・・燃料としての薪を取ったり・・・社寺仏閣・・・築城が頻繁に繰り返され・・・

大口径の木材はほとんど無くなり・・・植林に頼ったのですが・・・ご存知の通り・・・

コストの面・・・販売価格の面などで・・・荒れ放題の森が残されてしまいました・・・。

木材を安く販売するには・・・見直す部分はあるかもしれませんが・・・そこに携わる方々の賃金を減らせと言う事です・・・。

それでは良いものが出来る訳がありません・・・。

循環型の造りである古民家・・・解体や移築には大きな手間や・・・費用が掛かります・・・。

でも・・・仕事があれば雇用が生まれ・・・お金が廻り・・・・地域が潤い・・・

人が集まり・・・・また新たな産業が興る・・・・。

先人が残してくれたものを・・・次の世代に残し・・・日本の産業を支えて行く、大きな役割が自分達にはあると想います。

 

 

コメント

記録

2018年12月18日 | 日記

 空き家が解体される時・・・・・骨董市に行って、箱に入ったまま積まれて値段の付けられた品物を見た時・・・

いくつかの家族の暮らしと・・・生きてきた証が失われてしまったのだろうと思う時があります・・・。

創業から50~100年近くの企業や個人店・・・・その記録を残す記念冊子や写真を残すような取り組みが多いと聞きます・・・。

どの時代も紆余曲折があって・・・それぞれの思いがあるのですが・・・

昭和・・・・何故か特別な意味があり・・・・郷愁に駆られる響きがあるでしょうか・・・?

大戦から敗戦・・・・・この頃から日本の生活環境が変わり始めたのは・・・誰もが知る事実です・・・。

続いてきた伝統的な暮らしや考え方を変えてしまう取り組みの中で・・・・

古民家の暮らしも失われて・・・・豊かになってきたとは思いますが・・・

その反面・・・・取り返しのつかない大きなものをなくしてしまったような気がします・・・。

骨董市・・・骨董屋さん・・・見て回るのはとても楽しく・・・時間があれば出掛けるようにしています・・・

外人さんが多いのは最近の傾向ですが・・・若者の姿もよく見かけ・・・着物を着て歩く姿・・・

和装的なファッションで身を包んでいる方もいらっしゃいました・・・。

ひと回り流行が過ぎて・・・・知らなかった文化をカッコいい・・・とかおもしろいとか・・・

言い方を帰れば・・・COOL(かっこいい)とでもいうのでしょうか・・・・?

暮らしを支え・・・数多くの家庭があって・・・それぞれの歴史が積み重なった道具や住まい・・・

お店や・・・事務所として古民家を活用する取り組みも増えています・・・。

取り上げられる機会の多い古民家ですが・・・

幅広い世代に長く愛され続けていただき・・・どうして古民家が大切なのか・・・

その思いを知って頂ける機会を・・・もっと増やせるようにしたいと想います。

 

コメント

道具

2018年12月17日 | 日記

 チューブから絵の具を搾り出して・・・水で溶けば、色付けが出来る・・・・水彩画・・・

伝統的に使われる絵の具の材料は・・・顔料と言って・・・(染料もありますね・・・)

鉱物をすり潰して粉末にしたもの・・・

草花など色素を沈殿させたもの・・

珊瑚や貝を使ったもの・・・

歴史と共にいろんな色が造られて来て・・・・

画家さんなどが・・・求める色を出す為に、試行錯誤・・・工夫して色を造ったり・・・

業者さんに造ってもらったり・・・・・・油絵を使った古い絵画でも・・・

書かれた年代を知る手がかりとして・・・使われている顔料を分析する事もあるようです・・・。

職人の世界はどれも同じだと思いますが・・・・

時代ごとに使われてきた道具も・・・・それぞれ使われ始めた年代があります・・・。

中国から伝わり・・・・日本で独自の変化をして来た日本の建築技術・・・

飛鳥時代などは・・・ノコギリも、正確な加工精度を期待できる道具では無かったので・・・

木を裂いて加工するような施工でした・・・・。

少しずつ道具も進化して・・・木の表面を仕上げる、槍鉋や手鉋が使われ始めましたが・・・・

木の表面を平滑に加工するには、台鉋の出現を待たなければいけません・・・。

道具は自分で造って育てるもの・・・・現代の作家さんや技術者さんも使いやすいように・・・

オリジナルな道具や・・・独自の材料があると思います・・・。

木造建築の技術は飛鳥時代が頂点・・・・・そんな事を聞いた事があります・・・。(職人さんの個人的な思いもありますね・・・)

商売として住まい造りをする時代とでは・・・・伝えられてきた技術をさらに磨き上げる・・・・・

後世に誇れる建物を残す・・・・造りに対する志・・・思いが違います・・・。

派手な彫刻や・・・希少な材料を使うような技術は・・・今ではあまり必要ありませんが・・・

日本が誇れる伝統技術が・・・人知れず失われていっているのが現状です・・・。

使われなくなれば、失われて行く技術や道具達・・・・

変化や進化はあっても・・・・失うなわれる事の無いのが・・・伝統技術・・・・であってほしいと想います。

 

 

コメント

階段

2018年12月16日 | 日記

 日本の住宅事情・・・狭い国土に山が多いと来れば・・・当然住まいに適した土地も少なくなります・・・

昔は平屋が多く・・・技術的な問題もあったでしょう・・・・その時代の生活習慣もあったと思います・・・・。

普段の生活は1階で事足りていて・・・2階(屋根裏)は予備的な使い方だったので・・・

階段を付けても・・・かなりな急勾配・・・・小さいお子さんでしたら・・・

登っても降りられ無くて泣いてる子供を見た事があります・・・。

階段が急だった理由として・・・

部屋の面積を少しでも広く取って・・・階段下は収納に利用する・・・

空間をデザインするような、蹴込みの無いスリット階段はとても、もったいない造りなんですね・・・。

建築基準法では・・・蹴上げ高さ=23cm以下・踏み面=15cm以上・階段踊り場の幅=75cm以上・・・・

と、決められていますが・・・これでもかなり急な階段になってしまいます・・・。

お城やお寺などの建物も・・・2階以上に上がる階段はありますが・・・生活する為の階段では無いので・・・

梯子・・・?と言うくらい急で・・・・お城見学された方には解かって頂けると思います・・・。

防衛の意味で急な階段になっているのでは無く・・・・住宅と同じく・・・部屋の広さを少しでも広くする考えからだそうです・・・。

古民家は、暗くて・・・寒くて・・・段差があって・・・虫なんかが出てくるイメージで・・・

暮らすにはとても不便だと思います・・・。

階段一つとっても、快適な造りとは言えませんので・・・・改修にも多くの費用が必要ですが・・・

居間などの大きな空間は、古民家の良さを生かした空間造りにして・・・

プライベートな空間は仕切りを入れるなどして・・・環境を保てるようにするなど・・・

限りある資源を・・・守るべき技術をどのように工夫していく事が出来るか・・・

面倒と思うか・・・楽しいと感じるか・・・・それぞれの捕らえ方なのだと想います。

 

 

 

 

コメント

安定

2018年12月15日 | 日記

 安定した漁獲量を確保して・・・安定した鮮魚をお店に卸す・・・

日常の様で・・・その流れは・・・わずかなバランスの上で成り立っていると、考える方は少ないと思います・・・。

収穫の時期になれば・・・トマトやキュウリ・・・白菜が店頭に並んでいます・・・。

天候が安定して・・・育ちすぎた野菜は廃棄処分になるようで・・・一生懸命育てても・・・

その苦労は報われなく・・・もったいない・・・・・そんな言葉を頭に浮かべながら・・・

農家さんは処分しているのでしょうか・・・?(畜産の餌に回すような場合もあるそうです。)

養殖技術が進んで・・・比較的安く安定供給が出来る仕組み造りが農業・畜産・・・

漁業の世界にも多く広がって・・・マグロの完全養殖が出来ています・・・。

古くは、車の世界でも・・・ダイムラーさんがガソリンエンジンを開発して・・・フォードさん達の手で・・・

車を大衆車向けに改良を加えていきました・・・。

数が少なく・・・手間のかかる品物では、一部の富裕層しか買う事が出来ませんが・・・

短時間に・・・大量に生産出来れば・・・それは多くの人の手に渡るようになります・・・。

格差のない社会を求めて来ました・・・・日本で餓死する人はいないと思っていました・・・。

でも・・・・親が子を見捨てる・・・そんな環境で育てるような社会・・・・

どこで歯車が狂い始めたのでしょうか・・・?

季節ごとに手に入る物を・・・・地域で流通する物を大切に使い・・・ありがたく頂く・・・

安定供給が生活の基盤になっているのも解っていますが・・・

ほんの少し・・・暮らしの在り方を考える場や・・・感謝する時間があれば・・・

本来あるべき、食や住の大切さが解って来るのかな・・・と想います。

 

コメント