ああ 人生、山あり谷あり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2019-01-09 14:16:04 | 日記

◎わが友に贈る◎

会場提供の皆様この一年も

お世話になります

真心の宝城と共に地域広布の新時代を!

〈名字の言〉 2019年1月9日 

 駅の階段で、楽しそうに手すりを何度もこすりながら上っていく幼い兄弟

とすれ違った。“何かの遊びか?”と思っていると、階下から高齢の男性が

手すりを頼りにゆっくりと上がってきた▼「じーじ、大丈夫? 冷たくない?」

との子らの言葉で気付いた。2人は祖父のために冷えた手すりを温めていたのだ。

多少こすったところで、手すりの冷たさは変わるまい。だが孫たちの気遣いが

うれしかったのだろう。祖父は終始、笑顔だった。ほほ笑ましい光景に胸が

温かくなった▼昨年末、宮城のある婦人部員が「婦人部の人材グループの会合に、

やっと参加できました。これが今年一番うれしかったこと」と語っていた。

その集いは毎回、個人宅の2階にある会場で行われていた。交通事故で両脚に

大けがを負い、リハビリ中だった彼女には、十数段の階段も“絶壁”に見えた

▼そんな彼女のために、兄夫婦が彼女の前後に立ち、一段一段、階段の昇降を

サポートしてくれた。そのおかげで、ついに彼女は会合に参加できた。その姿に

感動した同志は喝采で迎えた▼小さな心遣いでも、受け取る人にとっては

一歩前進の大きな勇気になる。さらに心が通い合う情景は周囲にも幸の

光を広げる――「階段」にまつわる二つの出来事から、そう実感した。(城)

〈寸鉄〉 2019年1月9日 

 タイ語版「御書」が発刊。世界に広がる研鑽の波。仏法史上に光る大聖業!
      ◇
 東京・目黒師弟正義の日。自身の壁を今こそ突破。弾む生命で破竹の拡大を
      ◇
 「賢きを人と云いはかなきを畜」御書。信心は振舞に表れる。誠実の賢者と
      ◇
 火事や交通事故に十分注意。絶対に起こさない!心の守り固く新春を前進
      ◇
 詐欺メールなどが増加。PCに加え、スマホでも。見知らぬ発信元に要警戒



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事