二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

12月10日(日) 出会いは遠方から突然に 11:00~17:00

2017-12-14 07:30:01 | ○営業日の報告日記
二胡を愛する皆様こんばんは、鞄持ち ほぉです。
今回のタイトルも『ご遠方』 と、
光舜堂は遠くにお住まいのお客様が多いのですが、
感謝プレゼントの応募、「遠方からでも良いですよ」 と書いたら、
なんと!他道府県すっ飛ばして、海外からもご応募が!!
どうなるでしょうか。
「この人にあげたいねぇ」 なんて、
店主は依怙贔屓モードになりかけましたが、
そこはワタクシ、イエローカード!
”会員さんの2倍チャンス” 以外は厳密にやらせていただきますよ。
お近くの方でも、二胡初心者さんでも、薔薇駒ユーザーさんだって、
二胡神様の思し召しとあらば、当たる時は当たります☆
欲しい気持ちをお持ちでしたら、是非是非ご応募下さい!
ここは運試しと思って遠慮せずに行きましょう!!
「そんなっ、読んでいるだけでお店に一度も行って無いのに」 と、
応募する勇気が出せずにいらっしゃる方も多いのですが、
こんな、画像がほとんど無く長文の、
店主の記事にいたっては誤字脱字だらけ、のブログなのに、
日々500人以上読みに来て下さる読者の皆様のおかげで
光舜堂は広まったのですし、
それだけで、本当に本当に感謝なのですよ。





さて、では本編へ。

ということで突然のご遠方様3名、、、あ、違う、
店主の長崎の御令兄様もいらしたから4名!!
このフットワーク軽やかな御兄上様、
ほぼ3カ月に1ぺん、ひょっこり現れます。
すごいなぁ。店主とワタクシなどは、
また長崎に調整会に行きたいなぁ、と思ってるんですが、
ちょっと当分行かれそうもありません。
でも、現在、福岡調整会の構想が進んでおりますので、
九州方面の方々はその折に会場にお運びいただけると幸いです。。。
と言っても、全ては未定ですが。


さて前半に突然いらしたお2人組。
お住まいはそれぞれかなり離れていましたが、共に里地帰くんのファン、
という共通項でのお友達でした。
そして、お2人共、光舜堂から遠い!。。。ようこそお越しくださいました!
しかし、突然思い立たれたのか楽器無しでのご来店でして、
他の方々の調整結果を目の当たりにして
「二胡、持ってくればよかった。。。」 と。
しかし、里地帰くんが売り出している欅の西野二胡がちょうど店内にあったので、
それを試し弾きしたりして楽しんでいただけて良かったです。
里地帰くんが弾いている頼朝杉の二胡も店主が作った事はご存知無かったようで、
「あのCDの音色、良いですよね~!」とおっしゃって、
それが西野二胡と知って驚かれていました(笑)



さて、この日も福音弓のご注文やお渡しが続きましたが、
調整にいらした或る方がお持ちになった既製品弓は、
なんと福音弓にそっくりでした!
しかも、なにやら既製品に後から手を加えて加工したようで、
元々は塗装してあった弓をいじったので塗装が剥げてて、
見た目の汚さも似て、、、いやいや、福音弓もさすがに
あそこまで粗い仕事では無いですね。
その弓は、福音弓のように熱をかけて竹を曲げて削ってありました。
だけど、ザンネン!
曲げ方が間違っているので加工が全く無意味なのと、
いかんせん毛質が良くない。
塗装、禿げさせたりなんかしないで普通に売れば良いのに。。。
詳しく伺わなかったですが、いったいおいくらだったのか、
マネ事の加工分を高く吹っ掛けられていない事を願うばかりです

一方の、本家 光舜堂の福音弓はと言えば、
値上げの発表後にご注文スピードが加速しまして、
現在受注数が大変な事になりつつあります。
たくさんの演奏家さんが
「あの弓以外は、あり得ない!」 と言って下さっていますし、
阿炳礼賛ファンの方々は終売前の怒涛の再注文!
い、いや、阿炳、沢山ご注文来たら困るから終売するんですけど。。。(焦っ)
いつか阿炳礼賛は『伝説の弓』と呼ばれるのでしょうか。
な~んて(笑)
(と、笑ッテル場合ジャナイ!!!)



さて午後も、遠方在住の若い女性の突然のご来店。
やはり楽器を持っていらっしゃらないので、
あれ? ここ二胡屋ですけど、、、 いいのかな???
すると、その方、西野二胡にご興味が、と。
「おぉそうですか!好きなだけ音出して、在るの全部見てって下さい♪」
機嫌良く招き、片っ端から、、、
と、全部行くまでも無く、途中でその方が魅入ってしまったのは、
やはりシャム柿!
「ああぁーっ、やっぱりシャム柿!良いでしょ?」
と店主も自信作なだけに、その女性の反応に嬉しそう。
店内の西野二胡はどれもが自慢の我が子な店主ですが、
多くのお客様には、やはりシャム柿が圧倒的人気なんですね。
シャム柿で二胡を作っているのは西野だけなので、
西野二胡の代表選手だから、と言う意味でもシャム柿は人気ですが、
ブラインドでテストしても音色で選ばれるんですよね。

ところで店主は紫檀アレルギーが増々悪化している為に、
今後はそうそう紫檀には触れず、もう紫檀の西野二胡に関しては
「在る物との出会い、早いもん勝ち!」 的な扱いにならざるを得ません。
まぁ、ドクター・ストップはブラジリアンローズだけなので、
それ以外の、長年かけて買い集めた高級材―――特に国内にある最高級材は
全て買い占めたような小葉紫檀などを、
大事にゆっくり作って行こうと思っています。

しかし、シャム柿の西野二胡はそれとは別の、
材の乾燥の期間が他の木よりも長くかかる為に1年に3把か4把しか作れず、
という材料準備期間の理由で、こちらも
「在る物との出会い、早いもん勝ち!」 状態です。
そんな雑談をしていると、その女性の質問がだんだん具体的になってきまして。
んんん?なんでしょう、やけに熱心な。。。?、と思ったら、
「これを、いただきたいんです」 と!!!
わうぉ、本気ですか?!
た、確かに、出会い順で直ぐいなくなるシャム柿ですが、
お嬢さん、さっき初めていらしたばかりじゃないですか!!

、、、と、そんなビックリな日でした。



というわけで、今季のシャム柿の西野二胡、完売です!
次は、、、おそらく新緑の美しい頃でしょうか。
と言っても、その時期狙ってご来店予定を組んでも、
在ると直ぐに売れてしまうシャム柿ですから、
そのタイミングで店で出会えるかどうかは、
これまた二胡神様の思し召し。。。。
シャム柿西野二胡ユーザーの皆さん、
鼻高過ぎてドヤ顔になっていませんか?(笑)

今週もありがとうございました!







ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書き方、悪かったですね (... | TOP | 『感謝のプレゼントくじ引き... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sydney)
2017-12-14 16:34:29
昨日応募致しました。
いずれ貴店の二胡を購入する予定ですが予算の都合もあるのに、こういった記事を拝読しますと悩ましい限りでございます。

紫檀アレルギー、例えだと思っていましたが、本当の意味でのアレルギーだったんですね。
昨日の応募のメールではその件について触れませんでしたが、ご自愛下さいませ、是非お大事にと店主様にお伝え下さいませ。
他の材木でも店主様の目利きと腕のお陰で素晴らしい物をお作りになっていらっしゃると信じて来年伺わせて頂きます。

長々と失礼致しました。
sydneyさん (nisino)
2017-12-14 19:48:13
紫檀アレルギーほんとなんですよ。
ヴァイオリンの弓を作る職人さんたちは、フェルナンブーコ病というのにかかる人が多いのだそうです。
確かにフェルナンブーコや、ブラジリアンローズ、あるいはココポロなどのように、南米産の紫檀類はかなりきついですね。
ですので、今はお医者さんと相談して、東南アジア系の紫檀を時間を決めて、なるべく短く扱うようにしています。
修理でも、やはり木の粉は出る場合も多いです、それも時間を決めて、なるべく長時間触らないようにしています。
今手元に、小葉紫檀の最高級品があります、中国の楽器屋さんに対抗するべく、東京の木場で、買いまくったものです。(それでも、やはり良いものは、それほど多くはありませんね)せめて日本にある良い紫檀は、私の手で、二胡に作って残しておきたいのです。もちろんシャム柿も、
私の体のことにまでお気遣いいただきましてありがとうございます、紫檀アレルギー以外はいたって元気な70さいです。
お会いできるの楽しみにしております。
Unknown (sydney)
2017-12-14 20:47:09
二胡以外の知識も詳しく教えて下さり誠に有難うございます。
やはり職人さんでいらっしゃるので、説明も丁寧ですね。
ますます、伺うのが楽しみになりました。
生憎、私の二胡も産地不明の紫檀系の二胡でして、粉塵が出るレベルの調整は依頼しないつもりですが、少々申し訳なく思います。
お寒いかとは思いますが、アレルギーの他にも風邪等にもお気をつけ下さいませ。
sydneyさん (nisino)
2017-12-15 08:55:39
ありがとうございます、でも、工房は薪ストーブという、なかなか快適なものがあります。
多摩にこの紫檀燃やしてしまおうかなどとも思いますが、細かなものまで取ってあります。時々お花などほっていますので、ご丁寧にありがとうございました。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | ○営業日の報告日記

Similar Entries