二胡工房 光舜堂

二胡を愛する全ての人へ

楽器の調整なんかやりたくない!(これ私じゃないですよ)と、訂正

2018-06-20 10:07:10 | ■工房便り 総合 
そうそう、今日MXテレビ、(9チャンネル)20時27分から「ソーシャルジン」」 一応取材には来ましたが、それも突然、まったく打ち合わせなど無し。 どんな、感じかわかりませんが、光舜堂と万華鏡やさんが出るらしいです。 でも関東だけらしいですね。お暇があったら、見てください。 という事は置いておいて、 最近、楽器を造る友達と会ったり、連絡を取り合ったりすることがずいぶん増えてきました。 . . . Read more
Comment

金属軸のボルトにはオイルを塗ろう。

2018-06-18 18:04:36 | ■工房便り 総合 
皆さん自在鉤というのをご存知だと思います。 こんな風に、鉄同士だととても引っ掛かりが良く、重たい鉄瓶でも自在にどこの高さでも止まってくれます。 同じ金属同士というのは比較的摩擦が強いという事です。 ですから、時計の中や、あるいは機械の回転部分の軸受けだけが、砲金(青銅)などになっていることが多いのです。 砲金というのは、ガンメタルという事ばかり着ているようで、 昔は、大砲は砲金で作 . . . Read more
Comment

今後の計画企画、単なる思い?!

2018-06-13 11:14:25 | ■工房便り 総合 
今とんでもなく、住宅の設計や店舗のデザイン、あるいはヴァイオリンの製作など、 まとめて押し寄せてきていて、 大好きな二胡を造るのが、、、 と言いながら、光舜堂には今までにないくらいな数の西野二胡が並んでいます。 二胡つくりは時間がかかります。 私の場合とくに時間がかかります、皮なども今はこの湿度で、最終が張れないので、 三か月前から、最後に張り込む寸前にまで伸ばしてきたのが、 去 . . . Read more
Comments (2)

弓毛を洗おう。

2018-06-12 18:22:00 | ■工房便り 総合 
このところ、とても多いのが弓毛の洗いです。 福音弓の発売以来、丸4年がたちました。 今のところ、弓毛を張り替えなければいけないぐらいに弾いていた方はお一人。 北川先生、 気が付いたら、もう夕食の用意の時間だったなどというのは、日常的にあるようで、 でも、みんさんそこまでいかずとも、 一日に、5分でよいのですから、二胡弾いてやってください。 ホントは1時間ぐらい弾くと、皆さんが思っても . . . Read more
Comment

二胡の弓まとめ。

2018-06-11 12:39:52 | ■工房便り 総合 
二胡の弓 弓には二つのタイプがあります北方式と南方式です。 形としては、持ち手のところの毛のまとめ方が違うだけです 弓は竹と弓毛と弓魚の3つの部分で作られています。 竹は、基本的には中国産の篠竹(女竹ともいう)を使います。 この特徴は、内部に空洞がほとんどないことです。約1,5ミリくらいの細い管が通っています。 それと節と節の間がとても長く、北方式に使われるものは節と節の間が60センチく . . . Read more
Comment

紫色!

2018-06-02 11:29:52 | ■工房便り 総合 
紫でしょ!PCやスマフォの種類にもよりますが、これ、紫色にみえますね。 これはバリサンダー・・パリサンダー・マダガスカルローズウッド・そして本紫檀(中国でかつて言われた) 様々な条件が整わないとこの色には、同じバリサンダーでもなりません。 まずは土壌、そして経年変化、タンニンの含有量、そして保存状態、 これで二胡作ったらまさに、紫檀の二胡になるでしょうね。 紫檀紫檀といいますが、ほん . . . Read more
Comment

光舜堂の調整は調整ではない!

2018-05-29 09:58:43 | ■工房便り 総合 
という批判もぼちぼちいただきます。 確かに、おっしゃる通り、、という部分もたくさんあります。 そもそも楽器の調整というのはどんなことでしょうかね? ヴァイオリンなどでしたら、主に駒でしょうね。 二胡と違って始終トッカエ ヒッカエスルものではないですし、 表板の局面にきっちり合わせて駒の底面を削り合わせて、弦の溝の調整削り、 程度でしょう。 指板の削り直しやペグの削り直し、エンドピンの . . . Read more
Comments (5)

二胡は常に変化します。

2018-05-23 11:29:44 | ■工房便り 総合 
木でできた楽器は、いえ!楽器はすべて、常に変化しています。 金属でできたものは温度の変化に敏感ですし、 木で作られたものは、湿度や、温度の変化にも常に変化していくのです。 意外とこれ忘れられていますが、二胡は蛇皮という生もの(木も生です)をただ乾燥しただけで組み合わさっています。 ですから気候の変化に常に音も鳴りも変化していきます。 意外と気が付きにくいのが弦ですね。 ある意味気が付い . . . Read more
Comment

弦の交換時期。

2018-05-22 18:30:51 | ■工房便り 総合 
二胡の調整をしていて様々な雑音やら不具合に出会います。 明らかに、これは木軸ががたついているからだななどとわかる場合もあります。 とくにメールでのお問い合わせなどですと、雑音の場合、言葉のひょげんが違ったりして、 はっきりとはわかりにくい場合もあります。 胴が割れたとか、頭が取れたなどというときは、画像を送っていただければ、その状態がわかりますね。 ところが雑音の場合は、メールなどではわ . . . Read more
Comment

台湾の脂松さんのコメントにお応えして

2018-05-18 20:09:14 | ■工房便り 総合 
台湾の脂松さんという方から前の項でコメントいただきました。 大事なことですから、こちらにアップさせていただきます。 以下いただいたコメントです。 脂松は駒にする場合は注意が必要です。含有する脂分が大変多い為に、そのままでは、駒と接している部分(ヘビ皮)に多量の脂分が移り、局部的に皮が緩みます。中国や台湾で購入出来る脂松駒は、触るとかなり脂分があってベトベトしています。拭き取っても内側から . . . Read more
Comment