けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

仲良しさんと公園で

2015-09-30 12:00:00 | おちぇ(小さい頃)
この時は少し遠くの公園に行ってみた。
実は仲良しさんと待ち合わせ。仲良しさんを見つけると、



嬉しいのね、おちぇはね。



家で遊ぶようにごろごろ。



仲良しさんのパパさんにも慣れてきた。



お尻を嗅がれてますよ。



仲良しさんは良い小枝を発見した模様。



いつものひとり遊びに。



おちぇ、良い顔しているね。





ほんとふたりは姉妹みたいだね。



おとんのぎゅ~。



仲良しさんにさよならを言って。



この頃は毎週のように会っていたね。
最近は忙しくてあまり会えなくて、つまんないよね。
コメント

連ドラ「ナポレオンの村」(TBS・日曜よる9時)_最終回

2015-09-29 18:00:00 | ドラマ(2015)
15年7-9月期の最終回まで観た連ドラの4作品目は、
唐沢寿明さん主演の「ナポレオンの村」(TBS・日曜よる9時)。

高野誠鮮さんの「ローマ法王に米を食べさせた男
過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」を原案に
仁志光佑さんが脚本を書かれた。



仁志さんは、本作品以外にもMOZUシリーズの
MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」(TBS・14年4-6月期)
「MOZU Season2 ~幻の翼~」(TBS・14年10-11月期)
劇場版」(15年11月)。

他にもHEROシリーズ(14年・15年)の一部や
ガリレオ(第2期)」(フジ・13年4-6月期)や
鍵のかかった部屋」(フジ・12年4-6月期)に携わっている。

唐沢さん演じる浅井栄治は、元都庁職員。
東京都西部の限界集落である星河市神楽村の立て直しのために、
星河市に赴任する。



しかし、何故、都庁職員が市役所に赴任するのか、
そのあたりは説明なし。

浅井のパートナーである、岬由香里役には麻生久美子さん。
自宅でテレビゲームに没頭するシーンはなかなか。



1話完結で全7話。
平均視聴率9.4%、最高視聴率12.7%(初回)。





世界陸上やらで飛び飛びになったりし、話題性に欠いたが、
個人的には好きな作品であった。できれば、11話物にしてほしかった。



こんなにうまく限界集落が立て直るものではないが、
このようにみんなが笑顔になることができたらいいなと思えた。



山本耕史さん演じる、経営コンサルタントの戸川真人、
西村雅彦さん演じる、内閣府国家戦略特別管理官の桜庭剛志。

ふたりは神楽村をモデルにし、全国の限界集落を立て直そうとするが、
予算が付かず、頓挫する。



仮に予算が付いても、国家主導でやっても上手くいかないと思う。

バブルの頃(1988-1989)、「ふるさと創生一億円事業」という、
各市区町村に対し地域振興の為に1億円を交付した政策があるが、
どれも上手くいっていない。

ドラマの中で浅井がいうように、まずは「人」であり、
そして、その「人」が「自ら」考え、
「自ら」動くようにならなければ、駄目なのだと思う。
また、一度だけではなく、
リピートしたくなるものを作らなければ駄目と思う。

わんこと楽しく過ごせる村、ドッグランなどはどうだろうか。
リピートもするし、結構、お金も落としていくと思う。

神奈川、静岡、山梨あたりの限界集落で検討いただけると嬉しい。

本作品では、たくさんのナポレオンが残した名言が紹介された。
浅井が岬に最後に次のナポレオンの言葉を言う。

「人生の歩みは自分自身の心から始まり、自分自身の心で終わるのです」

自分もいつまでも夢を持ち続きたいと思う。

ところで、昨晩はスーパームーンだったそうだ。



月って、綺麗だな。


コメント

ヒレかつサンド(まい泉)

2015-09-28 18:00:00 | おちぇ(日常)
カツサンドと言えば、まい泉さんのヒレかつサンド
もっと美味しいのもあるだろうが、値ごろ感もいい。



いい匂いがするんでしょ。



うちでは、電子レンジで少し温め、
それをオーブンで焼き色が付く程度に焼く。



そのままでも十分美味しいが、
こうして食べると、またこれが美味しいのである。

期待している子がいますね。



これはねぇ。
今度、おかんに作ってもらおうかね。



甘えんぼのポーズ。



可愛いね。
眠くなってきちゃったかな?



お手手のマッサージね。



お鼻のところもマッサージね。



おちぇは、ここが気持がいいんだよね。



眠ってしまったね。
ゆっくり寝てね。おやすみなさい。
コメント

スぺドラ「アンフェア the special ダブル・ミーニング 連鎖」(フジ・15年9月15日)

2015-09-27 12:00:00 | ドラマ(2015)
映画「アンフェア the end」(15年9月5日公開)に合わせ、
放送されたスペシャルドラマ
アンフェア the special ダブル・ミーニング 連鎖」(フジ・15年9月15日)。

幼い頃に誘拐された過去を持つ、
北乃きいさん演じる望月陽(あきら)が誘拐事件を追うというもの。



次第に自分の時との類似点が明らかになるにつれ、
当時、自分を救出してくれた、
寺島進さん演じる山路哲夫警視と真相に迫っていく。



今回も「薫ちゃん」こと、
加藤雅也さん演じる三上薫検視官(ひとり科捜研)が活躍。


(これは少々古い写真)

そして、陽と一緒に動く、
青柳翔さん演じる、刈谷将(捜査第一課第二特殊犯捜査第4係班長)。



今回は良い役かと思ったが、・・・。

また局としては、北乃さんをポスト篠原さんにしたいのか、
似たようなキャラクターに仕上げられていた。



ちょっとスタイル的に難しいのではないとかと思う。
(もう少し背があり、スリムではないと)



最後に過労で倒れるのではないかと思うほど、
よく働かれる(このところ至るところで拝見します)、吉田の羊さん。



今回は、警察病院・心療内科医の橘鏡香役。
最後のシーン、怖かった。



この後はどうなるなのであろうか。 
このまま? 続編あり?という終わり方であった。

映画のほうは楽しみである。
Blu-rayになったら、是非観たいと思う。
コメント

連ドラ「婚活刑事」(日テレ・木曜よる11時59分)_最終回

2015-09-26 12:00:00 | ドラマ(2015)
15年7-9月期の最終回まで観た連ドラの3作品目は、
伊藤歩さん主演の「婚活刑事」(日テレ・木曜よる11時59分)。



原作は安道やすみちさんの推理小説。脚本はますもとたくやさん他。
なお、ますもとさんの脚本家デビューは、
アニメ「ONE PIECE」(フジ・07年-08年)だそうだ。



主役の花田米子役の伊藤さんにとって本作は、
民放初主演作品。

平均視聴率4.0%、最高視聴率5.7%(第5話)と、
厳しい数字ではあるが、時間枠を考えれば、大健闘といえる。



内容は、題名のとおり、刑事米子が婚活するというもの。

しかし、好きになった人は、
みな犯罪者という落ちがある(いわゆる「米子レーダー」)。





第8話では、後輩刑事の権堂翔太(阿部亮平さん)と上手くいきかける。
権堂も犯罪者なのか、または米子レーダーが壊れたかと思いきや、
権堂は犯罪者ではなく、また米子レーダーも壊れていなかった。
単に米子が権堂を好きではなかったということ。



潜入捜査では、ディスコ(古い?)で踊る。
小池徹平さん演じる藤岡躑躅、ジョン・トラボルト張りのダンスである。





このシーンは第6話の結婚式場詐欺の潜入捜査であるが、
最後はハッピーエンド。



下らない部分が大半であるが、笑いながら観ることのでき、
最後はめでたしめでたしという作品であった。

重たい作品ばかりだときついので、
こういう作品は1クールに1作品は必要だと思う。

日テレの「プラチナイト・木曜ドラマ」(13年4月から)枠は、
前回の「恋愛時代」(比嘉愛未さん主演)に続いての視聴であったが、
次作「青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜」は観なそうである。
コメント