けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

小説「水のかたち(上・下)」(宮本輝著)

2015-08-31 18:00:00 | 書籍(小説)
宮本輝さんの小説「水のかたち(上・下)」を読んだ。

あとがきで宮本さんが書かれているが、
本作品のテーマは善き人たちとのつながり。

宮本さんの作品は皆好きであるが、
本作品は1・2番にあたる作品であった。




主人公は、門前仲町に住む50歳の主婦・能勢志乃子。

かつては骨董屋であった、「かささぎ堂」という喫茶店で、
志乃子が154年前の文机を貰うところから物語は始まる。

この志乃子さん自身がもっとも善き人なのであるが、
登場してくる人たちがまた善き人たちなのである。

志乃子さんの夫・琢己さん、智春、啓次郎、茜の3兄弟。
かささぎ堂の店主・笠木恵津。

志乃子の姉であり、海雛の店主・宮津美乃。
志乃子の母、伯父・三好与一郎。
与一郎の知人であり、コンサル会社社長の井澤繁佑。

京都の陶器修理師・香川道忠、
京都の喫茶店「バンビ」のオーナー・小鹿進。

志乃子住むマンションの1階にある、
財津ホーム社長の財津厚郎、事務員の早苗。

志乃子の友人であり、ジャズシンガーの木本沙知代。

そして、終戦直後に朝鮮から決死の帰国を図った、
横尾文之助、その妻・喜菜子、娘の菊子。

善き人とは、何か。宮本さんはこう言っている。

「他者の痛みや悩みを我がことのように感じ、
 なんとか力になってあげようと行動を起こす人」

「人を騙して儲けようとか、
 人間社会のルールに反して平気でいられるとか、
 弱い者をいじめ、強い者にへつらうとか、
 そういうこととは無縁の人たち」

現代の日本では、こういう人が減ってきていると思う。
古き良き日本社会を見た気がする。宮本さんの作品の特徴であるが、
読んでいて共感したり、自分もこうしてみようと思うことがある。

志乃子が伯父・与一郎に「心は巧みなる画師の如し」といわれる。
不幸なことや悲しいことは思い描かず、
楽しいこと、嬉しいこと、幸福なことを、常に心に思い描いていると、
いつかそれが現実になるということである。
自分もそうやって、日々暮らしていこうと思った。

また、志乃子の母が志乃子にこういうことを言う。
「人間の幸福というものは、
 他の人と比べてどうのこうの考えるべきではない」
「罪悪感てのは、その人間の芯の部分をひどく痛めつけるのよ。
 病気の元よ。(中略)だから、あとになって
 少しでも罪悪感が残るようなことはしないほうが良い」。

素直な人は伸びるという話の中で、素直な人をこう説明している。
「人に言われた通りにする。自分を善人に仕立てあげようとしない。
 自然に素直で、自然に謙虚で、自然に礼儀正しい。」

また、教育の大切さについて、夫・辰巳がこういっている。
「人間に生まれたから人間になるのではない。
 人間になるための教育を受けなければ、人間にはなれないのだ。」

たくさん良い話がちりばめられ、とても素晴らしい作品であった。
是非、多くの人に読んでもらいたい作品である。

今日のおまけ。

おちぇ、何やっているの?



お外に出たい、おちぇ。



カーテンの向こうは、こんな感じ。



まだ暑いからね。涼しい時間になってからね。
やることなすこと、可愛いおちぇ。
コメント

おちぇと二度寝

2015-08-30 09:00:00 | おちぇ(日常)
休日の朝、私が起きるまで
おちぇは寝室に一緒にいてくれる。

遊びたいのを我慢して
起きるのを待っていてくれる。

だから起きると、すぐに下にやってきて、
お外に行ける?みたいな顔をする。



優しく、とても頭の良い子である。



その頭の良いおちぇが吠えまくる子がいる。
うちの前が散歩道らしく、毎日のように通る。

そんなときは、仕方がなく
おちぇを家の中へ入れて待機させる。



もう少しね。



そろそろかな?



通り過ぎ、少し離れたのを確認し、
再びお外へ。



しかし、追いかけようとする。



もう先の方へ行っちゃったよ。



止めときんしゃい。



匂いが残っているんだね。



まだ先にいるのが見えるので、



頑張る、おちぇ。



追いつくこともなさそうなので、



好きにさせてみることに。



行く行く。



随分と来たよ。



どうする、 戻る?



後ろ髪が引かれるようであるが、



戻ることに。



お庭で遊ぼっか。



庭のトマトもそろそろ終わり。



おちぇ、朝御飯でも買いにドライブに行く?



おちぇも一緒に行こう。



少々渋々かな?



外歩きも結構したし、
暑くなる前にお家に入って、御飯にしよ。



御飯を食べると、こんな感じ。



手を掛けるところが可愛い。



おとんも朝御飯を食べくるから、
先にお昼寝してて。



眠たいんだね。



可愛い寝顔。



朝御飯を済ませてくると、
私が寝られるように移動してくれる。



さて、私も二度寝させてもらおうかな。
おちぇ付きでのお昼寝。幸せである。
コメント

今日はうちの子記念日

2015-08-29 09:00:00 | おちぇ(日常)
今日、8月29日はおちぇのうちの子記念日。
おちぇが初めて家に来た日(正式譲渡は9月であるが)。

元気で楽しそうなおちぇを見ていると、
幸せな気分になり、また自分達も元気になることができる。


(2013年12月;伊豆高原のドッグヤードさん)

これはおちぇがうちに初めて来た日の写真。
6年前のおちぇ。



顔は今とあまり変わらないが、まだまだ小さなおちぇ。



初めてなのに、お昼御飯をちゃんと食べてくれたね。



食べ終わったら、おかんの脇でお昼寝。



初日とは思えないほど、自然にいてくれた。



預かりさん家族が帰ってしまった後も、
夜泣きすることもなく、晩御飯も食べ、一緒に寝てくれた。



これは、2010年(5年前)の「うちの子記念日」。
1年経って、随分と大人びたおちぇ。



婆婆特製のチキンソテーでお祝い。
美味しかったね。今度、おかんに作ってもらおうか。

これは、2011年の「うちの子記念日」お祝い。
この時も婆婆特製のチキンソテーだったね。



これが婆婆がチキンソテーを作ってくれた、
最後の記念日だったね。

2012年の「うちの子記念日」お祝い。
この年はチキンソテーではなく、ポーク。
そして、わんこケーキも。



しかし、なぜか「Happy Birthday」。
このときは寝室で食べたね。



美味しそう。



そして、2013年の「うちの子記念日」お祝い。
このときは、いちごのケーキ。



嬉しそうな顔だけど、少し痩せているね。
夏痩せかね。



おちぇは本当にケーキが好きだよね。



最後に、去年の「うちの子記念日」お祝い。
このときはスペルト小麦のマカロンケーキ。



やっぱり嬉しそうな顔。
ただ、この時も少し疲れ顔だね。



夏は暑さもあるけど、花火や雷があるから、
疲れやすいよね。



ケーキを食べて、
少しでも元気になれるといいよね。

下は今年1月の雪遊びのときの写真であるが、
あまり小さな時と変わらない。


(2015年1月;山中湖のWoof)

というより、2・3年前より幼顔に。
そして、満面の笑顔。


(2013年12月;伊豆のドッグヤード)

これからも、おちぇがこんな風にたくさん笑えるように
おとんとおかんは色々考えるからね。

今晩は「うちの子記念日」御飯だよ。
楽しみにしていてね。
コメント (2)

似た者同士?

2015-08-28 12:00:00 | おちぇ(日常)
連日、暑い日が続いた8月初旬。
おちぇが見ている、その先には。



おかん。



暑いから疲れちゃったんだよ。



おちぇよりだらだらしてる?



そうだね。



おかんが起きてきたよ。



こうも暑いと、おちぇも疲れるよね。



早く涼しくなるといいね。



おちぇとおかんは似た者同士だね。



そう?



よく似ていると思うよ。



いつも一緒だからね。



車の中でも寄り添って。



ぴたりとくっついているよね。



おかんと一緒だと安心するんでしょ。
やっぱりよく似ていると思うよ。


コメント

ウッドデッキではないけど

2015-08-27 12:00:00 | おちぇ(日常)
おちぇ、日向ぼっこする?



ウッドデッキではないけど。



とりあえず、ベランダへ。



風があると、少し気持ちがいいね。



ウッドデッキのように伸び伸びとはできないが、
このベランダもおちぇのお気に入り。



なにか見えた? にゃんこかな?



少しまったりしてきたね。



ここでお昼寝はだめだよ。



お隣さんのお庭を偵察。



怪しいのは(猫)いないね。



そろそろお部屋に入ろうか。



なんの匂いがするのだろう?
おとんには分からないよ。



まだ入らないの。



じゃあ、あと少しだけね。



真夏の昼間は外遊びができないから、
おちぇも退屈だよね。



涼しいお部屋で少し休も。



もう少ししたら涼しくなるから、
そうしたら、またみんなで遊びに行こうね。
コメント