けいた と おちぇの親方日記

わんこと暮らす、のんびり日記

嵐の山中湖⑨・最終回(やはりまだ暑かった)

2018-10-17 12:00:00 | おちぇ(山中湖)
いよいよ嵐の山中湖旅行も最終回。

今回のお宿、
カーロ・フォレスタ・エルフォさんを後にし、



向かった先は、



Woofさんでした。







これまた、まぁ、いい天気。





まだまだ暑いね。(このとき、9月初旬)



若い子がやってきたぁ~。



おちぇも負けずに、



日陰でまったりしたり、



小山に登ったり。





ほんと、良い天気だこと。









風もなく、この日射し。





暑いよね。





そろそろお家に帰ろうかね。





屋内はエアコンが入っており、
涼しかったが、やはりまだまだ暑かった。



今度は涼しいときにね。



山中湖も暑かったが、
家のほうはもっともっと暑かった。



この後もしばらく猛暑日が続いた、今年の夏。
ほんと暑くて暑くて大変だったが、
ここに来て、だいぶ涼しくなってきた。

そろそろ秋のお出かけシーズンである。
コメント

嵐の山中湖⑧(嵐のち晴天)

2018-10-16 12:00:00 | おちぇ(山中湖)
昨日に続き、嵐の山中湖旅行。

お昼寝し、すっきり顔のおちぇりさん。



夕方からは、予報のとおり、嵐に。



当然ではあるが、
こんな日でも、部屋出しの晩ご飯。



こんばんは、Hさん。



おちぇの晩ご飯は、馬肉ね。



お腹が空いたよね。







ここからは、私たちの晩ご飯。







お肉ですね。



お肉だね。



どの料理も美味しかったが、
写真を撮るのを失念してしまい、ここまで。

外は風、雨が強く、早めに就寝。





可愛い寝顔。



そして、あっという間に朝食の時間に。





この日は和朝食。



おとんたちが食べ終わるまで、待っててね。



水色のギンガムチェックが可愛いよ。





食後は、ウッドデッキで日向ぼっこ。







この日は、台風一過の日本晴れ。



暑いくらいだね。





今回の山中湖旅行は、3泊4日。
少しはゆっくりできたかな?





それでは、そろそろ帰りましょ。





今回もお世話になりました。



また秋に来ますね。
コメント

嵐の山中湖⑦(太田さんの絶品オムレツ)

2018-10-13 12:00:00 | おちぇ(山中湖)

先月の話になるが、山中湖旅行の続き。
台風21号が来たときの話。

たくさん寝た翌朝。



お鼻だけがみえる。



ばぁ~。



寝起きの可愛いお顔。

そして、レストランでの朝ご飯。



この日は太田シェフが朝食当番だったので、
洋朝食に。



ふわふわのオムレツ。絶品である。
パンも美味しい。



お部屋に戻って、二度寝。連泊の醍醐味。





この日は台風接近のため、夕方以降、暴風雨の予報。
なので、早めにWoofさんに。





まずは、インドアランに。



それなりに楽しそう。











このゴールデンの子は、まだまだ子ども。







子ども相手に楽しく遊ぶ、おちぇりさん。



ねっ。





雨があがっていたので、今度は外歩き。







来そうですね。



お部屋に戻りましょうかね。









眠たそう。



お昼を食べて、またみんなでお昼寝だね。



ということで、今日はここまで。
コメント

連ドラ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジ・月曜よる9時)

2018-09-17 12:00:00 | ドラマ(2018)
2018年7月期の連ドラも最終回を迎えつつある。
今期観た作品の一つは、
絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジ・月曜よる9時)。

上戸彩さん主演の前作から7年ぶりの続編。

脚本は、「破裂」(NHK・2015年10月期)、
「ナオミとカナコ」(フジ・2016年1月期)の浜田秀哉さん。



沢村一樹さん演じるは、元公安の井沢範人警部補。
本田翼さん演じるは、元生活安全課の小田切唯巡査部長。
平田満さんは、色々な課を渡り歩く、田村薫巡査部長。



伊藤淳史さん演じるは、
未然に犯罪を防ぐ未犯システムの実用化を目指す、
東堂定春・キャリアの警部。



柄本時生さん演じるは南彦太郎巡査長。



日頃は表面的にはへらへらとする井沢であるが、
奥さんと娘を惨殺された過去を持つ。



上戸彩さん演じる桜木泉警部補も最初と最後、
井沢親子殺害事件の理由にも絡む。



視聴率は全10話平均で10.59%と、まずまずの結果。
話が分散しすぎ、全体的には詰めすぎの感あり。
コメント

小説「むすびや」(穂高明著)

2018-09-14 21:00:00 | 書籍(小説)
今日はおちぇりさんの話は休みで、本の話。

先日に続いて、穂高明さんの小説「むすびや
(2017年に双葉社から出版)を読んだ。



「就職活動で全敗し、
 家業のおむすび屋を手伝うことになった結。

 実家の商売に子供の頃から
 コンプレックスを抱いてきた結だが、
 おむすびに実直に向き合う両親の姿を
 目の当たりにし、
 徐々に気持ちが変わってゆく。

 亡き祖母が「結」という名前に込めた
 ある想いも、前途を温かく照らしだす――。

 一人の青年の新たな出発を描いた成長物語」
 アマゾンより

穂高さんらしい良い作品であった。

そして、うちのおちぇりさんといえば、



すぴすぴだね。



だいぶ涼しくなってきたから、
気持ちよく眠れるね。
コメント