「え、もう帰っちゃうの?」お見送りエゾリーの究極のきょとん顔! 2019/2/26 佐藤圭 写真家

2019-02-26 | 本/演劇…など

2019/2/26
「え、もう帰っちゃうの?」お見送りエゾリスの表情がたまらん! 北海道から毎日お届け中!  
 佐藤 圭 写真家
■究極のきょとん顔!
 ▲大きい写真で見たい方はこちらをクリック▲
■帰り支度を始めたら、わざわざお見送りしてくれた
 いくぶん寒さはゆるんできましたが、まだまだ油断はできない北海道の冬。雪の山に撮影に行ってきました。
 撮影を終えて帰宅しようとしたとき、エゾリー(私は親しみをこめて、こう呼んでます)は振り返り、見送ってくれました。
 しばらくこちらを見つめていたので、おもわず帰り支度の手を止めて、シャッターを切りました。
 ファインダー越しに見えた顔は、「え、もう帰っちゃうの。もう少し遊ぼうよ」と言っているように見えます。心が通じ合えた瞬間でした。
 冬の雪山は、エサも少なく、他の動物たちに出会うこともあまりないので、寂しかったのかもしれません。
 キョトンとした顔がなんとも言えません。
 この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!
<プロフィール>
 1979年、北海道留萌市生まれ。自然写真家。
 日本一の夕陽と称される留萌市黄金岬の夕陽を撮影するために写真家の道に入る。
 北海道道北の自然風景と野生動物を中心に撮影を続け、各地で写真展を開催し、企業や雑誌、新聞などに写真を提供している。
 2018年、エゾナキウサギの写真「貯食に大忙し」で第35回『日本の自然』写真コンテスト(主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会)で最優秀賞受賞。
*ウェブサイト:http://slashsurf.info/photo
*Facebook:https://facebook.com/kei.sato.1612
          https://www.facebook.com/keisatophotography/
*インスタグラム:https://www.instagram.com/slashslash_photography/

 ◎上記事は[現代ビジネス]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
なんて笑顔だ! 老木の巣穴でにっこり微笑むエゾフクロウの夫婦 2019/3/19 佐藤圭 写真家
...............

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【富田林逃走】逃走した樋田... | トップ | 温泉(舘山寺)と浜松市楽器... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東の空が薄ピンク色に.. (くーばあちゃん)
2019-03-01 06:30:42
ゆうこさん、おはようございます。
昨日の本降りの雨から今朝は優しい雲の色が。

佐藤圭さんのご紹介ありがとうございます。
以前、アラスカで亡くなられた星野道夫さんの
写真に心惹かれた私..楽しみな写真が..

今朝、少しだけ拝見させていただきました。
今日はジムへと。帰ってからゆっくりと。
くーばあちゃん様 コメントありがとうございます。 (ゆうこ)
2019-03-01 21:23:48
 貴ブログ、いつも読み逃げで(コメント、できず)すみません。
 佐藤圭さんについては、現代ビジネスの「エゾリー」で初めて知りました。可愛らしさに魅了されました。

>今日はジムへと。
 充実した日々を過ごしていらっしゃいますね。本日は好いお天気でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。