軽井沢ル・ボン・ヴィボン

東京・吉祥寺の南欧料理Le Bon Vivantの姉妹店、軽井沢ル・ボン・ヴィボンのブログです。

夏になりました。

2015年06月29日 | お店のこと

このところ、ボチボチと忙しい日々が続いていました。

ちょっと更新をさぼっているうちに、梅雨も後半。
季節はあっという間に夏を迎えています。

夏の準備は、かなり気合いが入ってきました

この夏は期する所があります。
高級食材も惜しみなく使って、最高の贅沢を演出していきたいと思います。

人生は一回。
軽井沢にいる以上、本気でやりたい事がやれるのは夏だけですから、
トップギアで走り抜けます。

あとは心配なのは浅間山だけだな。。
浅間山君、夏は噴火するなよ~(笑)


明日(火曜日)は臨時休業として、定休日の水曜と併せて
夏前最後の連休と致します。
ご了承くださいませ。


コメント

浅間山噴火

2015年06月16日 | お店のこと

なんと、
本日、小規模ながら浅間山が噴火したそうです。

いやはやまったく気が付きませんでした。。(汗)

このところの浅間山の噴火レベルは「2」で、
噴火するかも~??くらいの状況でしたから
久々の噴火を楽しもうと思っていたのですが、気付きもしないとは(笑)

2004年の噴火の時も、
2009年の噴火の時も絶好の観測状況にいましたから
(特に2009年の深夜の噴火はすごかった!)
今回は残念。

まだ終わったわけではないですし、
もちろん大きな被害が出ない事を願っています。

しかし、神聖なる山の神の息遣いに、
ほんの、ほんの少しですが、
触れる事ができるのが、この地に住む醍醐味でもあります。

今は以前のように、ダイレクトに山を感じられる位置に居るわけではないですから
積極的に山を観察する訳にはいきませんが
今後もそっと成り行きを見守りたいと思います。

コメント

ピンクのピクルス

2015年06月13日 | お店のこと

東御市のアパチャーファームさんより、
甘くて美味しい新玉ねぎが到着しました!!

先日、お客様より頂戴した
新鮮な月桂樹の葉(いわゆるローリエ)と、真っ赤なビーツを使って
鮮やかなピンク色をしたピクルスを漬けました。



新玉ねぎの甘味と同時に、爽やかな風合いが残るように、
半生で漬けてあります。
シャキシャキっとした歯応えの食感が、
時間の経過と共に、ゆるやかにマイルドな味わいに変化します。

お店の店頭に並んでいますので
ご来店の際は是非!
止まらない美味しさです

美味しいお野菜を作ってくださるアパチャーファームさんは、
ワイン用ぶどうの農家さんでもあります。
こちらが2014年のぶどう(メルロ)で醸された、今年リリースのW's



農園主のお人柄のような、
品の良いぶどうの味わいが楽しめますよ~。

こちらも是非お試しください!!

コメント

こけもも

2015年06月09日 | 食材の話

気が付くと、お久しぶりの更新になってしまいました。

掲題の件、こけもも。

僕が軽井沢に移住してきたのが20年前。

両親が北軽井沢に移住して開業したペンションのお手伝いで
この地を初めて踏みました。

そのころの北軽井沢には、
まだあちこちにクロマメノキ、いわゆる「浅間ぶどう」が実を付けていて、
コケモモやシラタマ、ガンコウランなどの高山植物の果実もふんだんに採る事が出来ました。

家族みんなで採りに行き、ジャムや果実酒に加工して
それはそれは興奮して
本物の山の恵みを感じたものでした。



あれから月日は流れ、
父は他界し、ペンションは廃業。

山の幸も、簡単には手に入れられなくなりました。

それでも時折、昔に辿った散歩道に出かけ、 
ぽつぽつとコケモモを摘んでくる母。

とても小さな実ですし、以前のようにたくさんは成っていませんから
たった一人で摘んでも、たくさんは採る事ができません。

少しでもお店のためになれば、と
できる事をしてくれる母の気持ちに感謝しつつ
久しぶりに作ってみました。
コケモモのジャム。

滋味深い、懐かしい味がしました。



本物の山の幸、小さい瓶でほんの少しだけ。

その価値が分かる方にだけ、お分けいたします。 

コメント